ステラとイグジスト・・・ホントに良いのはどっち??
So-net無料ブログ作成
検索選択

ステラとイグジスト・・・ホントに良いのはどっち?? [釣り:リール]

シマノ、ダイワの最高峰リールの比較インプレ!!

IMARIB20160807240319_TP_V.jpg

今回は持っていると釣り人たちが狂気乱舞する最高級リールの比較記事!!

でも最初に言っとくけど・・・

シマノ製のステラもダイワ製のイグジストももう持ってないっ(笑)

あはは・・・じゃあ何故、こんな記事を書いたんだって??

だって、これらの評価ってどうなのって結構な頻度で聞かれちゃうので・・・

正直、説明し続けるのが面倒くさくなっちゃったってのがあったり(笑)

なので今回は最高級リールのステラとイグジストのどっちがおススメなの?って考察なのです!!

でね、比較するのは2014年モデルのステラと2015年モデルのイグジストの現行型って事で・・・

なので発売されていない2017年モデルはわかりませ~んってな感じ(笑)

それで対象とする上記リールを釣り方と魚種で分けると・・・

★メバル、アジ、カサゴ狙い

・シマノ ステラ 1000PGS 2014年モデル

・ダイワ イグジスト 2003C 2015年モデル

★シーバス、クロダイ、カレイ、マゴチ狙い

・シマノ ステラ C3000 2014年モデル

・ダイワ イグジスト 2508PE 2015年モデル

って事で、因みにシーバス用モデルは1日ほど借りて試しただけなんだけど・・・

こんな高級機種なんて何個も買えるわけがないので許してね(笑)

そんなふわふわな感じながら・・・今回も行っちゃうぞ(笑)


 



最初に結論として・・・絶対におススメはシマノ製ステラ!!

最初に結論を言っちゃうけど・・・やっぱりおススメはシマノのステラ!!

ボディの堅牢感、スムーズなギアの回転、大物を掛けた時の耐久性、ゴリ感や異音の出にくさ、そして所有した時の満足感など全ての項目において・・・

やっぱりステラが全てのリールの中で最高であることは間違いないっ!!

ではなぜそう思うのか・・・それをこれから説明していきたいんだけど、その前に・・・

実はステラってホントに現リールの最高峰だって思うんだけど・・・

ステラには一つだけ大きな問題点があるんだよね!!

それは・・・定価が8万円ほどするって事!!

なので実売で6.5万円ほどするのが本当に玉に瑕(泣)

そんな感じなので4か月間ちょい使用した新品同様のステラを買い取ってもらうと4万円くらいにはなっちゃった・・・って、値崩れしすぎだろってちょいと思うけど・・・

1か月ほど使用したイクジストはなんやかんやとケチをつけられてネットで出てる買取金額よりもかなり値が下がるので・・・

ま、いっかぁ~的な感じ(笑)

うわぁ~~~・・・今更ながらホントに勿体ないっ!!

お金をドブに捨ててる感じだよね・・・なので個人的にはいくら良くてももう買いたくない(泣)

やっぱりね、どんな最高のモデルであっても安い新品の実用的リールを買えちゃうくらいの費用をメンテナンス代で請求されたら・・・

超庶民にはとてもじゃないけど維持できないって話なのです!!

でもね、そんな苦労を背負ってもやっぱり最高のリールが欲しいって願うのは釣り人の性質なので・・・

この際、なぜステラが最高なのかって理由を改めて考察しちゃうぞっ!!





何故、おススメはシマノのステラなのか??

まずはおススメのシマノ ステラ1000PGSの外観ってこんな感じ!!

【シマノ ステラ 1000PGS】

シマノ リール 14 ステラ 1000PGS

シマノ リール 14 ステラ 1000PGS

  • 出版社/メーカー: SHIMANO(シマノ)
  • メディア: スポーツ用品
・定価: 79,800円

・実売: 61,000円前後

かっこい~でしょ~??

駆動機構もすごくて・・・

・HAGANEボディ:
 金属製のボディで聞いたところではマグネシウム製らしい、
 なので軽いのに非常に剛性が高く、大物でも歪んだりしない
 ので駆動機構のギア落ちなどが起こりにくく、小さいリール
 でも安心して大物と遊ぶことができる最高のボディ(笑)

・X-SHIPギアシステム:
 ハンドルの回転をスプールシャフトの上下運動と回転に変換する
 高耐久性を誇りながらもスムーズでしかも強力な力を発揮できる
 現在市販されているギアシステムの中で最高の機構

・マイクロモジュールギア: 
 ギアの歯を従来モデルよりも細分化(小さく)することにより、
 ギア同士をより密着させてハンドルを回した際のがたつきや
 もたつきを解消

・新形状ストッパーベアリング:
 ローターやスプールシャフトの接点であり、新形状とすることで
 摩擦抵抗と回転のがたつきを低減

・Gフリーボディ:
 ハンドルの回転をスプールの上下運動に変換するシャフトであり、
 重量物であるウォームシャフトを上部に配置することにより、
 同じ重さであっても振り子効果が低減することにより、より軽く
 扱えるようになった

・チタンベール:
 ラインが常に接触するベールをステンレスからチタンに変更する
 ことにより、ラインブレイクの原因となるサビや傷が低減する

・コアプロテクト:
 撥水効果を各部に持たせたことで水や砂などの遺物の侵入を低減
 内部機構をサビやゴリ感から守り、初期性能を長期間にわたって
 維持する

などなどなどなど・・・これだけ書いてもステラの良いところを抜粋した感じ!!

なのでほんとにすごく良いリールなのです・・・って、それでも定価8万円はぼったくりすぎだろって思うけどね(笑)

そんなステラってドラグとギアが果てしなくスムーズだし、軽いし、剛性が非常に高いしでホントに最高で、中でも秀逸なのが・・・

HAGANE(金属)ボディと、回転を支えるX-SHIPのギア機構!!

14ステラ内部機構.png

これがね・・・ホントにすごくて、ハンドルをゴリゴリ巻かなくてはならないよう15キロ程度の1m越えのツバクロエイをライトゲーム用の1000PGSで掛けちゃってもランディングできちゃうし、その後もゴリ感なんて全くでないのがすごいっ!!

そんな最高の機構って図面を見ればわかるので・・・よ~~~く見てみてね(笑)

14ステラ1000PGS.jpg
こんなにも耐久性と剛性感、そしてパワーを両立させた機構を採用しているので・・・

やっぱりステラって最高におススメできるのですっ!!





ダイワ イクジストがおススメできない理由!!

それで対抗馬のダイワ イグジストって定価が8万円以上で実売でも6万円以上する、上記ステラと並ぶ超高級モデル!!

でも残念ながらやっぱりおススメできないのが残念っ(泣)

【ダイワ イグジスト 2003C】

ダイワ  リール 15 イグジスト 2003C

ダイワ  リール 15 イグジスト 2003C

  • 出版社/メーカー: ダイワ(Daiwa)
  • メディア: スポーツ用品

・定価: 76,000円

・実売: 68,000円前後

この理由ってステラは部品数が多くて複雑だけど、ハンドルの回転をよりスムーズに入力された力をより強力に伝えてしかも耐久性に優れる最先端のX-SHIPを搭載しているのに対して・・・

ダイワのイグジストってシマノでは定価が1万円以下の最廉価モデルにしか採用していないS字カム方式って事!!

なぜか2015年モデルの展開図面ってダイワから公開されていないんだけど・・・

この問題って一世代前の2012年モデルの図面を見れば一目瞭然!!


2012ダイワ イクジスト.jpg

因みに実売で68,000円前後するダイワのイグジストと同じ駆動機構を持つシマノの廉価リールがセドナ!!

【シマノ セドナ 1000S】

シマノ リール 15 セドナ 1000S

シマノ リール 15 セドナ 1000S

  • 出版社/メーカー: SHIMANO(シマノ)
  • メディア: スポーツ用品

・定価: オープン価格

・実売: 5,000円前後

そんなセドナの展開図がこれ!!

15セドナ展開図.jpg

ダイワ製のリールって全てこれと同じ、かなり昔の駆動方式であるS字カム方式!!

なのでダイワの最高機種と同じ機構を持つリールがシマノ製だと16個ほど買えちゃうのが残念すぎるっ(泣)

でもイグジストってセドナとは比べ物にならないくらい、高価な部品を採用してて・・・

・ボディがより軽量で剛性の高いザイオンカーボン製

・UTドラグよりもスムーズなATドラグを採用

・賛否両論だけど高価なマグシールドを採用

・12個のボールベアリングと1個のローラーベアリングを採用
 (セドナは3個/1個だけ・・・笑)

だったりするけど・・・

リールで一番重要なのは高荷重を受け止めてもスムーズな回転を生み出す駆動であり、高い耐久性が求められる機構のはずだよね??

なのに何故、高い荷重がかかると壊れやすいS字カム方式を未だに採用してるの??

えっ、立ち上がりの軽さがステラよりも良いし、ハンドルが軽いのが最高だって??

確かに未使用の新品時にはシマノのX-SHIPってグリスがギアに馴染んでいないので重く感じるよ!!

でもね、ギアが馴染んでからの耐久性と反応の良さを比べちゃうと、ダイワもシマノも同じくらいのフィーリングになるの!!

それにね、このS字カム方式の最大の欠点って・・・

・高過重がかかるとシャフトが微妙に曲がる事が多い

・S字カムとオシレーティングギアが摩耗してゴリ感や引っ掛かりが出ることも多い

って悪癖が機構上、解消できないってことにあるの!!

なので例えばイグジスト2003Cで1m超えの赤エイを掛けちゃうと・・・

一発でシャリシャリ感とハンドルの引っ掛かりが出ちゃって嫌になるのです!!

まさか、この事実が広く衆知されてしまうと売れなくなるのでわざと現行モデルの展開図を公開してないとか??

うわぁ~~・・・もしそうだとすると怖すぎるぞっ!!

ねえ・・・この事実を知ってもまだイグジストが最高だって言えるのかな??





こんな感じでの・・・結論(笑)

こんな感じなので・・・やっぱりおすすめはシマノのステラ!!

補足で夏場のシーバスゲームならアリだけどライトゲーム用にハイギアを考えているのなら・・・

ハイギアは巻きが重いし、そもそもライトゲームで狙うお魚ちゃん達には早巻きは必要ないって思うので除外したほうが良いかもよ??

ほら早巻きってただ巻き時にしか使用する機会がないし、繊細な居食いやアタリが多い小物ちゃん相手に早巻きするよりはアクションをつけた方が断然釣れるでしょ!!

でもハイギアならラインスラックを早く回収できるので有利だって??

ならフェザリング(キャスト時、JH着水直前に指でスプールをそっと抑えてラインの出方を調節する行為)を行えばいいので、ラインスラックを回収するためだけにハイギアを使用して、肝心の誘いが大味になってギクシャクさせちゃうのってもったいなさすぎると思わない??

ってなことでやっぱりこんなに高いリールを購入するのなら・・・

おススメはステラのパワーギアだって思いながらも・・・ヴァンキッシュやツインパワー、ストラディックなども非常に良いし・・・ならば、それらよりもコストパフォーマンス抜群のソアレBBやエクスセンスBBなどがホントに使いやすくて自分でメンテできるので最高だって思っちゃったりして(笑)

あはは・・・最後の最後で今回の趣旨から思いっきり脱線しちゃった(笑)

こんなふわふわでも・・・

ま、いっかぁ~ってなことで(笑)








【関連記事】

シマノとダイワ、リール駆動方式で優れているのはどっち?? 

安くて使いやすい!! シーバスリールランキングとインプレ 

ライトリール シマノソアレBB C2000PGSS インプレ








そんな疑問を呈したままで・・・今回の記事はおしまいっ!!

これでまたクレームが来るんだろうなぁ~・・・って、思いながらもどうやって反論しよっかなぁ~って、ちょいとワクワクしながら待ってたりして(笑)

でもさ、前にも言ったように良いモノは良い、悪いモノは悪いって見知らぬ誰かに遠慮してはっきり言わないなんてすっごく気持ち悪いので・・・仕方ないよねぇ~(笑)

ってなことで・・・次回までばいびぃ~!!





Pyonko & Mu From Tokyoでしたぁ~!!


 
nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 16

コメント 2

tarou

こんにちは
このところ、風が吹く日が多く船が出せずに
ストレスが溜まっています。
三連休には、釣りに行きたいです。

釣り道具、高いのでなかなか
新しいものは買えません(~o~)
道具に頼らず、自分の腕を信じて
頑張ってます。

by tarou (2017-03-17 08:58) 

むうぴょんこ

Tarouさん、おはよぉ~!!
うんうん、釣り道具ってその機構と素材にしてはぼったくり・・・
いやいやいや・・・そう言っちゃっては元も子もないので・・・高すぎるよね・・・ってなことで(笑)
それで三連休・・・明日、3/18土曜日、昼間の10時~16時までなら空いてるのでOKだけど・・・混んでて釣れない日中の湾奥なんてやりたくはないよね??
でももし興味があったら、もしかすると日中でも釣れるかもしれない、車で行けるポイントに案内しまっせ(笑)
あっ、ちなみにライトゲームタックル推奨なので・・・
もし持っていなかったらロッドからJHまでお貸ししますのでその際は言ってね!!
では・・・もし興味があればってなことで・・・ばいびぃ~!!
by むうぴょんこ (2017-03-17 09:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1