手軽に愉しめるサビキ釣りのススメ!!
So-net無料ブログ作成
検索選択

手軽に愉しめるサビキ釣りのススメ!! [釣り:サビキ釣り]

サビキ釣り:紹介編!!

0I9A4984ISUMI_TP_V.jpg


今回は天邪鬼的にそれまでの釣りシリーズからちょいと外れたテーマ・・・

サビキ釣りのススメ!!

をご紹介しちゃいましょう(笑)

実はこのサビキ釣りって、釣り経験が全くなくとも簡単に始められるので、最初のとっかかりとして非常にオススメなのです!!

そんなサビキ釣りとはただ仕掛けをセットし、海に垂らすだけで、メジャーなシーバスゲームやメバリング、アジングなんかより・・・

遥かに爆釣できる超お手軽な釣り!!

正直ね、遊び場所に困ってるカップルや、小さいお子さんがいる家族連れなどの休日のレジャーに最適で・・・

大切な方と一緒に広大な大海原の前で暖かい春の陽ざしを全身に受けながらワクワクドキドキできる最高の遊び!!

そんな愉しいサビキ釣り・・・是非、皆さんも始めてみませんか??


 




サビキ釣りで釣れる魚ちゃんたち!!

でも、いくらお手軽って言っても魚が釣れないんじゃ、意味がないよね??

なので皆さんが一番気になるサビキ仕掛けで釣れちゃう魚ちゃん達を一気に紹介しちゃいましょ!!


【すっごく簡単に釣れる魚】

・イワシ

・アジ

・サバ

・ネンブツダイ

・ベラ

・イシモチ

・カワハギ


【簡単に釣れるけど毒を持つ魚】

・カサゴ(ヒレに毒)

・メバル(ヒレに弱毒)

・フグ(粘膜や体内に毒)

・アイゴ(ヒレに毒)

・ゴンズイ(ヒレに毒)

・ウミケムシ(側毛に毒)


【それなりに釣れる魚】

・スズキ(シーバス)

・クロダイ(キビレ)

・アイナメ

・カマス

・サワラ

・メジナ


【海底を狙うと釣れる魚】

・カレイ

・マゴチ

・ハゼ

・キス

・ハタ

・アイナメ

・クロソイ


【何故かたまに釣れちゃうレアな魚】

・ハマチ

・ブリ

・真鯛

・ヒラメ

・アオリイカとヒイカ(笑)


あはは・・・東京湾なのにイカも釣れちゃうって、ホント面白いでしょ(笑)




サビキ釣りで爆釣してみよう!!

そんなサビキ釣りとは釣りの中では最もベーシックでお手軽でありながらも、釣れる魚数で比較すると他の釣り方を圧倒できる超簡単な釣り方!!

その理由は仕掛けにあって・・・

針が最低でも6本ついてるのが特徴!!

これって先に紹介したシーバスゲームやメバル、アジなどのルアー釣りだと針は1本だけ、エサ釣りでも1~3本程度と少ないので、6本以上あるサビキ釣りの方が爆釣できるのがわかるよね??

更に一般的なエサ釣りや投げ釣り、ルアーのようにテクニックが必要な仕掛けを投げる必要がなく・・・

海中に静かに仕掛けを落とし込んでいくだけで爆釣できちゃう恐るべき釣り方(笑)

なので非常に簡単なのです!!

そんなサビキ仕掛けはこんな感じ!!


maaji_sabiki.gif

*出展元: 本田技研工業株式会社[レジスタードトレードマーク]
[コピーライト] Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.
http://www.honda.co.jp/fishing/picture-book/maaji/trap01/index.html#trap


本田技研さんからお借りした画像でサビキ仕掛けの方だけ見てもらいたいんだけど、こんな簡単な道具でどんどん釣れちゃう!!

しかも高性能な道具を揃えないと釣果が期待できないシーバスやメバル、アジやクロダイなどのルアー釣りとは違って・・・

安価な道具で始められちゃうのもサビキ釣りの凄いポイント!!

なので・・・

釣り経験がない方に最適だと思うのです!!







でも釣りってエサが気持ち悪いよね??

でも中には”釣り”と聞いただけで、ハリが怖い、エサが気持ち悪い、魚が臭う、道具が高価などネガな印象が浮かんで敬遠しちゃう人もいるよね??

確かにハリの危険性だけは釣りという特性上、無くなっていないけど、なかでも釣りが敬遠される最大の理由は針につけるエサが問題だと思うのです!!

一般的なエサ釣りと言えば現在でもミミズのようなゴカイやジャリメ、ウネウネ動くストロー虫や親指ほどもあるユムシなどの虫系が主流で・・・

そんな気持ち悪い虫なんか絶対に触りたくなぁ~い(泣)

えへへ・・・実は私たちも虫エサは大の苦手!!

なのでルアー釣りをやってるんだけど、このサビキ釣りだけは別!!

実はサビキ釣りをオススメする最大のポイントが・・・

気持ち悪いエサを必要としないって事!!

サビキ釣りなら気持ち悪い虫エサなど使わずに、ただ仕掛け(針の事ね)を海中に沈めるだけでアジやイワシ、サバやサンマなど上記、魚たちが大量に釣れてしまうのです!!

もちろん運が良ければ、ヒラメに真鯛、クロダイやハマチなどの超高級魚も夢じゃないぞっ!!





サビキ釣りはルアー釣りの一種だ!!

何故、サビキ釣りは餌をつけないのに沢山の魚が釣れるのか??

それはサビキ仕掛けには小エビを模した針が沢山ついており、それを見つけた魚がエビだと勘違いして勝手に食いついてくれるので釣れるのです!!

まあ、言うなればルアーとエサ釣りのハイブリッド的な感じ(笑)

でも釣り人が少なかった一昔とは違って、現在は大勢の方が釣りを楽しんでるので・・・

いくらエビっぽいと言っても、それだけではどうしても集魚力が乏しく、何十匹もの釣果をあげることは出来ないのが欠点!!

なのでサビキ仕掛けにコマセカゴと呼ばれる小さなカゴをつけ、中に魚の大好物であるオキアミ(小さな海老のようなプランクトン)を大量に入れてハリと共に海中にばら撒く事で魚を寄せて針に喰いつかせるのです!!

魚ちゃんはこのオキアミが大好物なので仕掛けを投入した途端、狂ったように集まって来るのが見えたりするのでスッゴク面白いよ!!

3時間程度遊ぶのなら釣具店で冷凍オキアミを2kg(600円程度)買えば十分楽めるのでかなり安価でしょ??

もちろん私達のように、実際に釣るよりも集まってくる魚たちを見るのが大好きな方は、エサばかり撒いてしまうと思うので4~6kg/1日は確実に使っちゃうと思うけどね(笑)


この商品はエサ釣り用にも使用できる大き目でしっかりしたオキアミを選別してあるので非常に高価!!

サビキ釣りに使用するのは小さくて身が崩れてるので十分なので、2kg600円程度を目安に釣具屋さんで購入したほうがいいと思うよ!!

それで釣具屋さんで安い冷凍オキアミを購入したとして・・・

使う前に解凍しなければカチカチで使えない(泣)

なので前日に釣具店で購入して袋のままベランダに放置して解凍しておくか、当日になって購入した場合は釣り場で袋を破ってコマセバケツに1/3程度の海水を共に入れて溶かしながら使用してね!!

その場合、すぐには使用できずにちょいと面倒なので常温パックの商品もオススメ!!


マルキュー(MARUKYU) ハイパワーアミエビ

マルキュー(MARUKYU) ハイパワーアミエビ

  • 出版社/メーカー: マルキュー(MARUKYU)
  • メディア: スポーツ用品


これなら常温で長期保存できるし、手も汚れないので凄く簡単っ!!

って、詳しくあれこれ書いてたらかなりの長文になっちゃうので・・・

詳細は別記事で後日、改めて紹介するのでお楽しみにぃ~!!





安物サビキセットはやめといた方がいいよって話!!

そんな魅力的なサビキ釣りって前述したように、ライン先の仕掛けをそっと海中に沈めて誘うお手軽な釣り方!!

そんな簡単にできる釣りなので、釣具屋では様々なサビキ釣りセットを売っていて・・・

一番安いサビキ竿とリールセット(針などの道具一式付き)なら3,000円から購入できる!!

でも勢い込んで釣り場に行ってもみても・・・

全く釣れなかったでしょ??

実はサビキ釣りって押さえておかないといけないポイントがあって・・・それが仕掛けを投入するポイント!!

堤防や港湾など人気のスポットでは連日連夜、大勢の釣り人達が来て賑わってるのが当たり前!!

そんな場所で普通に足元に仕掛けを投入しても全く釣れない!!

実は岸壁付近にいる魚たちは攻め続けられるのに慣れてスレてしまった為、大好物のエサが目の前を漂っていても喰いついてくれないのです!!

なので仕掛けを投入するポイントは岸壁から3m以上の沖あいを狙うのがベスト!!

そこなら岸壁に立つ人の姿も見えにくいし、潮流がある為にウブな魚たちが集まりやすい!!

しかも回遊してるアジやイワシなども躊躇なく喰いついてくれるので、他の魚たちもこぞって針に掛かってくれるのです!!

でも残念な事に安物のサビキ釣りセットは竿の全長が2~3mほどしかないので、沖合3m以上のポイントにはまったく届かない!!

結果、足元だけ狙うことになって釣れないって悲しい結果に??

やっぱりポイントを外した安物は駄目だって事なのです!!






サビキ釣りに必要な道具!!

そんなお手軽セットが使えないモノである以上、釣具屋さんで個別に揃えるしかないのだけど、初めてなので道具がわからず選びようがないよね??

なので・・・

ここで必要な道具を一気にご紹介!!


【サビキ釣りに必要な道具】

・竿:        4.5m以上、1.5~3号までの磯竿
           全長5.3m前後が一番使いやすい!!
           (こちらで推奨ロッドを確認してね

・リール:      2500番台前後のリール
           (ここで推奨リールは確認してね

・ライン:      1~3号の安いナイロン
           (レビュー予定:600~1,000円程度)

・サビキ針仕掛け:  アジ用4~6号サビキ針仕掛け
           (レビュー予定:100~600円程度)

・コマセカゴ:    S~Mサイズの重り付きプラ製カゴタイプ
           ホントは重りがついてない方が良いけど、
           プラ製カゴタイプで重りがついていない
           モノが見つからず・・・
           重りがつかないナイロン製袋型もあるけど
           どうやっても手が汚れるのでオススメしない
           (レビュー予定:3個入り200円程度)

・よりもどし:    仕掛けを接続する為のスナップ付きサルカン
           ただのサルカン(よりもどし)だと仕掛けを
           つなぐ際にラインを切らないといけないが
           スナップ型だとスナップを外すだけで取り
           換えられるので使いやすい
           (レビュー予定:200円前後)

・オモリ:      1.5~3号程度のナス型おもり
           (レビュー予定:200円程度)

・集魚用エサ:    コマセと呼ばれる集魚用オキアミ
           冷凍品と常温パックがある
           (レビュー予定:600~1,000円程度)

・コマセバケツ:   冷凍オキアミを溶かして貯めておくバケツ
           (専用品:釣具店で1,000円程度)

・コマセ柄杓:    コマセを海にまく為の柄杓、300円程
           40cm以上あるモノが使いやすい

・スプーン:     コマセカゴにオキアミを詰めるスプーン
           アルミの専用品も売ってるけど臭くなるので
           コンビニなどでもらえる大き目の使い捨て
           プラ製スプーンがベスト(笑)

・魚ばさみ:     フィッシュホルダーと呼ばれる
           ハサミ型がベスト!!
           (レビュー予定:1,000円前後)   

・ラジオペンチ:   先端が細くて長いラジオペンチ
           針を外すのに使用!!
           百均モノで十分(笑)

・ハリ外し:     針を外す専用品、でもラジオペンチの方が
           使いやすい
           (専用品:釣具店で200円程)

・水汲みバケツ:   ナイロン製バッグ型、10m程のロープ付き
           (専用品:釣具店で300~500円程度)

・観賞用バケツ:   開口部が30cm以上のモノ
           百均モノで十分(笑)

・たも:       4~6mほどの柄が伸びる網
           大物が釣れた場合は必須でも・・・
           サビキ釣りには必要ないかも??
           (レビュー予定:4千円~3万円以上)

・雑巾とタオル:   雑巾2枚、タオル2枚、手拭き用に!!
           (汚れるので百均モノで十分)
          
・45Lごみ袋:    2枚、使用した臭うバケツ等を包む為

・ビニール袋:    3枚、ごみ用と使用した道具を包む用

・ペットボトル:   水道水を入れた2Lペットボトルで手洗い用
           畳めるキャンプ用蛇口付タイプがベスト
           (レビュー予定:1,000円程度)   

・クーラーボックス: 釣れた魚を持ち帰る人は専用品が使いやすい
           でも出来たら海に帰してあげて欲しいなぁ~(泣)
           (専用品:釣具店で2千円~3万円程度)

・ライト:      人数分のLEDヘッドライトとLEDランタンが
           あれば、暗くなっても安心!!
           (レビュー予定:4千円~2万円程)

・キャスター:    荷物が多いのでキャスターに乗せて移動(笑)
           (レビュー予定:千円~1万円程)

・大型トートバッグ: 道具を入れる持ち運び用大型トートバッグ
           汚れが付き臭くなるので、いらないバッグか
           簡単に捨てられる百均モノで十分!!


まあ・・・

他にはこまごまとしたモノもあるけど大体こんな感じですっ(笑)





お魚ちゃん達は大切にしようってお願い!!

それで上記一覧に『観賞用バケツ』があるのでカンが良い人はわかったと思うけど・・・

私達って釣った魚はバケツに入れて眼で可愛がった後、全て海に帰ってもらってる!!

理由は・・・

魚に優しい釣り人でありたいから!!

って、魚を釣ってるので偽善だって言われそうだけど・・・

あくまでも趣味として魚と遊んでもらってるので、また遊んでもらいたいし、できれば殺したくない!!

そんな私達って多分千匹以上のお魚ちゃん達と遊んでもらってるけど・・・

今まで殺しちゃったのは小イワシちゃん一匹だけ!!

この子は二人ともおしゃべりに夢中で釣れてるのに気付かなかったからで・・・

ホントに可哀想なことをしました(泣)

でも釣り場に行くとどんなに小さい魚でもキープしてる人が大勢いる!!

しかも大半の人が水を張ってないクーラーボックスに放り込んでるので死んじゃってて・・・

そうした魚をコンクリートに大量に放置したり、海に投げ捨てたり、果ては猫や鳥などにあげたりとか??

一応、東京湾の規定では魚種にもよるけど、14cm程度の小さい魚は釣ってはいけないってルールがあるし、釣れたら生きたまま海に帰すか、責任もって食べてあげるのが、お魚ちゃん達への最低限のマナーだと思うんだよね!!

釣りを楽しんでる方はもちろん、これから始める方も限りある資源を大切にしてあげてね!!





東京近郊でサビキ釣りができるポイント!!

さあ、そんな説教じみた話からサビキ釣りの話題に戻って・・・(笑)

前述したようにサビキ釣りって竿を海に突き出して、そっと海中に沈めていく釣り方!!

なので満潮でも水深が2m程しかない・・・

東京湾ではサビキ釣りができないポイントが多い!!

そんな悲しい場所でも身近にサビキ釣りが堪能できる場所があるのです!!

それが電車とバスで簡単に行ける海釣り公園なのです!!

って・・・それは別記事に纏めたので 東京湾 オススメの海釣り公園とポイント一覧 を参照してね!!

 



オススメのテキスト!!

そんなサビキ釣りの面白さに興味が出たらテキストが欲しくなるよね??

その場合、この本がオススメなのです!!


見てわかる!はじめての堤防釣り (BIG1シリーズ (90))

見てわかる!はじめての堤防釣り (BIG1シリーズ (90))

  • 作者: 高橋 哲也
  • 出版社/メーカー: 海悠出版
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: ムック

表紙では小さな子供たちが笑顔で何匹ものイワシを簡単に釣ってて・・・

正直、こんな数釣りもサビキ釣りなら夢じゃないぞ!!

このテキストって確実に釣る為の情報が満載で詳細に解説しているし、実釣DVDも付いてるのでスッゴク分かりやすいのが特徴!!

まあ、他にはこんな本もあるので興味があったらどうぞ!!

ゼロから始める堤防釣り入門―「ウキ釣り」「サビキ釣り」「投げ釣り」「ルアー釣り (COSMIC MOOK)

ゼロから始める堤防釣り入門―「ウキ釣り」「サビキ釣り」「投げ釣り」「ルアー釣り (COSMIC MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: コスミック出版
  • 発売日: 2011/02/26
  • メディア: ムック

基礎から始める 堤防釣り入門 (つり情報BOOKS)

基礎から始める 堤防釣り入門 (つり情報BOOKS)

  • 作者: 「堤防磯投げ つり情報」編集部
  • 出版社/メーカー: 日東書院本社
  • 発売日: 2008/04/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

まあ、一度はご覧あれ(笑)

それでここでボヤキで・・・

女性の方が釣るのがうまいのは何故??






釣り暦が長くても大物の数と釣果で彼女に負け続けの・・・むうでした!!

 
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 7

コメント 2

鈴木しのぶ

むうさん、こんばんは。
今回のサビキ釣りのプログは読んでいてとても分かりやすかったですよ。
むうさんが虫エサが苦手だったのは知らなかったですよ。
長年釣りをしていても彼女には勝てないのはトホホですね。彼女に負けないように頑張って。でも彼女とは勝負はしないですよね?
by 鈴木しのぶ (2016-02-28 18:53) 

むうぴょんこ

彼女とはたまに勝負してるよ!!
どちらが先に一匹を釣り上げられるか!!
負けた方は帰ってからのお犬様のトイレ掃除(笑)
まあ・・・ほとんど負けてるけどね(泣)

by むうぴょんこ (2016-02-29 10:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: