お買い得な中級シーバスロッドランキングとインプレ!!
So-net無料ブログ作成
検索選択

お買い得な中級シーバスロッドランキングとインプレ!! [釣り:シーバス:ロッド]

掛け調子シーバスロッドランキング:中級編!!

IMARI20160806340818_TP_V.jpg


みんな、元気にシーバスをゲットしてる??

今回はシーバスロッド中級編!!

実は先ほど読み直してたらやっぱり追記したくなっちゃったので改訂しちゃった(笑)

なので題して・・・

即座に改訂追記版(笑)

そんなクラスごとの違いは以下の通り!!

・初級ロッド: ただ巻きで釣る

・中級ロッド: アクションを用いて釣る

・上級ロッド: ただ巻き+アクションの両方に秀でている

 (モアザンブランジーノ アーバンカスタムの場合ね)

なので・・・

掛け調子であり、ただ巻きには全く向いていないロッド集!!

って、1モデルを除いてね(笑)

それである程度、経験を積んでいくと、ただ巻きだけでは限界を感じてアクションをつけたくなる!!

そうすると今までセイゴクラスしか釣れなかったポイントでいきなりのランカーサイズをゲットしちゃうなぁ~んて事が起こっちゃうのです!!

どう、みんな興味がわいてきたでしょ??

それで今回は3モデルしか紹介してないんだけど、それには理由があって・・・

私見だけど3万円以下のロッドを中級モデルと位置付けて、それ以上なら上級モデルとしてるんだけど、正直、3万円以下で中級モデルってかなり少ないのです!!

なので本当は3万円以上のモデルも入れればいいんだろうけど、それじゃ値ごろ感がないし・・・

気軽に買えない中級ロッドってどうなの??
ってな思いで除外しちゃった(笑)


ってな事で選り分けたら、アピア製品が多くなっちゃった(笑)

そんないい加減な感じで進めながら評価基準の説明です!!


【評価項目(各項目:10点/満点】

・総合評価:   総合評価
         価格+釣果+扱いやすさ

・実売:     アマゾンでの参考価格

・初級者適応度: 初級クラスの方への適応度(注意)
         扱いやすさと気を使わないで良い度        

・感度:     グリップ感度(手元感度)

・バランス:   グリップした時のバランス
         先端を重く感じるか、否か?
         エクスセンスBB C3000M 255g使用時

・ただ巻き:   ただ巻きのしやすさと釣果

・操作性:    アクションのしやすさ

・キャスト性:  キャストのしやすさと飛距離
         狙ったポイントへのキャスト性

・バラシ難さ:  魚が掛かった時のバラシ具合

・耐風性:    強風、横風時の煽られ

・耐荷重性:   大型魚を掛けた時のブランクスの
         コシと粘り

・破損しにくさ: 倒れる、ぶつける、重いルアーの
         キャスト等、急激な衝撃への耐性

それで項目の中に”初級者適応度”ってあるので違和感が出たと思うけど、ステップアップして中級クラスに成りかけって方もいると思うので、敢えてそのままにしちゃった!!

ただ前述したようにアクションをつけるのが中級クラスなので・・・

ただ巻き評価では初級ロッドには負けちゃうぞ!!

という事で、”ただ巻き評価”を初級ロッドランキングに追加しちゃった(笑)

ここで注意点なんだけど全ての中級ロッドには下記のような悪癖があるので本当に気を付けてね!!

【中級ロッドのデメリット】

・衝撃に非常に弱く、破損しやすい

・煽ったり、規定重量内のルアーでもキャストすると折れる場合がある
 (推奨:スペック重量の半分+5gまでが使用可能重量)

・評判のルアーであってもロッドによっては全く使えない事がある

・ラインの選択がシビア(推奨:8本撚りのPE 0.8号以下)

・感度が良い分、魚により明確に違和感が伝わるので積極的に掛けていかないと釣り逃す



要はより取り扱いが難しく、釣り逃しも発生しやすいけど、ロッドの特性を理解して最大限に引き出すようにすれば、初級ロッドよりも爆釣できる逸品だって事!!

正直ね、中級ロッドはそれなりの技術とノウハウがあり、釣りがとことん好きな人でないと厳しいかなぁ~って思ってたり??

あはは・・・なので初級ランキングにはあれだけのロッドを紹介したのに、中級ロッドはこれだけ(笑)

あっ、でもね、さっきも言ったように”高価すぎる中級ロッド”はそれこそ山のように沢山あるぞ??

その代わり・・・

私が認める本物の上級者向けロッドは2ブランドしかないけどね(笑)

そんな欺瞞と誤魔化しが蔓延する釣りの世界を満喫しながら行きまっしょい!!

  


第1位:アピア Foojin'R アートマジック 87LX


アピア ロッド Foojin' RArt Magic(風神アートマジック)87LX

アピア ロッド Foojin' RArt Magic(風神アートマジック)87LX

  • 出版社/メーカー: アピア
  • メディア: スポーツ用品


【評価】

・総合評価:   ★★★★★★★★★☆(9点/10点)

・実売:     25,000円程度

・初級者適応度: ★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2点/10点)

・感度:     ★★★★★★★★★☆(9点/10点)

・バランス:   ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・ただ巻き:   ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10点)

・操作性:    ★★★★★★★★☆☆(8点/10点)

・キャスト性:  ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10点)

・バラシ難さ:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・耐風性:    ★★★★★★★★☆☆(8点/10点)

・耐荷重性:   ★★★★★☆☆☆☆☆(5点/10点)

・破損しにくさ: ★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2点/10点)


【推奨使用ポイント】

・堤防、港湾:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・ウエーディング:★★★★★★★★☆☆(8点/10点)

・小中規模河川: ★★★★★☆☆☆☆☆(5点/10点)

・大河川、河口: ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1点/10点)

・磯:      ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1点/10点)

・サーフ:    ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1点/10点)


【向いている釣り】

・マルスズキ:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・ヒラスズキ:  ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10点)

・クロダイ系:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・大物根魚系:  ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10点)


このランキングを見て、みんな驚いちゃったでしょ??

だってこのアートマジック 87LXってシーバスゲームではMLクラスが標準と言われてるのに、ライト(L)クラスロッドだもんね(笑)

でも皆さんは中級クラスでシーバスゲームをある程度やり込んでるので・・・初級者の方には絶対に推薦できないライト(L)クラスロッドをオススメしちゃうのです!!

理由は簡単・・・MLロッドよりも釣れるから(笑)

そんな市場に溢れるライトクラスロッドの中でも3万円以下では、この風神Rアートマジック87LXがイチオシ!!

当然、ライトクラスロッドって事はルアーの選択はシビアになるし、キャストと取り扱いにも注意と経験が必要!!

それにソリッドティップで柔らかい分、スペック内でも引き重りがする重いルアーの使用は絶対にダメ!!

それでこの風神R アートマジック87LX・・・LXとXが最後についているのでパワーは他メーカーのLロッドよりも若干強め!!

それが湾奥に効くんです!!

スペック重量内の半分+4gまでのルアー(15gまで)なら気持ち良いほどぶっ飛んでいくんだけど、残念ながらソリッドティップ・・・

ソリッドとブランクの継ぎの部分が変に曲がる為か、なかなかピンスポットに打ち込むことができないのはご愛敬(笑)

それに1番穂先とバット部分の接合部が設計上、甘いのでフェルールワックスも必須!!


スミス(SMITH LTD) ロッドフェルールワックス

スミス(SMITH LTD) ロッドフェルールワックス

  • 出版社/メーカー: スミス(SMITH LTD)
  • メディア: スポーツ用品

なので面倒くさいロッドではあるんだけど、推奨ルアーのアクションのしやすさと高感度で他の誰よりも爆釣できるのが凄いところ!!

ただし、飛距離に関してはライトクラスの宿命で同じ長さのMLロッドよりも5%~15%落ちる傾向にあるので、回遊シーバスは諦めてね!!

でも皆さんが行くのは湾奥の運河や河川、港湾と言ったポイント・・・

そういう場所で狙うべきは反転流だったり、潮流だったり、掛け上がりや岸壁といったシーバスが最もついているポイントなので、中級者クラスなら釣果が落ちる事はないぞ!!

それで使用すべきルアーなんだけど、最もこのロッドにあってるのはレンジバイブ55ES(10g)!!

これが10gと軽いんだけど非常に良く飛ぶ!!

リールの巻き取りで計測してみると実測で35m~45m程!!

因みに似たような条件下でラブラックスAGS 96MLで試してみるとほぼ同一で数mの違いなので凄いでしょ??

そして同じくらいオススメなのがレンジバイブ70ES(15g)!!

どちらも推奨アクションは通年通してチョイチョイアクションがメインで鋭く跳ね上げる感じで誘ってると喰ってくる感じ!!

それでミノー系だとジャクソン アスリート9Sがやっぱり使いやすい!!

これはただ巻きでもツイッチさせてもOKなんだけど、残念な事にしゃくった際にソリッドティップがワンテンポずれてルアーを跳ね上げるので、たまにミスって空中に飛び出ちゃうこともあるので注意してね(笑)

そんなシーズンごとの推奨ルアーは・・・


・7月~11月:   15gまでのバイブレーション系

・12月~2月:   7cm~9cmのミノー系
          7cm~12cmのシンキングペンシル系

・3月~6月:     7cmのシャッド系、
          7cm~12cmのシンキングペンシル系
          メバル用ルアー


何度もいうけど繊細なソリッドティップ仕様なのでくれぐれも無茶な扱いはしないでね!!

そんなアートマジック87LXは夏場のスレシーバスは勿論、冬場のバチ抜けや偏食が激しい春シーズンでも爆釣できる最高の逸品!!

このロッドを持てば最強のアングラーになれるぞ??

という事で、より詳しいインプレ記事を書いてるので興味があれば こちら にどうぞ(笑)





第2位:アピア Foojin'R アートマジック 91ML



アピア ロッド Foojin' RArt Magic(風神アートマジック)91ML

アピア ロッド Foojin' RArt Magic(風神アートマジック)91ML

  • 出版社/メーカー: アピア
  • メディア: スポーツ用品


【評価】

・総合評価:   ★★★★★★★★★☆(9点/10点)

・実売:     28,000円程度

・初級者適応度: ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10点)

・感度:     ★★★★★★★★☆☆(8点/10点)

・バランス:   ★★★★★★★★☆☆(8点/10点)

・ただ巻き:   ★★★★★☆☆☆☆☆(5点/10点)

・操作性:    ★★★★★★★★★☆(9点/10点)

・キャスト性:  ★★★★★★☆☆☆☆(6点/10点)

・バラシ難さ:  ★★★★★★★★★☆(9点/10点)

・耐風性:    ★★★★★★★☆☆☆(7点/10点)

・耐荷重性:   ★★★★★★☆☆☆☆(6点/10点)

・破損しにくさ: ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10点)


【推奨使用ポイント】

・堤防、港湾:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・ウエーディング:★★★★★★★★☆☆(8点/10点)

・小中規模河川: ★★★★★★★★★☆(9点/10点)

・大河川、河口: ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10点)

・磯:      ★★★★★★☆☆☆☆(6点/10点)

・サーフ:    ★★★★☆☆☆☆☆☆(5点/10点)


【向いている釣り】

・マルスズキ:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・ヒラスズキ:  ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10点)

・クロダイ系:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・大物根魚系:  ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10点)


本当はアピア製品ばかりになってしまうので最初に書いた時には入れなかった、アピア風神Rアートマジック91ML!!

でもよくよく考えてみたら、この91MLこそランキング第2位に入るべきだと強く思ったので入れ込んじゃった(笑)

そんな91MLの特徴とはブランクスが細い事にあってLクラスの87LXのバット部分をそのまま流用したような華奢な感じが堪らない!!

なのでバット部分が非常に細く、MLクラスなのに耐風性に優れ、感度もずば抜けているのが特徴!!

そんな91MLは第一ブランク(先端部分)を鬼掛けティップ搭載の87LXから、88MLXにも流用してるチューブラティップに変更し、さらに全体の長さを伸ばす事で87LXよりもワンランク上の強度と長さを達成しているように見える!!

その印象ってこんな感じ!!


【アートマジック87LX】

旧ネオンナイト系鬼掛けティップ+87LX用バット
*ネオンナイト=7万円以上する上級者専用モデル

【アートマジック91ML】

91ML用チューブラティップ+87LX用バット

【アートマジック88MLX】

91ML用チューブラティップ+88MLX用バット


まあ、大体こんな印象なんだけど、あくまでも私見なので間違ってるかもしれないけどね??

こんな感じなのでスペック上では5g~28gとなっているけど、MAX18gほどまでが使用可能重量であり、それ以上になると慎重な剣道キャストが必要になってくるほど、繊細な仕上がりになってる!!

前述したように繊細過ぎるが故に背負えるルアー重量が低く、91フィートと一見、遠投性に優れているように見えるけど実は中・近距離戦が得意な一般的な常識から外れたロッドでもあったり??

その為、パッと見にはなかなか理解されないロッドだけど、APIAがわざわざこんな仕様にしたのは意味がある!!

ロッドの特性を決定するのはブランクカーボンの品質と巻き方!!

品質が高い高弾性カーボン、例えば40tカーボンを惜しみなく使用し、何重にもクロスに巻けば、軽くて剛性が高いロッドに仕上がるけど、材料費と手間がかかり原価が跳ね上がるので廉価クラスであるアートマジックのブランク全てには使用できない!!

かと言って湾奥のカリスマであり、論理的でこだわり派の村岡プロと契約し、シーバスゲームにとことん真剣に向き合ってきたAPIAが最廉価クラスであっても手を抜くはずがない!!

そこでとことん時間と手間をかけて決定した仕様が9.1フィートだったって事!!

この長さがあればこの価格で使用できるブランクスであってもセイゴクラスからランカーサイズまで余裕で対応できる柔軟さと強度が確保できる!!

でも誤解しないでほしいのはブランク性能は他メーカーの4万円クラスの性能を持ってるって事!!

なので正直な話、ブランクスの性能だけを比較すると、ダイワのモアザンと同等かもしれないって思う事もあったり??

その為、9.1フィートまでブランク長を伸ばしても感度は全く落ちておらず、吸い込みや食い上げなどの繊細なバイトにも即座に対応できるって事なんです!!

それって高品質で高性能のロッドを使用したい人にはスッゴク嬉しいよね??

くどくなっちゃったけど、話を纏めると一般的な他メーカーのMLロッドと比べるとこのアートマジック91MLは・・・

Lクラス以上、MLクラス未満の非常に繊細なロッドなのでわかってる方には非常にオススメだって事なんです!!

でもこの特性を理解できない限り初級クラス、いや、中級クラスの方であってもオススメできないのが悲しい(泣)





第3位:アピア Foojin'R アートマジック 88MLX


アピア ロッド Foojin' RArt Magic(風神アートマジック)88MLX

アピア ロッド Foojin' RArt Magic(風神アートマジック)88MLX

  • 出版社/メーカー: アピア
  • メディア: スポーツ用品

【評価】

・総合評価:   ★★★★★★★★☆☆(8点/10点)

・実売:     28,000円程度

・初級者適応度: ★★★★★☆☆☆☆☆(5点/10点)

・感度:     ★★★★★★★☆☆☆(7点/10点)

・バランス:   ★★★★★☆☆☆☆☆(5点/10点)

・ただ巻き:   ★★★★★☆☆☆☆☆(5点/10点)

・操作性:    ★★★★★★★★★☆(9点/10点)

・キャスト性:  ★★★★★★★★☆☆(8点/10点)

・バラシ難さ:  ★★★★★★★★☆☆(8点/10点)

・耐風性:    ★★★★★☆☆☆☆☆(5点/10点)

・耐荷重性:   ★★★★★★★★☆☆(8点/10点)

・破損しにくさ: ★★★★★★☆☆☆☆(6点/10点)


【推奨使用ポイント】

・堤防、港湾:  ★★★★★★★★★☆(9点/10点)

・ウエーディング:★★★★★★☆☆☆☆(6点/10点)

・小中規模河川: ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・大河川、河口: ★★★★★☆☆☆☆☆(5点/10点)

・磯:      ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10点)

・サーフ:    ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10点)


【向いている釣り】

・マルスズキ:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・ヒラスズキ:  ★★★★★☆☆☆☆☆(5点/10点)

・クロダイ系:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・大物根魚系:  ★★★★★★★★☆☆(8点/10点)


先に紹介した87LXや91MLとは違い、このアートマジック88MLXは全ての中級クラスの方に最適なモデル!!

アピア製品特有の難しい癖があるわけではなく、初級クラスから中級クラスに上がってきたばかりの方にもおススメできるぞ!!

そうは言っても中級クラスなのでロッドがルアー重量と形状を選ぶので注意!!

そんな88MLXは軽いルアーでもディアルーナ以上にぶっ飛んでいくのに、ラテオ並みにバラしにくい適度な柔らかさ!!

ルアーを意のままに操れるティップのハリとランカーを掛けてもぐいぐい引き寄せてこれるバットの粘り!!

更にFUJI TVSグリップによるビンビンの感度で3万円以下の価格でこれほど高性能で使いやすいロッドは他には無いっ!!

はっきり言っちゃいますっ!!

普通の中級クラスの方ならばアートマジック88MLXが一番釣れる!!

そんな釣れる理由とは先の91MLとは違って背負えるルアー重量が7g~35gと幅広い為に遠投性能に秀でているのとLクラス並みの感度と操作性を持っている事!!

これってちょいとずるいよね??

これが湾奥のスレシーバスに最高に効くんです!!

沖合を回遊するフレッシュなシーバスにも届くし、びんびんの感度でどんなにシビアな状況であっても釣れるのが凄い!!

それでオススメするアクションは操作性の良さと高感度を利用して、積極的に魚を掛けていくチョイチョイアクションこそがベスト!!

でも操作性が良いのと引き換えに細身なのにハリのあるティップの影響で、同じチューブラーティップであるラブラックスAGSよりもただ巻きがしずらいのが欠点かな??

そんな88MLXは”X”がついている事からわかるように、全体的に一般的なMLクラスよりもハリが強く、しゃきっとしている!!

なのでアクションメインの中級者に最適なのです!!

こんな最高のアートマジック88MLXなんだけど、やっぱり欠点があるんだよね!!

その欠点とは87LXと同じく、APIAの中国での品質管理が安定していないが故に、ガイドが曲がってたり、ティップの先端が曲がってたり、継ぎが甘く、フェルールが抜けやすいなどの問題をきちんと対処できる方に向いているって事!!

そんな面倒くさいロッドだけども、MLロッドなので使用方法はいたって普通!!

仕様範囲内のルアーであれば初級クラスで培った経験に則って使えばOK!!

なので簡単、お手軽なのに1ランクも2ランクも上の飛距離と高感度、そして満足感を与えてくれる凄いロッドって事なのです!!

まあ、ちょいと面倒くさいのを我慢できればって問題はあるけどね(笑)

それで当たりのロッドでもすっぽ抜けが頻発するので、フェルールワックスは必須だぞ!!

ここで追記で・・・

この88MLX、上記の87LXや91MLとは違って使用できるルアー重量が上がっている分、どうしてもバット部分が太くなってる!!

その為、風があると振り抜きが悪かったりする場合が多いのでそれも欠点かな??

でも他メーカーロッドと同等の太さなのでそれが欠点と呼べるか?って感じだけど・・・

ま、87LXと91MLの完成度が高すぎるので、敢えて言っちゃうてな感じなのです(笑)





第4位:ダイワ ラブラックスAGS 96ML


ダイワ(Daiwa) ロッド ラブラックス AGS 96ML

ダイワ(Daiwa) ロッド ラブラックス AGS 96ML

  • 出版社/メーカー: ダイワ(Daiwa)
  • メディア: スポーツ用品

【評価】

・総合評価:   ★★★★★★★☆☆☆(7点/10点)

・実売:     30,000円程度

・初級者適応度: ★★★★★★★☆☆☆(7点/10点)

・感度:     ★★★★★★★☆☆☆(8点/10点)

・バランス:   ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10点)

・ただ巻き:   ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・操作性:    ★★★★★☆☆☆☆☆(5点/10点)

・キャスト性:  ★★★★★★★★☆☆(8点/10点)

・バラシ難さ:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・耐風性:    ★★★☆☆☆☆☆☆☆(3点/10点)

・耐荷重性:   ★★★★★★★★★☆(9点/10点)

・破損しにくさ: ★★★★★★☆☆☆☆(6点/10点)


【推奨使用ポイント】

・堤防、港湾:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・ウエーディング:★★★★★★★★☆☆(8点/10点)

・小中規模河川: ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・大河川、河口: ★★★★★★★☆☆☆(7点/10点)

・磯:      ★★★★★★★☆☆☆(7点/10点)

・サーフ:    ★★★★★★★☆☆☆(7点/10点)


【向いている釣り】

・マルスズキ:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・ヒラスズキ:  ★★★★★★★☆☆☆(7点/10点)

・クロダイ系:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・大物根魚系:  ★★★★★★★★★☆(9点/10点)


このラブラックスAGSは9.6フィートと長いので各項目で高得点を得てるんだけど、数字に騙されちゃいけないぞ??

端的に言ってしまうと点数は高いんだけど、高感度のAGSガイドを搭載してるのにアクションさせるのは厳しい悲しすぎる歪なロッド!!

なのでラブラックスAGSは、ただ巻き専用ロッドとして使用するのが正しいぞ!!

正直ね、遠投できてアクションもさせられる高感度ロッドが欲しかったんだけど、いざ使ってみると失敗したぁ~って悲しい気分に??

でも使っていくうちに、それなりの価値を見出したんだけど・・・やっぱりアクションさせ難い(泣)

その理由はブランクにあって太くてこらえ性がない軽すぎるバット部分(元径)と、太いフニャフニャティップのコンビネーションが最悪!!

そんなフニャフニャブランクに超軽量なAGSガイドを付けたって意味がないんです!!

5m以上の横風が吹くと吹き上がっちゃってロッド全体が曲がっちゃうし、微風時のキャストでも一瞬の風で決まらない事もあったり??

そんなヤワヤワなロッドなのでアクションさせると全体がしなって手首に多大な負担が??

中でも一番きついのがレンジバイブ70TG(20g)のシャクリ!!

しゃくるとまずティップがお辞儀して、そこから一瞬タメがあってから根元まで曲がるので肩を使っても、グン、グググ~ってな感じで一気にしゃくる事が出来ない(泣)

これってもしかして96MLで長いブランクスのせいかもとも思ったので、釣り場に来てた知人にお願いして90MLと90M、そして87LMLを試したけど・・・

やはり90MLも同じ感覚だったし、87LMLは7~28gまで対応してるけどそもそも折れそうでキャストしにくいし、思いっきりシャクる事もできない!!

それで90Mはちょいと良い感じなんだけど、先重り感が凄くて長時間、アクションさせるのは厳しすぎる!!

ならばとレンジバイブ70ES(15g)に落としてみてもやっぱり二段階お辞儀の悪癖が収まらない(泣)

実は格下のラテオ96ML.Qなら、もう少し快適にアクションさせられるんだよね!!

これって実売で6割程度のラテオに負けちゃってるじゃん??

てな悲しい思いがふつふつと(泣)

それで私がインプレしてるのは全て慣らしを終えた新品ロッドであって、ブランクスがヘタリ切った中古じゃないぞ??

それでこのフィーリングって・・・泣きそう!!

散々、このロッドで試してたので腱鞘炎になっちゃってキーボードを打つたびに悲鳴を上げてた苦い思い出が(泣)

そんなラブラックスAGSとアピア風神Rを比べてみるとやっぱりアピアの方が耐風性は高いし、振り抜きも良い!!

じゃあ、ラブラックスAGSに一番似合ってる使用方法って何なの?って、躍起になって試してみた結果が、ただ巻き専用ロッドだったって事!!

正直ね、このラブラックスAGSシリーズはいくらAGSガイドがついていようとも、アクションさせようと思ってはいけません!!

そんな悲しい思いをインプレでぶちまけてるのでお暇なら、こちら を読んでみてね(笑)

それで結論としては二万円程度プラスして上位機種のモアザンか、ラテオを購入した方が幸せになれると思うのです!!











今回も暴言と偏見丸出しで評価してみたけど・・・

少しは皆さんの参考になったかな??

本当は他にもいっぱい紹介したいロッドがあるんだけど、って、ちゃっかり追記したりして(笑)

それにしても見事にアピア製品ばかりになっちゃったねぇ~!!

実は正直に言うと中級ロッドは他にも・・・

・シマノ EXCENSE

・ダイワ モアザンAGS

・ヤマガブランクス BALLISTIC

・Gクラフト セブンセンス

・APIA 風神AD

などがあるけども、どれも4万円後半以上と高価なので中級クラスとは言えないってのがあるのでパァ~ス!!

まあ、こんな感じでのんびりまったりなブログなので・・・

お気楽極楽な感じで今後もやっていくぞぉ~~!!






釣り場でロッドが折れる音を聴くと心臓が縮み上がるような恐怖感を感じる・・・むうでした!!

 
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0