ライトリール シマノソアレBB C2000PGSS インプレ
So-net無料ブログ作成
検索選択

ライトリール シマノソアレBB C2000PGSS インプレ [釣り:メバル:リール]

安くて使いやすい!!
ライトゲーム用リールの傑作!!


MAKI96_yubi15160219_TP_V.jpg



今回はちょいとリニューアルして・・・

みんな、メバリングを始められる方に最適なロッド 月下美人76UL-S を試してみたかな??

ね、スッゴク使いやすいでしょ??

無冠の月下美人って1万円と凄く安いのに、基本性能バッチリなので、中級クラスのロッドを持っててもシーンによっては使いたくなる・・・

そんな素晴らしい完成度のロッド!!

そんな今回は ライトゲーム用ロッドの全てに使用できる、安価なのに壊れにくく回転が非常にスムーズなお買い得なリールである・・・

シマノ ソアレBB をご紹介しちゃうぞ!!


【Youtube ”シマノTV ソアレシリーズ”】




えへへ・・・スッゴク良さそうでしょ??

って、上位モデルの説明がほとんどで、悲しい事にソアレBBの部分はかなり簡素だけどね(笑)

と、本文に行く前に釣ると誰もが羨み、羨望のまなざしで見つめるのに比較的簡単に釣れちゃう高級魚であるメバルのルアー釣り(メバリング)をおさらいとして添付っ!!


【Youtube ”ルアルア チャンネル”】




 
 



高級モデルと入門モデルの違いとは??

ネットや雑誌を読むとステラやイクジストなど、7万円程する高級リールのレビュー記事を良く目にするけど・・・

高級モデルって修理代だけで1.2万円程度掛かるし、毎年メンテナンスに出すだけでも4千円以上ってなると簡単に手が出せる訳がないっ!!

でも安心ください、履いてますよぉ~っ(笑)

的に高級モデルの修理代程度で買える最高のリールがシマノさんから販売されているのです!!

でも・・・

夢の7万円高級モデルと1.3万円入門モデルのどちらを使っても釣果はほとんど変わらない!!

なので購入する際は奥さんや彼女の顔色を伺ってから決めてね、って、普通に考えたらやっぱり安いソアレBBだと思うけどね(笑)






残念な結果に終わりたくない方はシマノ ソアレBBを購入しよう!!

でもね、普通に考えたら7万円の高級モデルと入門モデルの釣果が同じってありえないって思っちゃうよね??

でも釣果はほとんど変わらない!!

確かに上級クラスの方ならハンドルのスムーズさで釣果に大きな差が出るよ??

でも・・・

中級クラスの腕前だとホントに小さな差しかないっ!!

中級クラスでもそんな感じなので、もし初級クラスの方がいきなり高級モデルを使ってしまうと・・・

無理な取り扱いをして壊しちゃったり・・・

情報量の多さに困惑してバラシまくった結果、ポイントを荒らしちゃったり・・・

不注意にもタックルをその場に置いたままトイレに行って盗難にあっちゃったりなど・・・


非常に残念な結果に終わる事が多いので絶対にオススメできないのです!!

そんな感じなので最初の内は高級モデルを見ない様にしつつ、釣り用具のみならず、自転車部品も製作している超メジャー企業であるシマノさんの・・・

ソアレBBを選んだ方が絶対に良いってのがわかったでしょ??





ソアレBBのモデルごとの特徴!!

そんなソアレBBには”C2000PGSS”と”2000HGS”の二種類のタイプがあり、パッと見にはどちらも同じように見えるけど、実は大きな違いがある!!


【ソアレBB C2000PGSS(以下、PGSS)】

SHIMANO(シマノ) リール 13 ソアレBB C2000PGSS

SHIMANO(シマノ) リール 13 ソアレBB C2000PGSS

  • 出版社/メーカー: SHIMANO(シマノ)
  • メディア: スポーツ用品

SHIMANO(シマノ) リール 13 ソアレBB C2000PGSS

SHIMANO(シマノ) リール 13 ソアレBB C2000PGSS

  • 出版社/メーカー: SHIMANO(シマノ)
  • メディア: スポーツ用品

【仕様と特徴】

・販売価格:    13,000円程度

・ボディ:     C=コンパクトな1000番ボディ

・ギア:      PGSS=パワーギア

・ドラグ性能:   実用 2kg / 最大 3kg

・巻き取り量:   57cm / 最大ハンドル1回転あたり

・重量:      190g

・特徴:      コンパクトな軽量ボディで繊細なアジ、メバルロッドに
          最適化している!!
          ラインの巻き取り量も51cmと少なめに設定することで
          ライトゲームに必須の遅めのリトリーブ速度に最適で、
          軽くて力強い回し心地で小物から大物まで釣り上げる
          ことを最大の目的にしたモデル!!


C2000PGSSって市場価格が1.3万円程度と格安なのにデザインが秀逸で・・・

所有欲を200%満たしてくれる逸品!!

写真も綺麗だけど現物はもっと良くて・・・

思わず見惚れてしまうほど(笑)



【シマノ ソアレBB 2000HGS(以下、HGS)】
 
SHIMANO(シマノ) リール 13 ソアレBB 2000HGS 31723

SHIMANO(シマノ) リール 13 ソアレBB 2000HGS 31723

  • 出版社/メーカー: SHIMANO(シマノ)
  • メディア: スポーツ用品

【仕様と特徴】

・販売価格:    13,000円程度

・ボディ:     通常の2000番ボディ

・ギア:      HGS=ハイギア

・ドラグ性能:   実用 2.5kg / 最大 4kg

・巻き取り量:   81cm / 最大ハンドル1回転あたり

・重量:      230g

・特徴:      耐久性と速いリトリーブ速度を目的にしたモデル!!
          ラインの巻き取り量を1回転あたり81cmに設定して
          糸ふけの解消、速いリトリーブ速度でクロダイやカマス、
          シーバスなどの中型魚をターゲットを目的に開発された
          モデル!!


これらから理解できるように、PGSSはメバルやアジ、カサゴやハゼなどの純粋なライトゲームを目的にされているけど、HGSはあくまでもライトゲームで狙う魚よりもちょいと大き目がターゲットだという事がわかってくれたよね??

ではそんな各モデルのメリットとデメリットを紹介しちゃいましょう!!





PGSSとHGSのメリットとデメリット!!

正直に言うと上級クラスならHGSのハイギア仕様でも良いと思うのだけど・・・

メバルやアジを釣りたいのならパワーギア仕様が最適っ!!

実はライトゲームでは繊細なリトリーブ(リールを巻いてルアーを泳がす)が要求されるよね??

そんなリトリーブ速度とはリールのハンドルを4秒かけて1回転の超低回転から2回転/秒まで、ポイントにいる魚と状況に応じ大きな幅があるのだけど・・・

メバリングやアジングでは1回転/秒以下が多く、パワーギアなら遅いリトリーブでも快適に巻けるので非常に使いやすい!!

しかも大物が食って来てもパワーがあるので魚に主導権を握られる事無く、余裕で釣り上げる事ができるので重宝しちゃうのです!!

そんなメリットとデメリットを箇条書きに羅列すると・・・


【C2000PGSS】

★メリット

・超低回転からある程度の早巻きでもスムーズにハンドルが廻せる

・大物が掛かってもギアにパワーがあるので余裕で対応できる
 (60㎝程のスズキや50センチ程度の黒鯛なら余裕・・・笑)

・コンパクトボディの為、40gも軽い(この差は大きいよ~)

★デメリット

・2回転/秒以上の高速になると廻し難い

・パワーがあるので潮の変化が分かりづらい


【2000HGS】

★メリット

・早巻きがしやすい

・潮の変化がわかりやすい

・キビレ(黒鯛の仲間)やカマスなどの高速大物系を狙うには最適
 
★デメリット

・廻し始めが重い(馴れれば・・・良いけどね)

・超低回転が本当に難しい(同じく馴れれば・・・)

・リールが重くバランスがとりにくい
 (同じく馴れればって・・・笑)


と、このようになるのです!!





ライトゲームってタックルバランスが重要だ!!

前述したようにコンパクトボディとは1番手小さい1000番台のリールボディを使用してるのだけど、これがメバリングやアジングなどに最適なのはわかったよね??

そう、一般的なライトロッドって55~100g程の重さしかない!!

実はそうした軽すぎるロッドに重いリールをつけてしまうとバランスが取れず、快適なキャスト(ルアーを飛ばす)が出来なくなっちゃう!!

でもさ、タックル全体で300g程度なのに・・・

ロッドバランスがそんなに重要かな??

ほら、300gというとペットボトル1本分の重さなので、女性でも問題なく振り回す事ができちゃうよね??

確かに重さだけならそうだけど、ロッドは約2.5mの長さがある非常に長い棒で手元にグリップがある為に持ってみると数倍程度の重さに感じちゃう!!

それはガイドとブランクスの中にカーボン繊維がびっしりと詰まっているから先端部分が重くて当然だよね!!

そこでリールをつけてバランスをとるのです!!

簡単にいうとヤジロベエで・・・

先端に重量物があり手前が軽いとヤジロベエは傾いたままで正立できない!!

その状態で軽いジグヘッドなどを飛ばそうとしても飛距離は伸びないし、常時力をこめた状態では真冬のようなシビアな状況下でのフッとした軽い食い上げを感じる事もできなくなっちゃう!!

またロッドをあおっても力をこめる瞬間を外して魚を逃したり、掛かっても余計な力が入って口切れを起こしたりしちゃう!!

なので・・・

タックルのかなめはバランスなのです!!





最初はタックルバランスをシビアに考えなくてもOKだぞ(笑)

実は厳密な事をいえば最適なバランスはリールをつけた時にリールフットから5センチ以内に重心があるのがベストなんだけど今回はあくまでも初級クラス向けの記事!!

なので先に紹介した 月下美人76UL-S って入門ロッドなので高級ロッドよりも先重り感があって軽いソアレBB PGSSを装着するとリールフットから10センチ程の先端部分、フロントグリップの端ギリギリに重心が来ちゃうのが難点!!

これって5センチ以内の推奨バランスから大きく外れてしまうけど・・・

でも最初の内はただ巻きオンリーなので問題なしっ(笑)

バランスが重要になるのはリフト&フォールやL字メソッドなどほとんどリールを巻かないアジングや、全く口を使わない大物メバル相手で必須となる手法なので、その時は激浅ポイントでのメバリングに最適な・・・

サーティーフォーのFPR-57などの高感度ロッドを使ってね!!

それに初級クラスの内はメバリングでのただ巻き時はロッドを下もしくは水平にして操作するのでそれほど先重り感は問題にならないし、ただ巻きだけで面白いほどメバルが釣れるので、まずは釣る楽しみを満喫してから次のステップで考えれば良いと思うよ!!

まあ、その時には前述したように技量も上がってるから 月下美人76UL-S では物足りなくなって、より自分の好みに合った攻略法 に沿った 高感度ロッド を手に入れてると思うけどねっ(笑)





何故、シマノ製リールなのか??

さてここでロッドはダイワなのに同じダイワの月下美人MXやカルディアではなく、別会社のシマノ製のリールをお勧めしたのかが気になったでしょ??

実は二社の性能と品質は抜き出ているのでどちらを選択してもOK!!

でも両者には大きな違いがあって・・・

お勧めしたスピニングリールは入力したハンドルの円運動を糸を巻くスプールの上下運動へと変換しなくてはならない構造なので・・・

ダイワリールの特徴はハンドルの円運動をS字カムシャフト方式で上下運動へと変換する構造の為、上下圧死点での引っ掛かりがどうしても解消できていない気がする!!

その一方でシマノのクロスギア方式は部品数が多くなって重くなりがちだけど、上下運動時の圧死点での引っ掛かりが無く、余計な力を入れずとも快適に巻き続ける事ができるので繊細な釣りを行う際の大きなアドバンテージとなるのがGOODだよねっ!!

現在は技術の向上により双方、目隠しして使ったら違いなんて分からないけど・・・

でも経年劣化によりガッコン感が最初にでるのはダイワ製だったり??

こればかりは使い方にもよるのでどうとも言えないよねっ!!

まあ、お金に余裕がある方は両方とも試してみてくださいな~っ(笑)





ソアレBBの将来性!!

将来、技量が上がり自分の釣り方が確立されてくると、より感度を極めたロッドや、柔軟で乗せやすいロッドなど、好みが明確になってくるので魔界と呼ばれ、恐れられる釣具店通いを始めてしまうのだけど・・・

その場合、今までのロッドは使わなくなるけど、ソアレBBならどんなロッドでもそんなに不満なく使用する事ができるので大変お得だよねっ!!

そんなソアレBB・・・

入門モデルという位置づけながら中級になっても何の不満無く使用し続けられる最高のリールだと思うぞ!!

ただやはり入門モデルなので欠点もあるのでここに明記しておくね!!





ソアレBBの欠点!!

上記でべた褒めの完璧とも思えるソアレBBの何を不満に思うのかって??

実は残念な事にソアレのボディは高硬度だけど普通のABS樹脂を使用しているって事で・・・

まあ、これはベースがアルテグラなので仕方ないよね!!

その関係で金属やCI4といったより硬度の高い樹脂を使用している高級機と比べると・・・

リール感度が劣ってしまうのが欠点!!


【ソアレCI4+シリーズ】

SHIMANO(シマノ) リール 13 ソアレCI4+ C2000PGSS 31730

SHIMANO(シマノ) リール 13 ソアレCI4+ C2000PGSS 31730

  • 出版社/メーカー: SHIMANO(シマノ)
  • メディア: スポーツ用品

★ソアレCI4+ C2000PGSS

・販売価格:    23,000円程度

・ボディ:     C=コンパクトな1000番ボディ

・ギア:      PGSS=パワーギア

・ドラグ性能:   実用 2kg / 最大 3kg

・巻き取り量:   57cm / 最大ハンドル1回転あたり

・重量:      160g


SHIMANO(シマノ) リール 13 ソアレCI4+ 2000HGS 31747

SHIMANO(シマノ) リール 13 ソアレCI4+ 2000HGS 31747

  • 出版社/メーカー: SHIMANO(シマノ)
  • メディア: スポーツ用品

★ソアレCI4+ 2000HGS

・販売価格:    23,000円程度

・ボディ:     通常の2000番ボディ

・ギア:      HGS=ハイギア

・ドラグ性能:   実用 2.5kg / 最大 4kg

・巻き取り量:   81cm / 最大ハンドル1回転あたり

・重量:      185g


このソアレCI4+シリーズは中級モデルであり、入門モデルであるソアレBBよりも遥かに軽量にできてるのに・・・

ボディの剛性感がソアレBBを遥かに超えてるので1万円余計に出す価値は十分にあるぞっ!!

でもCI4+のメリットを最大限に享受する為には高感度ロッドと合わせて使わないともったいないので、やっぱり最初の内はソアレBBが良いって思っちゃうのです!!





リール感度の重要性!!

それで専門誌やネットブログで良くタックル感度と言う言葉を聞くでしょ??

実はロッドで得られる感度の大半はリールボディの材質に影響されていると感じてて・・・

そのきっかけはリールを忘れてしまい、暫定的に同じシマノの低価格機であるエアノスXT(実売5千円程度)を使用してメバリングを行った時の事!!

タックルは同じ、攻め方もポイントも同じなのにソアレBBを使用した場合とは違ってアタリはボヤけてしまって全く分からず、根掛っても何も分からずにラインブレイク多発で釣りにならなかった(泣)

慌てて自宅にソアレを取りに戻って釣りを再開したんだけど、それまでのあのボヤケ具合は何だったのというくらい快調に釣りを行う事が出来ちゃいましたっ!!

ほら、魚のアタリってジグヘッド→リーダー→ライン→ガイド及びリール→グリップ→手元へと伝わってくるでしょ??

なのでエアノスXTだとボディのたわみと広い公差範囲により、リールにガタツキが生じて振動を吸収してしまい、ラインからの振動が上手く伝達されずに感度が大幅に下がってしまうのです!!

これはソアレは高硬度樹脂ボディ、ベアリングは5個、駆動はクロスギア、190gと軽量なのに対し、エアノスは通常の樹脂製ボディでボールベアリングが3個、駆動はS字カムシャフト、270g(エアノスXT2500S)と振動伝達が上手くいかない機構である事からも容易に想像できるよね??

なので・・・

初級・中級クラスなら軽くて感度の良いソアレBBが費用対効果で最適なのです!!

またメバルで経験を積むとアジやカサゴ、黒鯛(キビレ)等も狙いたいって思うでしょ??

その場合、前述したように月下美人76UL-S> の転用は難しいけど、アジやカサゴレベルなら、そのまま使用し続ける事も可能って、言っても 高級ロッドの方が結果は出せるけどね って、そんな攻略法はこっちで笑)

話は戻って私見でパワーギアはメバル、アジ、カサゴ狙いで・・・

ハイギアは黒鯛やキビレ、カマスやギンガメアジ(GT)などの逃げ足が速いギュンギュン系に向いていると思うよっ(笑)

散々違いを指摘したけど・・・

同じソアレBBならどちらの仕様を選んでもかなり使いやすいのでどっちでもOKだよっ !!





その他必須のオススメ装備!!

因みにメバリングに使用する場合、メインラインはナイロンの3Lbやフロロカーボンの2~3Lbが一番使いやすいけど・・・

4Lb以上だとトラブルが頻発することがあるのでご注意を!!

そんなメインラインのオススメは・・・

安くて使いやすい!!フロロライン ランキングとインプレ


信じられないことにあまり使用する人がいないショックリーダーのオススメは・・・

安くて使いやすい!!メバリング用リーダーランキングとインプレ


ジグヘッドのオススメは・・・

初級編: メバリング 安くて使いやすいジグヘッドのおすすめ!!

中級編: メバリング、アジング用ジグヘッドって何が良いの??中級編!!

上級編: メバリング、アジング用ジグヘッドって何が良いの?上級編!!


そしてオススメの攻略法は・・・

メバル攻略法 東京湾で爆釣する方法!!


などで紹介してるので機会があったら読んでみてね!!








いつも可愛いメバルちゃんたちに遊んでもらっている・・・むう達でした!!

 
nice!(9)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 5

鈴木しのぶ

7万円の高級なリール買えるといいですね。
ルアーのレビューも待ってます。
by 鈴木しのぶ (2015-08-24 13:19) 

むうぴょんこ

う~~~ん・・・正直ね、7万円のリールはいらないかも??ソアレBBは樹脂ボディだけどかなり満足してるし・・・でもより耐久性を求めて一つ上の同じくシマノのストラディック(売価:1.8万円程度)が金属ボディなのでそれも良いけど・・・まあ、それはソアレBBを使い倒してからって感じかな?(笑)
by むうぴょんこ (2015-08-24 14:02) 

鈴木しのぶ

7万円のリールなら大物釣れそうなので機会があったら是非買って試してみて欲しいです。
むうさんの腕なら必要ないかも?
です。
by 鈴木しのぶ (2015-08-24 15:35) 

むうぴょんこ

あはは・・・7万円のリールって究極の滑らかさがキモなので・・・それを使用したからって大物が釣れるわけでもなかったり??ほら、この2000番台のリールってライトゲーム=小物釣り用なわけで・・・同じ2000番台の高級リールを使用して、例えばマグロやハマチ、ブリなんか釣っちゃうと、まず間違いなく壊れちゃうよ(泣)なので大物狙いなら4000番程度の大きなリールを使用するのが正しいのです!!でも小さくても大きくてもほとんど値段は変わらない・・・ってのが泣けるよね・・・(泣)
by むうぴょんこ (2015-08-24 16:15) 

鈴木しのぶ

高いからって大物が釣れるわけではないのですね。
高いと大物が釣れると勘違いしていました。
まだまだ勉強しないとダメですね。
むうさん、色々教えて下さい。
やっぱり釣りは奥が深いです。
by 鈴木しのぶ (2015-08-24 16:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: