チニング アジングロッドで狙うクロダイ向けルアーゲーム!!
So-net無料ブログ作成
検索選択

チニング アジングロッドで狙うクロダイ向けルアーゲーム!! [釣り:黒鯛]

ライトゲームロッドでクロダイをゲットできる攻略法はこれだ!!

SEP88_nikori15195840_TP_V.jpg


久しぶりにルアーを失くして大暴走中のむうです(笑)

そんな今回も前回に引き続いて、誰でも簡単に釣れるクロダイのルアー釣りシリーズの第二弾で・・・

アジングロッドで狙うクロダイ向けルアーゲームをご紹介!!

実は言ってなかったけど、前回釣ったシーバスちゃんとクロダイちゃんは・・・

アジングロッドで釣ってます(笑)

実はもともとアジングロッドで攻めててポイント移動後にあまりの潮位の低さに危険を感じてシーバスロッドのラブラックスAGSに持ち替えたって事なのです!!

でも・・・

アジングロッドでクロダイは釣れないでしょ??

って、声が聞こえてくるような気が??

ふっふっふっふっふっふっ!!

では、これをご覧ください!!


52cmのクロダイちゃん.JPG


じゃぁぁぁぁ~ん!!
すっごく大きいでしょ??

体長52cm、推定15歳程度の年無しクロダイちゃん!!

これを釣ったのはちょいと前なんだけどその時に使用してたのが・・・

最廉価ライトゲームロッドの月下美人(笑)

あはは・・・笑っちゃうでしょ??

この時はポイントの雰囲気から他のロッドは折っちゃいそうで怖くて使えなかったのです!!

その点、1万円弱で買える月下美人なら・・・

多少、無茶な状況でも使えるのが良いよね(笑)

この月下美人シリーズって今でも彼女は TICT インバイト と共に好んで使用してて・・・

なんと自力で70cm以上あるブリを掛けてしまった事が??

結局、ブリ(ハマチかも)はランディングできなかったんだけど直径60cmのタモ網に入りきらず、何度も弾かれた末にバイビィ~的な??

なのでランディングしてたらもしかすると80cmを超えてたかもしれないので今でも非常に残念がってるぞ!!

という事で最近、写真を載せ続けてるので少なすぎるブログ容量を気にしつつ・・・

とっとと行っちゃいましょっ(笑)


 


前回、クロダイを釣った時の使用タックル!!

そんな前回のタックル構成は・・・


【使用タックル】

・ロッド:    TICT INBITE IB63-CS
・リール:    シマノ ソアレBB C2000PGSS
・ライン:    VARIVAS アジングマスター
         ダブルクロスPE VIVID 0.3号(5.4lb)
・リーダー:   VARIVAS アジングマスター
         ショックリーダーフロロ 0.8号(3lb)
・スナップ:   カツイチ DECOY スパイラルスナップ(#0=10lb)
・ジグヘッド:  ジャングルジム スリーパー 1.5g


こんな感じ!!

なので・・・

典型的なアジ・メバル向けのタックル構成!!

これでアジやメバル、カサゴやマゴチはおろか、シーバスやクロダイまで釣れちゃうのには驚いちゃうよね!!





アジングロッドを使用する際はポイントにいる魚に注意!!

それで 前記事 で、アジングロッドを使用する際には条件があるって書いたよね??

そんな条件とは・・・


★アジングロッドを使用すべき条件

・エイがいない、若しくはいても40cm未満

・150cm以上の潮位がある
 (上級者なら40cm程度でも釣っちゃうぞ)

・根がきつくない

・潮流は普通



こういう感じなんだけど、では何故、カワエイ・・・じゃなくて現実に・・・

アカエイがウヨウヨいる危険な湾奥でアジングロッドを使ったのかを疑問に思うでしょ??

実はアカエイって厄介モノは・・・

ランカークラスほど陸から40m以上離れた潮流に乗って回遊しており、捕食時でもシャローにはなかなか近づいてこない!!

なのでランカークラスのアカエイやツバクロエイを釣りまくってしまう時ってシーバスロッドで沖のストリームを超えてキャストしてる時が大半なのです!!

そんな感じなのでライトゲームロッドで届く範囲のポイントにおいて、ランカークラスのアカエイやツバクロエイの猛襲を受ける事ってほとんどないんだけど、そうは言っても、シマノ ソアレBB C2000PGSS で書いたようにライトゲームロッドで届く範囲内でも・・・

アカエイの攻撃が多発する事があるので注意!!

それでもし掛かってしまったらその時は寄せてこれるようなら寄せて、でなかったら可哀想だけどラインを切らないと確実にロッドをへし折られるので気を付けてね!!

ってな事で、アジングロッドを使用する際にはポイントにいる魚を良く見極めてからキャストしないと・・・

ホントに痛い目にあっちゃうぞ!!

って事なのです!!





クロダイの基本的な誘い方!!

ここからはクロダイをどう攻めるかって事で、要はアクションの仕方です!!

そんな基本的な誘い方は誰でもできる簡単アクションの・・・

キャストしたら着底させて細かくチョンチョンと足元までしゃくってくるだけ!!

これはクロダイゲームロッドだろうが、アジングロッドやシーバスロッドを使用しようが・・・

最もクロダイが喰ってくる有効なアクション!!

なので、まずはこのチョンチョンアクションで誘うのが正しいのです!!

でも初めての方にはイメージがわかないよね??

そんな方向けに動画を添付するので1:50付近を観てみてね!!





でもいくら有効なアクションでも東京湾のようにシビアなポイントだと無視されちゃう事も多いよね??

なのでなかなか喰いついてこなかったら・・・

底のズル引きも非常に有効!!

でもこのズル引きは根掛かりが頻発しちゃうので初めての方には絶対にオススメしないぞ!!

それで、みんなわかってると思うけど・・・

13gのJHはアジングロッドでは重すぎて使えない!!

なのでアジングロッドを使用する場合は別のテクニックで釣るのが正しいのです!!





アジングロッドには軽めのジグヘッド単体使用がオススメ!!

そんなアジングロッド使用時の有効なテクニックとは・・・

軽めのジグヘッドを使う事!!


【クロダイを釣るコツ】

★アジングロッドの場合

・ジグヘッド単体、1.5g~2.5g前後のジグヘッドを使用する



まずはこれが基本!!

なので手持ちのアジングロッドの背負える重量(適合重量)がどれくらいなのかを調べてみて、ロッドの適合重量の1/3~半分ほどの実用重量に合わせたジグヘッドを選ぶのがベスト!!

例えば・・・

月下美人(0.5g~5g)なら1.5g~2.5gのジグヘッド!!
インバイト(0g~5g)も同じく1.5g~2.5gのジグヘッド!!

となるのです!!

ではどのジグヘッドが有効なのか、非常に気になるよね??

湾奥でクロダイを狙う際に一番釣れるのが、メバリング実釣完結編 でちょこっと触れた・・・

ジャングルジム スリーパーが最も釣れるぞ!!


【ジャングルジム スリーパー】

ジャングルジム スリーパー J300

ジャングルジム スリーパー J300

  • 出版社/メーカー: ジャングルジム
  • メディア: その他

上記のようにロッドに合わせるとスリーパーを使用する場合のベスト重量は1.5g~2.5g!!

それに潮流や風の影響を考慮して普通以下なら基本の1.5g、潮流や風が速い場合は2.5gまで増やして使うってのが正しい!!

この1.5g~2.5gの重量はほとんどのライトゲーム用アジングロッドの許容重量内ってのもあるんだけど、実はシビアな湾奥ならではのクロダイ狙いに最も適した重量だからってのもあるんだよね!!

そのアクションとは・・・

ドキドキしながら次の項目で!!





クロダイ狙いでアジングロッドに最適なアクションとは??

先ほどクロダイにはチョンチョンアクションが基本で、最も有効なテクニックだと書いたでしょ??

勿論、チョンチョンアクションはクロダイ狙いで最も爆釣するアクションなので必須のテクニックなんだけど・・・

潮流が速いと軽すぎるジグヘッドでは浮いちゃって使えない(泣)

なので潮流が速い場合は別のテクニックで攻めるんだけど、それが・・・

アジングで多用するチョイチョイアクション!!

参考までにアジングの神様である、家邊克己さんの超絶テクニックをご覧あれ!!





家邊さんがアジングで多用するリフト&フォールが基本のチョイチョイアクションはシビアな湾奥でクロダイのみならず、シーバスやマゴチ、カサゴやメバル、カレイやクロソイなどを釣る際にも必須のテクニック!!

キャストしたらカウントしてレンジに達したらチョイチョイアクションさせてロングステイ!!

これってチョイチョイであってチョンチョンではないよ??

チョイチョイは”ちょいちょい”であって・・・

チョンチョンは”ちょぉ~~ん・・・ちょぉ~~ん”と3呼吸ほど置く感じ!!

なので間違えないでね!!

そしてチョイチョイ後のロングステイ中に・・・

クロダイががぶりんちょしてくる!!

ってわけなのです!!

その時に気を付けないといけないのはフリーフォールではなく、糸を張ったままのテンションフォールだって事!!

エサ釣りではないのでフリーフォールだとアタリがわからないまま、逃がしちゃうので注意してね!!

それでアタリがない場合はそのままテンションフォールで海底に着底させるんだけど、その時に効くのがスリーパーの形状!!

スリーパーを見るとオモリ部分が船状で上部中心から斜め上に針が出てる!!

これにより海底に着底しても針が斜め上を向いているので45度の上後方からついばみに来るクロダイのアゴにがっちり掛かってくれるのです!!

しかも着底させても根掛かりしにくいので・・・

爆釣しちゃうスリーパーを手放せなくなっちゃうのです!!





サーティフォー(34)のストリームヘッドも爆釣できるぞ!!

そしてもう一つ、クロダイ釣りに最適なのが メバリングアジング用ジグヘッドの上級編 で紹介した・・・

サーティフォー(34)のストリームヘッド!!

これは潮流が緩いシャローで大活躍(笑)


【サーティフォー(34)ストリームヘッド】

34 ストリームヘッド

34 ストリームヘッド

  • 出版社/メーカー: 34
  • メディア: その他

このストリームヘッドは一番重い1.3gがベスト!!

アクションも上記動画のアジ狙いの時と全く一緒の・・・

チョイチョイアクションのリフト&フォール!!

アジングと違うのは必ず・・・

クロダイ狙いでは底を取るのが一番重要!!

なので絶対に覚えておいてね!!

そしてストリームヘッドもショートシャンクのワイドゲイブ、しかもオープンフックなので上後方からついばみに来たクロダイにがっちりと掛かっちゃうのが凄い!!

あっ、それで言い忘れてたけど、クロダイとカレイはフォールしてくるモノに反応するけど、メバルやカサゴ、マゴチやクロソイなどは海底から上方に上がっていくモノにがぶりんちょしてくるので、狙う魚種によってテクニックを使い分けてね!!










やばい!!

調子に乗って書いてたらまたまた長文に(笑)

まだワームの説明もしてないのに??

そんな重要な説明を盛り込まないなんて・・・

天邪鬼だよねぇ~!!

でもこれだけの長文になっちゃったらいったん終わらせた方が良いよね??

なので爆釣するワーム特集とキビレさんの攻略法は・・・

また別のお話って事で(笑)







上記、クロダイを釣った際、”大きい魚が釣れたのに逃がしちゃうんだぁ~”と、周りを取り囲んだギャラリーから悲しそうなため息が漏れたのにビックリした・・・むう達でした!!

 
nice!(16)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 16

コメント 1

鈴木しのぶ

大きいクロダイちゃんですね。
こんなに大きなクロダイちゃん釣ってみたいです。今回のブログ笑えましたよ。
あまり長くなかったのですんなりと読めた。キビレの攻略法はまた次ですね。
楽しみに待っています。
by 鈴木しのぶ (2016-06-10 16:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1