東京湾でイシモチ、ボラ、マルタをルアーで釣る方法(笑)
So-net無料ブログ作成

東京湾でイシモチ、ボラ、マルタをルアーで釣る方法(笑) [釣り:シーバス:外道]

東京湾で”ゴジラ”をゲットしよう!!

0I9A4769ISUMI_TP_V.jpg


最近、ホントに暑いよね??

昨夜なんて湾奥のポイントにおいて24時の時点でなんと実測、34度!!

昼間じゃないよ・・・深夜0時なのに気温が34度!!

正直、24時を挟んで5時間ほど粘ったらヘロヘロになっちゃった(笑)

って事で、シーバスを狙いに行ったのに釣れたのは・・・

ボラとゴジラちゃん(イシモチ=ニベ=シログチ)のみ(笑)

やっぱりね、適正水温が13度~23度程度のシーバスに海水温度30度はきつすぎるって事で、この暑すぎる盛り、シーバスを釣りたくば・・・

いくら先行者がうじゃうじゃいても水温が低い河川で頑張りましょっ(笑)

って事なのです!!

確かにシーバスを釣りたいけども、遊びなんだから人があまりいない港湾で他人に遠慮せずにのびのびと釣りしたいって人もいるよね??

でもこんなに水温が高すぎるとシーバスは水温が低い深場や河川に行っちゃってるのでまず釣れない(泣)

なので今回のテーマは・・・

夏の暑い盛り、人が少ない港湾でこの時期に釣れる外道魚ちゃんを敢えて狙っちゃおう!!

って事なのです(笑)

あはは・・・みんな、ついてきてる??


 


ゴジラ・・・奴らは哭くんです(驚っ)

さて今回はそんな感じのフワフワ記事(笑)

なのでいきなりこの時期、釣れるお魚ちゃんをドドンとご紹介!!

まずは・・・GODZILLA!!

DSC_0523.JPG


ねっ、ホントに怖い顔してるでしょ??

しかもこのゴジラちゃん、釣り上げると・・・

ぐぅぐぅ哭くんです!!

これがまたキモ過ぎる(泣)

この空気中で”哭ける”理由とは浮袋を絞る事で可能となる彼らの持ちネタの一つで・・・

口の中に黄色いベロみたいに見えるモノがその浮袋!!

そんな彼らの本名は『イシモチ』!!

他には『ニベ』『シログチ』などの別名があるけど、ここは顔つきを的確に表現してる『ゴジラちゃん』で統一(笑)

そんなゴジラちゃんを横から見るとこんな感じ!!


DSC_0554.JPG


横から見てもなんだかグロいけど、流石スズキ目だけあって、胴体部はスズキ(シーバス)にかなり似てる!!

でも頭部に視点を移してみると決定的に違うのがエラが三角形に尖っていないのと唇が”いかりや長介”してないのが特徴!!

なのでシーバスちゃんと比べてみると一目瞭然!!


DSC_0515.JPG


ほら、シーバスちゃんの方が愛嬌のある顔立ちをしてるでしょ??


DSC_0517.JPG


それにほれぼれしちゃうような綺麗な体型!!

なので・・・

シーバスちゃんの方が遥かに可愛いのです(笑)

主に湾奥で釣れるシーバスは”マルスズキ”と呼ばれる種類がほとんどでこの子もマルスズキちゃんだぞ!!

でね、ゴメンナサイがあって昨夜、あまりに暑かったのでバーサク状態になっちゃってて釣り場にいた人にイサキって誤った名前を教えちゃった!!

なので・・・

ゴメンナサイ、ホントはイサキじゃなくてイシモチちゃんだぞ!!





ゴジラちゃんの釣り方!!

そんなゴジラちゃんの釣り方とはレンジバイブやローリングベイトで・・・

小さなチョイチョイアクションさせて三回に一回、海底にまでフォールさせれば喰ってくる!!


バスデイ レンジバイブ 70ES その1

バスデイ レンジバイブ 70ES その1

  • 出版社/メーカー: バスデイ
  • メディア: その他

タックルハウス ローリングベイト RB77 (シーバス ルアー)

タックルハウス ローリングベイト RB77 (シーバス ルアー)

  • 出版社/メーカー: タックルハウス
  • メディア: その他

ここでシーバス釣りの経験が長い人はアレって思ったでしょ??

これって夏場にシーバスを狙うアクションの一つで言うなりゃ・・・

シーバスを狙ってたら釣れちゃいました(笑)

的な感じで釣るのが正しいのです!!

なので特別なことをしなくていいので簡単でしょ??

ただしルアーに積極的に喰いついてくるのは・・・

ポイントにシーバスがいない4月~9月までの産卵時期がベスト!!

その他の時期はエサ釣りでないと釣れないレアな魚なので期間限定バーゲンセールなのです!!

あっ、でも12月~3月頃のエサが少なくなる時期にもルアーに喰いついてくることがあるけど、真夏の爆釣具合に比べたら5%程度に落ち込むのでホントに今の時期だけだよね!!

それでもし釣りあげたらできる限り海に帰してあげてね!!





海の厄介者・・・ボラちゃんの釣り方!!

全国どこでも大量に沸いてて東京湾では粘液まみれで臭すぎるので釣り人から忌み嫌われてる代表魚のボラちゃん!!

でもね、焼酎とよく合う珍味である・・・

『カラスミ』はボラちゃんの卵巣を干したもの!!

なのでちょいと見直したでしょ??

それで東京湾にいるボラちゃんは江戸時代、湾内で大量に養殖されていたおかげで今でも大量に生息中!!

ほら、イナセって言葉があるでしょ??

侠気(きょうき=男気)があり、さっぱりとした態度と身のこなしが粋な男性って意味だけど、その字は鯔背で鯔=ボラの背中って事なんだよねぇ~(笑)

まあ、ボラの背中のデザインが格好良かったって事だったんだろうけど・・・

現代では忌み嫌われる厄介者!!

そんな”ねずみ男”並みに嫌われるボラちゃんでもボウズが続くと釣れてほしいモノ(笑)

そんなボラちゃんの写真って全く撮ってなくて、ホントは流血してない写真が良かったんだけどたまたまこれしかなかったので添付!!


DVC00150.JPG


ね、写真を見ると・・・

背中のデザインがかなり格好良いんだけど・・・臭い(笑)

それで写真では口からちょいと流血してるのでルアーに喰いついたので釣れたってのがわかるよね??

ボラちゃんは主に海底のヘドロやプランクトン、アミや魚の卵などの細かい有機物を食べてるので大変臭いんだけど、ではどうやってヘドロを食べるボラをルアーで釣るのか??

実はスッゴク簡単でカーム80やローリングベイトで・・・

海底付近をアクションさせずにゆっくりとサビくと喰ってくるぞ!!


アイマ カーム80

アイマ カーム80

  • 出版社/メーカー: アムズデザインセンター
  • メディア: その他

これって要は・・・

ボラがヘドロを吸い込む⇒ルアーも一緒に吸い込まれる⇒釣れる!!

あはは・・・なので正直に言うと・・・

ルアーに喰いつくじゃなくて、吸い込ませているだけ(笑)

でもボラちゃん釣りって臭いっていうデメリットはあるけど・・・

引きが大変強くてスッゴク面白い!!

ボラの60cmクラスならシーバスの80cmクラスに引けを取らない力強さ!!

なのでランディングまでのやり取りがスッゴク面白いし、如何に根掛かりさせずに喰いつかせて、バラさずにランディングさせるかの勉強にもなるので・・・

ランカーシーバスへの模擬試験的に経験値を上げたい方に最適なのです(笑)





マルタちゃんの釣り方!!

これもスッゴク臭いので・・・

ボラと同じく超厄介者のマルタちゃん!!

ウグイ科の魚で『マルタウグイ』なんだけど、やっぱりマルタだけってのが一番しっくりくるよね(笑)


DVC00160.JPG


このマルタも非常に引きが強くて、面白い事は面白いんだけど、このランカーサイズになっちゃうと・・・

ボラよりも力が強いのでラインを切られたり、ロッドをへし折られたりしちゃうぞ!!

因みにこの子はライトゲームロッドの月下美人で釣ってたりして(笑)

その時はメバル用のJHとワームでゲットしたけど、普通の釣り方はボラと同じヘドロイーターなのでカーム80やRB77で・・・

海底をネチネチゆっくりとサビけば喰ってくる!!

でも早引きのルアーにも喰ってくることがあるので・・・

得体のしれない奴でもあったりして(笑)













まあ、今回は外道特集だったわけで次回は最盛期を迎える・・・

ライトゲームロッドで狙うハゼ釣り!!

って思ってるけど・・・

天邪鬼なのでホントに記事にするのかは気分次第って事で(笑)






どんなお魚ちゃんでも釣れたら嬉しい・・・むうでした!!

 
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0