クロスバイク ルイガノとジャイアントで楽々ダイエット!!
So-net無料ブログ作成

クロスバイク ルイガノとジャイアントで楽々ダイエット!! [スポーツ]

簡単、手軽な夢のダイエット!!
サイクリングの勧め!!


TSJ86_mimamorujyosi20150208103751_TP_V.jpg

今回の改訂は・・・『サイクリングで楽々ダイエットに挑戦っ』!!

そんなダイエットってジムに通ったり、プールに行ったり、他には現在流行ってるジョギングとか??

でもさ、それらって会費とか利用料とか交通費だとかで結構な時間とお金がかかっちゃうよね??

まあ、単純にジョギングならお金はかからないけど・・・

でも近所でジョギングしちゃったら、全身汗だらけでげっそりとした顔を知り合いに見られちゃうので恥ずかしすぎるよね??

なのでジョギングする場合は皇居とかお台場、多摩川や荒川河川敷などのジョギングしてる人たちがたくさん集まる場所まで行くんだけど・・・

下着が透けちゃうほど薄いランニングギアで電車に乗るってのもかなり勇気がいるし・・・

余計な電車賃と時間が掛かるのも難点だったりするのです!!

そんな恥ずかしい思いをしたくないから低コストで行えるランニングですら三日坊主になってしまい・・・

おじさん連中はTED体形を加速させてく悪循環に陥っちゃっているのです!!

でね、上記問題点をよくよく見てみると、そこには恥ずかしくなく運動できるポイントが隠されているでしょ??!

そのポイントとはジムやプール、ジョギングを行う場所までの移動にある!!

もし自宅から運動できる場所まで自転車で移動すれば・・・

交通費もかからないし、その間も運動できるので非常に効率的だって事!!

まあ、正直な話・・・ある特定の自転車なら非常に効率的にダイエットできるので・・・

わざわざジムやジョギングできる場所までの交通手段に限定するって人はあまりいないと思うけどね(笑)

そんな感じで今回は・・・

楽しみながらダイエットできる最高の『サイクリング』を紹介しちゃおって思うのですっ!!

 




ホントに自転車に乗るだけでダイエットになるのかな??


そんな利点がある自転車なんだけど・・・

『自転車に乗るだけでダイエットになるの?』って疑問に思うよね??

こう言っては何だけど・・・その疑問は正論だったり??

実はダイエットに向いている自転車って一般的にはあまり馴染みがない『ロードバイク』と『クロスバイク』と呼ばれる自転車であり・・・

一般に普及してる『シティサイクル車』、別名『ママチャリ』だと、乗車姿勢が適切でない為にどんなに乗りこんでも体が辛いだけでダイエットにはならずに膝を痛めたり、ギックリ腰になったりして身体に不調をきたす事が多いのです!!

なのでダイエットをしたいのならおススメは『ロードバイク』か『クロスバイク』!!

これらロードバイクやクロスバイクは全身の筋肉を使ってペダルをこぐ『全身運動』となる上に脂肪燃焼効果が高い『有酸素運動』なので・・・

『ママチャリ』と比べてペダルを漕いでいる辛さが全くないのに、いつの間にか体中の脂肪がみるみる落ちていく魔法のような現象が起こっちゃうのです!!

そんな『ロードバイク』と『クロスバイク』が何故、ダイエットに効くのかと種類ごとの説明を次章から行っちゃうつもりだぞって事なのだけど・・・医者でも研究者でもないのであくまでも一般論としてってな感じでお願いねっ(笑)






『ロードバイク』と乗車姿勢の重要性の説明!!


『ロードバイク』とはタイヤが3センチほどの幅しかない自転車の事で・・・

別名、『ドロップハンドル』と呼ばれたツールドフランスなどのレースで見かけるハンドルが地面に向かって湾曲している・・・

KENTA738_roadbike_TP_V.jpg

こんな感じの自転車で、これってRaleighっておススメブランドのロードバイク!!

そんなラレーって英国発祥のブランドなんだけど、現在は日本の新家工業が生産している究極の大人向けの街乗り自転車(笑)



RALEIGH(ラレー) ロードバイク Carlton-A(CRA) ヴィンテージレッド 550mm

RALEIGH(ラレー) ロードバイク Carlton-A(CRA) ヴィンテージレッド 550mm

  • 出版社/メーカー: ラレー
  • メディア: その他



・定価: 290,000円(税別)

・フレームごとの適応身長:
 450mm(152cm-164cm)、500mm(156cm-169cm)、550mm(165cm-177cm)             

・重量: 8.9kg

すっごく格好イイよねーって惚れ惚れしちゃう(笑)

そんな歴史があるブランドなので日本人の体と街の特性に最高にフィットしてる最高の自転車でもあるのです・・・って、好きなブランドなので止まらなくなるので、これくらいにしといて本題に(笑)

そんなラレーを例にして、ちょいと極端な前傾だけど乗車姿勢ってこんな感じなのです!!

KENTA_8634h1000km_TP_V.jpg

この乗車姿勢が秀逸で上体を伏せることで・・・

背筋と腹筋、そして腕の引き付ける力を最大限に利用して、全身の力をペダルを踏む力へと変換しているのが分かるでしょ??

なので非力な人間の力を最大限利用し、強力にペダルを踏めてその力を如何に長く持続させられるかに注目して研究されつくされた姿勢だって事なのです!!

だからドロップハンドルを採用するロードバイクは・・・

スピードを求める方向けに特化したモデルって言えるのです!!

なので素直に考えれば自転車に乗る姿勢はこの前傾姿勢がベストって事なのだけど・・・

でも一般的なママチャリの乗車姿勢ってもっと楽な姿勢だよね??

IMG_2010ISUMI_TP_V.jpg

ママチャリの乗車姿勢って単にサドルに座った状態であり、非常に楽な状態ではあるんだけど・・・

サドルが体重を支えてしまうので、肝心の背筋と腹筋がほぼ使用されない姿勢なので・・・

ペダルを漕ぐ力は太ももの力だけになってしまうのです!!

こんな乗車姿勢ではいくら長時間乗り続けても鍛えられるのは太ももだけなので・・・

太ももだけがすっごく太くなっていく歪な体形になっちゃうって事!!

そんなピラミッド型の体形なんて嫌でしょ??

なのでペダルを漕ぐ力を全身運動で行える『ロードバイク』と『クロスバイク』がダイエットしたい方にはおすすめって事なのです!!






『クロスバイク』ってなあに??


クロスバイクとは上記、ロードバイクの仕様そのままに・・・

ドロップハンドルをT字ハンドルに替えた街乗りに特化したモデルの事!!

ほらドロップハンドルって思いのほか上体が伏せた姿勢になっちゃうので急な飛び出しとか急ハンドルが非常に苦手でしょ??

なので前傾姿勢をちょいと緩やかにして、ハンドルを操作しやすくしたモデルと言えるのです!!

でもその影響で最大限、全身の筋肉を使用できるロードバイクよりも速度を出せず、ダイエット効果も若干薄くなるのだけど・・・

ママチャリなんかよりも遥かに運動効果が高いので、ふわふわ街乗りしてても驚くほどお腹がへっこむので非常に効果が高いって思うのです!!




RALEIGH(ラレー) クロスバイク Radford-Limited(RFL) クラブグリーン 500mm

RALEIGH(ラレー) クロスバイク Radford-Limited(RFL) クラブグリーン 500mm

  • 出版社/メーカー: ラレー
  • メディア: その他




・定価: 60,000円(税別)

・フレームごとの適応身長:
 400mm(141cm-156cm)、450mm(151cm-167cm)
 500mm(161cm-176cm)、530mm(167cm-182cm)        

・重量: 11.4kg

なので、こうした”特殊”な自転車に乗る場合、一番最初に選ぶべきは『クロスバイク』が一般的で・・・

緩い前傾姿勢に慣れてから本格的なロードバイクに移行すれば良いと思うのです!!






自転車の車体重量の差って凄く効くんです!!


実はママチャリとロードとクロスバイク間には上記に挙げた以外に大きな違いがあって・・・

それが車体重量!!

主なママチャリって車重が20kg前後もある大変重いモノ!!

アルベルトL型.jpg
これってママチャリの中で一番使いやすいブリヂストン アルベルトロイヤル 27インチで定価76,800円のモノだけど・・・

車体重量20.3kgで5速ギアしかついてない!!

更に電気自転車なんて26kg程度もあったりして・・・

それを体重が軽い女性が漕ぐって事は自分の体重含めて1.5倍程度の重量物を動かしてることになり、大変な重労働になるのです!!

そんな自転車が半分の10kg程度の重さになったら??

そうなんです・・・遥かに軽い力ですいすいペダルを漕げちゃうって事!!

これってあまり実感がわかないかもしれないけど、実は自転車の重量差ってかなり効くんです!!

面倒くさいので計算せずにあくまでもインプレで言っちゃうと・・・

20kgのママチャリで10km先の羽田空港まで行ったら1.2時間ほどかかるし、太ももはパンパンで足はガクガク、更に全身汗ダクになっちゃうけど・・・

10kg程度のクロスバイクだと汗をかかない程度の速度でのんびり行っても、半分程の40分程度で到着しちゃうってな感じ!!

そんな乗りやすいクロスバイクってスピードが出るので汗をかかない場合が多く、到着してもさらっさらな感じで非常に見栄えも良い!!

他にも交差点での一時停止、そして発進も車体が軽いので億劫でもなく、見通しが悪い交差点での安全運転にもつながるので非常に使いやすい自転車だと思うのです!!

そんな体に負担を掛けない状態でサイクリングをしても・・・

体脂肪がみるみる減ってきて・・・

一か月で5Kgのダイエットに成功ってな事も余裕でできちゃうのがすごい!!

おっと因みにママチャリを使用してた時は逆に体重増になっちゃって・・・

それまで余裕だったジーパンがパツンパツンになって全て買い替えたって事もあったかもね(笑)

これって話は違うけど例えばカーレースの世界では・・・

サスペンション下のホイールとタイヤの重量を軽減すると、その重量の4倍程度の車両重量の軽減と同等であるって話もあるくらいなので、極端だけどサスペンションを自分の脚に見立てると・・・

ママチャリ20kg-クロスバイク10kg=10kgの軽減になって・・・

10kg×4倍=40kgも体重が減ったのと同じ効果があるのかもね!!

って、書いてて自分でもそんな大きな差は無いと思うぞ・・・って、突っ込みを入れちゃったけどね(笑)

でもママチャリと比較してロードとクロスバイクって全くの別物って感じるくらい、快適さが違うのは確かなので・・・

後は騙されたと思ってご自分で体感してみてくださいなって思うのです!!






自転車は軽ければ軽いほど高価になるぞ!!


前述したようにママチャリなどの一般的な自転車って重量が20Kgほどあるんだけど・・・

例えば最新(2017年)のルイガノ CR07ってエントリーモデル(入門機)だと・・・

CR07.png

高品質のシマノ製14速ギアがついて定価が77,000円(税抜き)なのに、重量は半分の10.5Kgしかない!!

これが同じルイガノの車体重量 9kgのCTR Compってモデルになると・・・

CTR Comp.jpg

22速のギア付きで148,000円(税込み)!!

他のメーカーはもっと顕著で・・・

例えばジャイアントのプロぺル アドヴァンスド SL0ってモデルは車体重量6.9kg、22速ギア付きで驚きの120万円!!

Giant Propel Advanced SL0.jpg



このように車体重量が1kgでも違うと価格が跳ね上がるのが自転車なのだけど・・・

これって普通に作ったら20Kg以上になる自転車を剛性と耐久性を確保しながら重量を抑えるのがすごく難しいってのが理由なのです!!

そんな手間と時間をかけて、軽量化を果たした自転車をルイガノとジャイアントなどのおすすめメーカーって無理すれば手に届きそうな価格・・・

しかもちょいと高級なママチャリと同等の価格で購入できるって事がすごいと思うのです!!

そんなルイガノを購入する場合、男性はホワイトがおススメで・・・女性は”ブルー”が超可愛いと思うぞっ!!

特に女性用のブルーは淡い感じでパステル調なので・・・

乗ってる女性がホントに可愛く見えちゃうので絶対におススメなのです!!

それと自転車界の超優良企業である台湾のGiant社の『Defy Advanced 3』もおススメで・・・

defy advanced.jpg

20速ギアで重量がなんと驚きの9.2Kg・・・でも定価は195,000円(税抜き)(泣)

まあ、それでもほかの企業と比べると割安な方だし、一般的に重量が10Kgを切ると大幅に値段が上がるから仕方ないよね!!

ってな感じでホントにロードバイクって一番ダイエットには最適だと思うよ!!

では引き続き、何故自転車がダイエットに向くのかを説明すると・・

【ロードバイクがダイエットに向いている理由】

・前傾姿勢:
 体重を背筋と腹筋で支えるので”跨るだけ”で、自然に筋肉を鍛える事ができる

・ペダリング:
 シートを適正な高さにセットした上でペダルをこぐと体全体の筋肉を使用するので全身の有酸素運動となって体中の脂肪が効率的に燃焼する

・風を受ける:
 風を受けると体温が奪われるので、筋肉が体温を維持しよう活発に活動し、脂肪燃焼に繋がる

こういう理由からダイエットに向いているのです!!

ほら、路上で見かけるこうしたロードレーサーに乗ってる人って、みんな筋肉質でしまった体つきをしてるでしょ??

彼らって自転車に乗る以外に特別な事ってあまりしてないと思うけど、前述した適正な乗車姿勢とぺダリングで自然にダイエット運動を行っているからあんなにもスタイルが良くなっちゃうのです!!

なのでつらい思いをせずに簡単に体重を減らせちゃうなんてスッゴク良いよねって事!!

実際、多摩川河川敷のサイクリングロードでも、均整がとれた格好良いスタイルの人たちが沢山、ロードバイクで疾走してるので、効果は保証されてるし・・・って、医者でないので明言はできないけどね(笑)






最初は乗りやすいクロスバイクにしよう!!


でも、いくらお買い得っていってもかなり高価だし、ロードバイクって自転車が本格的過ぎて恥ずかしいって思う人もいるよね??

なので街乗りに特化した『クロスバイク』のほうがおススメなのです!!

この『クロスバイク』って前述したように『ロードバイク』のU字ハンドルを、Tハンドルに交換したもので・・・

端的に言えばママチャリと同じハンドルって言えば分かりやすい!!

これにより上半身が起き上がるので低速でも操りやすく、買い物袋もハンドルに引っかけられるのでとっても便利っ(笑)

それにね、他のメーカーにはなかなかない機能なんだけど、ルイガノとジャイアント・・・

実は売れているだけあって自転車のカゴ、そして子供用のチャイルドシートが沢山市場に出回っているのです!!

これならお子さんがいても一緒に自転車ダイエットに挑戦できるので・・・ホントに嬉しいよねって事!!

そんなメリットが沢山ある『クロスバイク』なんだけど・・・

完全に伏せ姿勢になる『ロードバイク』と比べると脂肪燃焼効果が若干下がってしまうのは仕方ないよね(泣)

そんなルイガノのおすすめはティラールなんだけどそれは最新記事でおススメしたのでここではシャッセをご紹介!!

lgs-chasse-matt-emerald-green.jpg

車体重量は12.2kgとかなり重いけど、定価は52,000円とリーズナブルなのが良いでしょ??

まあ、本格的なクロスバイクが欲しい人にはコスト度外視で・・・

車体重量が8.6kgと超軽量なRSR1ってなモデルもあるのです!!

lgs-rsr-1-lg-white.jpg

それで言い忘れたけど自転車のフレームサイズには適正身長があるので身長に合わせてフレームサイズを選ばないといけないので注意してね!!


あとジャイアントだと車体重量が9.9kgで定価54,000円のCROSTARがあるし・・・

crostar.jpg

体重が重い方ならいっそのこと、車体が丈夫なマウンテンバイクを選ぶのも面白いと思うのです!!

Glory advanced1.jpg

これは同じくジャイアントのGlory Advanced1ってモデルで定価は47万円!!

しかも車体重量は16.9kgとヘビー級だけど・・・

段差や階段などをガンガン攻めていけるので街中でも面白いって思うのです(笑)






ガイドブックもあったら楽しさ倍増だぞ(笑)


そんな感じでロードバイクやクロスバイクを使ってダイエットをしたいって思っても・・・

見知った街中をグルグルするのも直ぐに飽きちゃうのでガイドブック的なモノが欲しくなるでしょ??

そこでサイクリングをより楽しめる・・・ゆる~り散歩の出番なのです!!



ゆる~り自転車さんぽ1 多摩川 (NEKO MOOK 1505)

ゆる~り自転車さんぽ1 多摩川 (NEKO MOOK 1505)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2010/05/20
  • メディア: 単行本



ゆる~り自転車さんぽ3 東京・下町 (NEKO MOOK 1507)

ゆる~り自転車さんぽ3 東京・下町 (NEKO MOOK 1507)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2010/05/20
  • メディア: 単行本



ゆる~り自転車さんぽ2 湘南 (NEKO MOOK 1506)

ゆる~り自転車さんぽ2 湘南 (NEKO MOOK 1506)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2010/05/20
  • メディア: ムック



ゆる~り自転車さんぽ4 武蔵野 (NEKO MOOK 1508)

ゆる~り自転車さんぽ4 武蔵野 (NEKO MOOK 1508)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2010/05/20
  • メディア: ムック




私たちが買ったのは本作品の多摩川版で、多摩川沿いの名所とサイクルロードをサイクリスト目線で詳しく記載されてるので非常に重宝してるぞ!!

それで、まとめとして・・・世の中には沢山のブランドがあるので、最初は迷わずに超優良企業でお買い得なルイガノ社か、ジャイアント社のモデルを購入すれば、絶対に不満に思う事は無いと思うよ!!

それと最近、電動自転車が流行ってるけど・・・

あれって結局、ダイエットにはならないし、電池が切れると超重いし、非常に高価なので・・・

女性の皆さんにも是非、普通の自転車にちょいと上乗せするだけで購入できるクロスバイクを使用してほしいなあって思うのです!!

それで男性の方向けに・・・

大半のロードバイクとクロスバイクって海外メーカーだと85kg、日系メーカーだと65kgを基準に設計されてるので・・・

それ以上の方はオフロード車をベースにしたクロスバイクか、マウンテンバイクにした方がいいと思うぞ!!

あとこういったクロスバイクを選ぶ際に重要なポイントがあって・・・

体に合った自転車を選ばないと脂肪燃焼効果は上がらないので、専門店で体型に合った自転車を購入される事を強くオススメするぞ!!

因みに余談だけど・・・一般的なママチャリの設計基準は65kgって・・・

絶対に基準がおかしいって・・・だから簡単に壊れるんだって・・・悲しく思うぞ(泣)










こんな感じで今回の改訂はおしまい!!

8割程度の文章を改訂しちゃったので・・・新記事にした方が早かったかも??

でも汚い記事が残るってのが嫌なので・・・やっぱりこれからも新記事にはしないかもね(笑)

ま・・・そんな感じで・・・みなさん、ごきげんよぉーって事なのです!!




Pyonko & Mu From Tokyoでしたぁ~!!

 

nice!(17)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 17

コメント 3

鈴木しのぶ

むうさんすみません。
自転車は乗らないので興味を持てなかったです。
むうさんはたくさん乗ってダイエットしてくださいね。
次のブログ楽しみにしています。
by 鈴木しのぶ (2015-08-27 14:04) 

むうぴょんこ

ありゃりゃ・・・そっかぁ~・・・(落胆)じゃあ次回は興味が持てるような記事にチャレンジしてみるね!!
by むうぴょんこ (2015-08-27 14:18) 

鈴木しのぶ

次のチャレンジ楽しみにしています。
言葉が足りないコメントでごめんなさい。
by 鈴木しのぶ (2015-08-27 15:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0