サビキ釣り 爆釣する為の必須テクニックとは??
So-net無料ブログ作成

サビキ釣り 爆釣する為の必須テクニックとは?? [釣り:サビキ釣り]

実釣記とおすすめセッティング(笑)

0I9A5091ISUMI_TP_V.jpg

今回の改訂は・・・『誰でも簡単に爆釣できちゃうサビキ釣りの秘訣』!!

実は今の時期って原文を書いた時と同じく・・・

コサバとイワシが入れ喰い爆釣中・・・って、写真は当時のままね(笑)

IMG_2024.JPG

実はこの写真・・・気が付いた方も多いと思うけど・・・

たった1分の間に彼女が釣り上げた釣果で・・・

二回仕掛けを引き上げたんだけど、一回ごとに5匹だっけ・・・それとも6匹と4匹だったっけ・・・

とにかく二回仕掛けを引き上げて10匹のサバをゲットしたって事!!

この時って10cmほどのコサバの群れが、まるで『ポニョ』の1シーンのような大きな群れとなって湾内を回遊してたわけで・・・

真剣に数えてなかったので正確には分からないけど・・・

プラカップに注がれたロゼのスパークリングワイン(CAVA)を片手にチェダーチーズをかじりながら・・・

ほとんどロッドを持たずに”テキトー”に釣ってた彼女の釣果は、わずか30分ほどで50匹ほどゲットしてて・・・

なので真剣に釣れば、余裕で200匹を超える釣果を1時間ほどで出せたんだろうけど・・・

サビキ仕掛けを垂らせば数秒で釣れちゃうので途中で飽きちゃったらしく・・・

『ねえ・・・眠くなっちゃった♡』って折り畳みチェアに座って何度もウトウトしてたんだよね(笑)

実は例年の東京湾だと1月頃から3月頃に掛けて小さいサバのピークとなって・・・

4月末頃から徐々にイワシとアジへとシフトしていって・・・

また5月頃から今度は少し大きくなったサバの大群が東京湾を回遊しだして・・・

このピークは7月頃まで続いて、真夏のイワシとアジの大量発生と共にちょいと下火になって・・・

そして秋に入りかける頃に再度サバの大群が押し寄せてイワシ、アジのピークも混在して現れるってな感じなんだけど・・・

まだ始まったばかりだけど、今年の状況ってやっぱり昨年と同じで例年の傾向とは違ってて・・・

明確なシフト現象は発生せずに大きなサバの群れが小さなイワシとアジの群れと一緒に共存してるってな感じ!!

そんな奇妙な魚の群れはこれからもっと大きな群れとなって東京湾全体を回遊するはずなので・・・

今年の東京湾は例年になく、サビキ釣りに最適な状況だと強く思うのです!!

なので・・・爆釣したいのなら今でしょ!?

ってな事で、ひゃっほーっ的に行っちゃうぞって事なのです(笑)

 



短いサビキ専用ロッドでは釣れるはずがないのです!!


そんな感じでこの時も彼女が飽きちゃうほど釣れまくったんだけど・・・

残念なことに釣り場にいた他の人たちはほとんど釣れてなかった!!

本当に本当でこの時って30人以上の人が同じ釣り場にいたんだけど・・・

散歩がてら訊いてまわったら多い人で20匹程度しかなかった!!

そんな20匹なんて・・・彼女ならたった2分で得られる釣果なわけで・・・

でも周りのみんなはまったく釣れていない・・・それって驚きでしょ??

ここで突然だけど皆さんに質問です!!

『何故、他のみんなは釣れなかったのか??』

その答えは・・・

『3m程の短いサビキ竿を使用してたから』

やっぱり狙うポイントってのがサビキ釣りでは非常に重要で・・・

前記事でも言ったけど東京湾のシビアな釣り場でいくら足元を狙ったってほとんど釣れないのです!!

なのに釣れない全員が・・・

2m~3mほどの短いロッドを使用してサビキ釣りをしてる(泣)

これってネットやテキスト、上州屋やキャスティングなどの実店舗であっても・・・

短いサビキ専用ロッドでなんでも釣れるって教えてるのがあるからなんだよね(泣)

それって確かに『なんでも釣れる』けど・・・『運が良ければ』って前言葉が抜けてると思うのです!!

なのでほとんど釣れない周りの皆さんのちょいと冷たい視線を頬に感じつつ、長い磯竿をそっと海中に投入したら・・・

数秒後には2~3匹のコサバちゃんがびっちびっちぶら~ん的な(笑)

そんなちょいといたたまれない状況にあったので嬉しい反面・・・

あちゃぁーっ的な複雑な気持ち(泣)

しかも私達って釣った魚をバケツで可愛がって写真を撮ったら逃がしちゃうので、少ない魚を大切にクーラーボックスにしまってる周りの視線も痛かったってのもあるんだよね(泣)

でもいいよね・・・バケツで写真を撮って可愛がった後に逃がしちゃっても??

また楽しませてくれればこんなに良い事はないんだし・・・

って言いつつ・・・今回のお題に行きましょ!!





彼女が独りだけ、爆釣できた理由とは??


そんな感じで毎回、彼女が爆釣できる理由とは・・・

・5.3mの長くて魚に違和感を与えずらい磯竿を使用してる

・途中でカゴレス方式に変更した

・サビキ仕掛け(針)を他の人達よりも小さいのにしている

これだけの事で釣果ってスッゴク変わるんです!!

なので入れ食い状態を堪能したかったら、前記事でも散々書いたように・・・

サビキ釣りシリーズ で説明した仕掛けで挑むべきだと強く思うわけなのです!!





東京湾で爆釣する為の秘訣!!


ここからは入れ食い状態を堪能する為の説明!!

そんな東京湾及び近郊でのサビキ釣りの秘訣とは・・・

【大量に回遊してきた場合】

・カゴレス方式にする

・針の号数は魚のサイズに合わせて(例年だと)小さめの『4号から6号』の針にする・・・
 *注:今年は『0.5号から4号までのより小さい豆アジ専用針』でないと釣れないので注意してね!!

・サビキ仕掛けのエンドにつけるオモリは2号が基準で潮流や掛かり具合によって重くする
 *注:仕掛けに合わせて1号から1.5号の方が喰いつきが良いぞ!!
    ただし・・・ラインが絡みやすくなるので仕掛けを多く持っていくようにしてね!!  

・岸壁から3m以上離れたポイントに柄杓でコマセを撒く

・流されるコマセに合わせて仕掛けを動かす

・レンジは海面直下~50cmと浅め
 *注:当時は浅めがメインだったけど、今年は海面直下から4mほどとレンジがバラバラなので
    注意してね!!

・ゆっくりと動かして唐突なアクションはしない

うんうん、こんな感じかな??

それで上記に注釈を加えたけど、今年は昨年とは違ってよりシビアな感じなので・・・
もっと繊細に、もっとレンジを探るようにした方がいいぞって事!!

それでレンジの基準となるべき箇所はサビキ仕掛け(針)とスナップスイベルを接続してる部分なので覚えておいてね??

そして食いが落ちてきたり、群れがいなくなってしまった場合には上記に加えて・・・

【食いが渋ってきた場合】

・コマセカゴを上カゴにする

・柄杓で掬ったコマセアミに同量の海水を入れて、広く拡散するように撒く

・1分ごとに狙ったポイントにコマセを撒き続ける

・サビキ針を4号に落とす⇒今年は1号がおススメ!!

・レンジは深めで50cm~海底付近まで探る

・動かす場合はそ~っと繊細に行う

それで仕掛けを投入する際に、ぼちゃんと派手に水しぶきを立てる人を良く見かけるけど・・・

それって魚を散らして釣れなくなるので絶対にやめてね!!

って、言いつつも・・・

魚がコマセに狂喜乱舞して上ずってる場合は逆に良いアピールになるのでTPOに合わせてって事で(笑)





使用タックルの紹介!!


そんな前回使用したタックルはこれ!!

【使用タックル】

・ロッド: ダイワ リバティクラブ 磯風 1.5-53



ダイワ(Daiwa) ロッド リバティクラブ 磯風 1.5-53・K

ダイワ(Daiwa) ロッド リバティクラブ 磯風 1.5-53・K

  • 出版社/メーカー: ダイワ(Daiwa)
  • メディア: スポーツ用品






・リール: シマノ エアノスXT C3000

      実はこれではなくて旧型ね(笑)



シマノ リール NEW エアノス XT C3000

シマノ リール NEW エアノス XT C3000

  • 出版社/メーカー: SHIMANO(シマノ)
  • メディア: スポーツ用品






・ライン①: ラパラ PE ラピノヴァ 0.8号
       新品だったけどブチブチ切れるのでシーバスゲームでは
       使えなかった余りモノ(笑)
       ベストはしなやかなのに安価なナイロンがベストだぞ!!

・ライン②: ラパラ マルチゲーム ナイロン 1.2号
       これは今回、使ってないけどオススメって事で(笑)
       高価なラインが余ってなければナイロンの0.8号~1.5号を
       使った方がより爆釣できるぞ!!







・スナップ: インタースナップNTパワースイベル 6号
       やっぱり交換が容易なスナップタイプがベスト!!



NTスイベル P入りインタースナップNTパワースイベル クロ

NTスイベル P入りインタースナップNTパワースイベル クロ

  • 出版社/メーカー: NTスイベル
  • メディア: その他




・サビキ仕掛け①: ささめ針 ボウズのがれ 好き嫌いなし サビキ X-007 6号
          最初にポイントにいる魚を調べるために使ったのがこれだけど・・・
          今年は0.5号から4号くらいまでがベストだぞ!!



ささめ針 ボウズのがれ 好き嫌いなしサビキ X-007

ささめ針 ボウズのがれ 好き嫌いなしサビキ X-007

  • 出版社/メーカー: ささめ針
  • メディア: その他




・サビキ仕掛け②: ハヤブサ 小アジ専科 リアルアミエビ HS200 4号
          魚がかかりすぎてボウズのがれが切れちゃったので、
          次に投入したのがこれ!!
          もちろんこちらも今年は0.5号から4号くらいまでを使用してね!!



ハヤブサ 小アジ専科 リアルアミエビ HS200

ハヤブサ 小アジ専科 リアルアミエビ HS200

  • 出版社/メーカー: ハヤブサ
  • メディア: その他






・ナス型オモリ①: 第一精工 パックオモリナス型 2号
          最初は潮流が緩かったので7.5gの2号
          今年は1号から1.5号くらいまでがベストかな??
          でも潮流の強さによるので状況によって使い分けてね!!



第一精工 パックオモリナス型 2号

第一精工 パックオモリナス型 2号

  • 出版社/メーカー: 第一精工
  • メディア: スポーツ用品




・ナス型オモリ②: 第一精工 パックオモリナス型 3号
          入れ食い状態で仕掛けが絡まりやすく
          なったのでオモリを11g=3号に変えて
          調整!!


第一精工 パックオモリナス型 3号

第一精工 パックオモリナス型 3号

  • 出版社/メーカー: 第一精工
  • メディア: スポーツ用品


実は残念なことに・・・

使用してた『リバティクラブ』を車に積んでたら椅子を倒した途端にぽっきり折ってしまったので・・・

急遽、近所の上州屋で在庫してたプロマリンの『エスランド 磯 1.5号4.3m』を購入したのだけど・・・

実はこれも購入後、数回ほどで酔ってふらついた彼女が岸壁にカツンとティップを当てた瞬間に10cmほど折れちゃって・・・

修理しようにも購入した金額と同額だし、彼女もすっごく気にして落ち込んでたので・・・

即日、残った先端を削り、家に余ってたトップガイドを瞬間接着剤で固定して使用してたりして??

なので現在はポイントにぎりぎり届く長さしかないので・・・

そろそろ1年ほど経つので購入し直さないとねってな感じなのです(笑)

こんな感じで『長い磯竿』ってちょっとした衝撃で簡単に折れちゃうので費用対効果で最大となる・・・

1万円以下の『ダイワ リバティクラブ』や『シマノ ランドメイト』を購入した方がいいぞって事なのです!!

それで後日談から元の話に戻して・・・

こんな感じで最初はポイントに魚がいなかったので寄せるためにコマセカゴを上カゴにつけたんだよね!!

だけどコサバが大量に回遊してきたので手返しを良くするためにここで『カゴレス方式』へと変更っ!!

この『カゴレス方式』ってやっぱりすごく効果的で・・・

撒いたコマセに群がったコサバちゃん達が即座に喰いついて入れ食い状態(笑)

最盛期なんて海中に投入したら5秒ほどで2~3匹ほどが瞬時に喰いつくので・・・

外すのが億劫になるくらい、面倒くさくなっちゃったりして??

しかも外してる最中に竿を持ってる彼女がくしゃみをしたので、はずみでグサリと針が私の指に??

でも少し力を入れたら血が垂れたくらいですぐに抜けたけど・・・

やっぱりこうした危険な作業って女性には絶対にさせちゃいけないって思うのです!!

なので・・・

絶対に『魚から針を外す作業』は『海の漢おとこの中のおとこ』たる男性が行うべき行為だと強く思うのです(笑)





【サビキ関連記事】

小魚ばかりのシビアな真夏に確実に魚を釣る方法

手軽に愉しめるサビキ釣りのススメ!!

サビキ釣り コマセカゴは上カゴか、下カゴか??

手軽に愉しめるサビキ釣りのススメ!!

超楽しいサビキ釣りのススメ!!

安くて使いやすいサビキ用竿(ロッド)編!!

サビキ釣り オススメのサビキ仕掛け(針)編!!

サビキ釣り 爆釣する為の必須テクニックとは??

サビキ釣り トリックサビキの考察!!

安くて使いやすい!!6千円以下のエサ釣り専用リールランキング!!

真冬のサビキ釣り 釣れちゃって大変だったぞ!!

【他釣りにも転用できる装備品のおすすめ】

夜釣りに最適なヘッドライトのおススメ!!

魚に優しいフィッシュホルダーのおススメ!!

安くて使いやすいタモ(玉網)のオススメ!!

【おススメの釣り場と釣れるポイント】

東京湾 オススメの海釣り公園とポイント一覧!!

自宅にいながらシーバスが爆釣するポイントがわかる方法!!






今回の改訂はこれでおしまい!!

何度も過去記事で言ってるけど、要は長い磯竿でサビキ釣りをした方が良いって事!!

そんな感じで・・・みなさん、ごきげんよぉーって事なのです!!




Pyonko & Mu From Tokyo でしたぁーっ!!


 

nice!(26)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 26

コメント 2

チャー

むうぴょんこさん
いつもありがとうございます(^^)
ご指摘ありがとうございます 有り難いですよ 自分で気がつかないこと沢山ありますので 感謝です もしかして 過去記事の件数が多かったような?海外のブロガーさんから 減らしてみては?とご提案がありました 自分では気付かず 30件入っていたようでした 訂正して 10件にしました どうでしょうか?ど素人なもので(^^;)ご迷惑をおかけします 今後共ヨロシクです ペコリm(_ _)m又 教えてね
by チャー (2018-04-19 11:39) 

むうぴょんこ

ブログが治ったようで良かったね!!
こちらこそよろしくね!!
by むうぴょんこ (2018-04-20 10:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0