自宅にいながらシーバスが爆釣するポイントがわかる方法!!
So-net無料ブログ作成

自宅にいながらシーバスが爆釣するポイントがわかる方法!! [釣り:釣り場ポイント]

海中の溶存酸素、これがポイントだ!!

IMARI20160806165917_TP_V.jpg


やっほ~~~っ、今回は前に言ってた”自宅にいながらシーバスがたまってる場所がわかる方法”!!

えへへ・・・天邪鬼なので次回って言ってるテーマは絶対にやらないって思ってたでしょ??

なので裏の裏をかいて今回、堂々とお披露目しちゃうぞっ!!

正直に言っちゃうとこのテーマ・・・公開しちゃうと怒る人がたくさんいる!!

だから結構悩んだんだけど、釣り場って誰のものでもない、みんなの場所だよね??

なのでこれを参考にしてくれる方は周りと先行者の方々へのマナーを守りつつ、みんなで楽しく釣りしてもらえたらうれしいな~ってな思いから公表しちゃいますっ!!

ではそういう大人な方のみを前提に・・・

いきまっしょい!!


 




溶存酸素って非常に重要なのです!!

まずは冒頭のタイトルに挙げた『溶存酸素』って単語が今回のキーワードって事から始めるね!!

この溶存酸素とは文字通り、海水に溶け込んでいる酸素量の事!!

これって研究者の間ではDissolved Oxygen=DOって表現されることが多い、釣りを行う上で非常に重要な言葉なのです!!

ほら、動物って下は動物性プランクトンから上はジンベイザメまで海水に溶け込んでる酸素を体内に取り込んで活動してるでしょ??

そういった海洋生物も生き物の一種なので、わかりやすく同じ生き物である人間で例えると・・・

人は酸素量が多い低地では活発に活動できるけど、富士山の頂上などの高所では空気中の酸素量が少ない為、高山病を発症して活動できなくなり、最悪の場合、死に至ることもあるよね??

これと同じように海洋生物にも人間と同じく酸素が必要なんだけど、湾の形状によっては海中の溶存酸素量が少なくなることがある!!

そんな海洋生物にとって重大な危機が頻繁に発生するのが東京湾や名古屋湾などの陸地に大きく入り込んだワンド形状になっている大きな”つぼ型湾”!!

そんな東京湾や名古屋湾などのつぼ型湾では、いくらつぼの入り口付近で激しく潮流が起こっても、湾内にまで入り込むことはほとんどない!!

なので湾内の海水は新鮮な海水と入れ替わることがなく、湾内で同じ海水がぐるぐると回っているだけって事が起こる!!

その結果、長い間、水を入れ替えていない水槽と同じように湾内の海水が腐ってきちゃう!!

そんな腐り水に最初に大量発生するのが植物性プランクトン!!

植物性プランクトンは地上の植物と同じく光合成により酸素を出すんだけど、その影響で次に大発生するのが植物性プランクトンを餌とする動物性プランクトン!!

ここである程度の量で収まってくれればいいんだけど、餌となる豊富な植物性プランクトンが大量にいるので増加は止まることがなく、今度は動物性プランクトンが大量発生!!

すると・・・

それまで入れ替わらない海水に酸素を供給していた植物性プランクトンが少なくなり、さらに酸素を大量消費する動物性プランクトンが異常発生するので、海中の溶存酸素量が激減、結果、大量の動物性プランクトンが死滅するという事態に陥るのです!!

因みに一般的に死滅した動物性プランクトンが大量に集まったら赤潮・・・植物性プランクトンの死骸が大量に集まると青潮という現象になるのだけど・・・

ほんとはもっと詳しい説明が必要だけど、面倒くさい!!

なので、これら赤潮、青潮が発生すると『海中の溶存酸素量』が異常に減った超危険な状態であり・・・

特にその傾向が強い東京湾では、年間通して、『海中の溶存酸素量が少ない貧酸素水』が常態化しているとだけ理解してくれれば大丈夫だぞ!!

因みに同じ”湾”でも、瀬戸内海に面した大阪湾は潮流が一方から他方へと流れる構造になっており、湾内の海水が常時入れ替わるので、こうした問題が非常に起こりにくいって特徴があるぞ・・・って、うらやましい(泣)





溶存酸素飽和度による危険度の説明!!

そんな海洋生物が生きるために重要な要素である溶存酸素量は、その酸素量によって危険度が変わってくる!!

因みにその危険度とは・・・


【溶存酸素飽和度による危険度】

★溶存酸素:飽和度

・10ml/リットル以上:  200%以上 MAXハイテンション

・7ml/リットル:    140%   高活性    

・5ml/リットル:    100%   生き物イキイキ!!

・2.5ml/リットル:   50%    貧酸素水 かなりげっそり

・2.0ml/リットル:   40%    魚類死滅

・1.0ml/リットル:   30%    貝類死滅

・0.5ml/リットル:   10%    即、窒息・・・なんまんだぶ~!!


この表から魚が生きていくうえで少なくとも4ml/リットル程度の溶存酸素が必要だってことがわかるよね??

では上記、数値を前提にこの図面を見てみて!!


2016_09_28_20PM.png

*出展元:千葉県庁水産課HP
http://wwwp.pref.chiba.lg.jp/pbcbsuishi/cbtk/04tk-suitei/fig/04tksui15.png


これは千葉県水産課のHPからお借りしてきた2016年9月28日20時の東京湾の状況!!

地図上では千葉県市原市の北西から、大田区羽田空港沖にかけて大きな貧酸素水隗があるのがわかる!!

さらに隅田川からお台場、羽田空港近くにまで同じ青色の貧酸素水隗があるでしょ??

これらの貧酸素水隗の溶存酸素濃度は1ml/リットル!!

って事は貝類すら生き残れない超危険な海水だってこと!!

これらの貧酸素水隗がある海域は深いところでも水深が5m~20m程度と非常に浅く、表層にまで影響が及んでいる事が推察できるので・・・

海洋生物たちはとっとと逃げ出してるはずだって推察できちゃうのです!!

因みに参考として東京湾の海底図は海上保安庁のHPから見れるので興味があったら訪問してみてね!!

【海上保安庁 東京湾海底図】

http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN3/sodan/news/2006/1810tokyo-kaitei.htm





貧酸素水隗って同じような場所に発生するもんなんです!!

上記説明で海洋生物は海水に溶け込んでる酸素量が少なくなれば生きていけないって事がわかったと思うけど、それがなぜ釣りに影響するのか、イマイチ理解できないって人も中に入るかな??

なので簡単に言っちゃうと溶存酸素が少なくなると・・・

餌となる動物性プランクトンが少なくなる⇒小魚が少なくなる⇒中型魚も少なくなる⇒大型魚であるシーバスもいなくなる!!

こういうことなのです!!

なので分かってきたでしょ??

東京湾でシーバスを釣りたくば、溶存酸素量が多いポイントに行け!!

これが『自宅にいながらシーバスがたまっているポイントがわかる方法』なのです!!

えへへ・・・シーバスだけじゃないよね・・・アジやサバ、イワシやクロダイ、メバルやカサゴ、ベラやクロソイなど、すべての魚はこうした溶存酸素量が多い釣り場に集中してる!!

ま、いうなれば移動するバイキングレストラン的な感じかな(笑)

それで移動するって書いたのは基本、貧酸素水隗って腐りきった海水なので、普通の海水よりも重い場合が多い!!

なので海底にたまる場合が多いんだけど、表層の海水が日光で暖められたり、夜になって冷やされて水流が発生して循環されるので、少しづつ移動していくのが特徴なんだよね!!

なので日によって貧酸素水隗がある場所って変わるんだけど、台風でも来ない限り、その海域ってすべての季節でほぼ同じ場所で発生してる!!

ってことは・・・

逆に常に溶存酸素が高いポイントも存在してるので次の項目でポイントの紹介をしちゃうぞ!!





釣れるポイントのヒントは図面にあった!!

えへへ・・・ではここからがみんなが待ち望んだ本題(笑)

ヒントは先ほどと同じ地図を見れば一目瞭然!!



2016_09_28_20PM.png


なぜ、この日、この時間を選んだのか??

それは釣行時にわざわざ調べなくても、年間通じて、東京湾の顕著な特徴がこの日に出ているから!!

えへへ・・・なので過去記事でも言ったでしょ??

東京湾奥で一番釣れるのは利根川水系の旧江戸川だって!!

荒川水系の荒川と隅田川は釣果が落ちるし、隅田川下流のお台場はもちろん、多摩川水系の羽田空港近辺もかなり厳しいって事!!

それで図面では市原市の養老川から7ml/リットル前後の海域があるけど、これは時期的に養殖海苔が発生させた酸素がいきわたってるだけなので・・・

年間通じて良いのは袖ケ浦市から木更津市にかけてのポイントなんだけど・・・

それだったら房総半島の先端から東側まで行っちゃったほうが良いと思うぞ!!

って、詳細は サビキ釣りシリーズで紹介した記事 を参考にしてね!!

でも中には毎回状況を確認したいって方もいるでしょ??

そんな方の為に千葉県水産課HPのリンクを貼っておくね!!


【千葉県水産課 貧酸素水隗調査報告】

https://www.pref.chiba.lg.jp/lab-suisan/suisan/suisan/hinsanso/

ここの『10日間推定結果一覧』をクリックすれば直近10日間のデータが見れるぞ!!





結局、東京湾以外の常に魚がたくさんいるポイントがベストだけどね(笑)

今更だけど、この『溶存酸素量による釣果』ってのは、あくまでも東京湾全体をマクロ的な視点から見た考察であって・・・

ミクロ的な視点では逆に貧酸素水隗の中でピンポイントに酸素量が極端に高いポイントもあるので、溶存酸素量が少ない=絶対に釣れないって事ではないぞ!!

でね、こうしてみると東京湾ってホントに汚い海ってことがわかるでしょ??

なので本音を言うと、せっかく時間とお金を使って釣りに行くのなら、東京湾の少ない魚を狙ってセコセコ釣りなんかせずに・・・

東京湾以外の魚がたくさんいるポイントで楽しく爆釣したほうが絶対に楽しいって事なのです!!














ということで今回のお話は終了ぉ~!!

ま、参考にするかしないかは・・・あなた次第ってことで(笑)

でね、こうした情報を快く思わない方も釣り人の中にはいるので・・・

読んでくれた方は秘密にしてね、ってことで(笑)

でも、みんながそうしてしまうと不人気ブログがもっと不人気になっちゃうけど・・・

ま、いっかぁ~、ってな感じだよねっ(笑)









みんなでマナーを守って釣りをすれば、みんなが笑顔になると思う・・・むうでした!!


 
nice!(26)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 26

コメント 7

Y.Tachi

釣りも奥が深いんですね~!
どんな趣味をするにしても、
マナーは守りたいものです・・・
by Y.Tachi (2016-10-03 01:28) 

SORI

むうぴょんこさん おはようございます。
溶存酸素は高校時代の思い出です。生物部に所属していて月に一回六甲山の池のプランクトンを採集していて種類別の数の変化を記録していました。その時に同時に計っていたのが溶存酸素とPHでした。
by SORI (2016-10-03 10:01) 

むうぴょんこ

Y・Tachiさん、コメントありがとっ!!
えへへ・・・釣りってゲームとは違って自然相手なのですっごく奥が深いんです!!
実は重要な釣る為の要素って他にも潮の満ち引き(大潮、小潮、満潮、干潮など)、潮流の速さ、光量(日差しやシェード、夜間の常夜灯や暗闇)、海水温(魚種によって適正水温が違う)、海底の様子(岩礁、砂地、藻場、河川の流れ込み、みお=離岸流のあるなし)、釣り人の多さ、そばに航路があるかないか、航路の深さ、近くに産卵場所があるかどうか、餌となるベイト(小魚)の有無・・・などの釣り場の要素から、ルアーの選定、キャストするポイント(アップクロスかダウンクロスか)、アクションなどなど・・・箇条書きでも面倒くさくなって書ききれないほど考慮しなくてはならない項目があってホントに大変なんです(笑)
でもその面倒くささが・・・また愉しい!!
えへへ・・・そんな釣りのみならず、ツーリングもマナーをみんなが守ればもっと笑顔になれるよね!!
そういえばあのバイカー独特のピースサイン・・・
今では誰もしてる人がいないみたいなのは寂しいよね(泣)
by むうぴょんこ (2016-10-03 22:14) 

むうぴょんこ

SORIさん、コメントありがとっ!!
えっ、高校時代、六甲山まで登ってたの??
まさか徒歩じゃないですよね??
車でも大変なのに・・・やっぱりSORIさんってすごいねぇ~、尊敬しちゃうっ!!
えへへ・・・実は山登りって大っ嫌いで、彼女のご両親からもダイエットにもいいからって散々誘われてるんだけど、やんわりと・・・でも断固として拒否的な私なので・・・絶対に無理っ(笑)
やっぱりね・・・無言でただ歩くだけってのが超退屈で苦手なのです!!
釣りなら48時間ぶっ続けでも苦にならないのに・・・人って面白いね(笑)
by むうぴょんこ (2016-10-03 22:42) 

SORI

むうぴょんこさん こんにちは
高校時代に毎月走って登っていたのは下記の記事の中に出てくる横池(雌池)でした。家が宝塚で、高校が芦屋だったので学校の帰りに電車に乗らずに時々ですが、六甲山頂まで歩いて登って、東六甲ドライブウエーを歩いて宝塚まで行きました。学生服で歩いているので、少なくとも一回は車が停まってくれて親切に「乗りませんか」と声をかけてくれました。
http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2013-03-04
by SORI (2016-10-07 12:33) 

むうぴょんこ

SORIさん、走って登ってたの??
そりゃ・・・現代では『児童虐待の恐れあり』って、国連の女性差別委員会から告発されちゃうかもね・・・って、だから2015年の報告書で日本は国連加盟国で101位なんだね(泣)
困ったもんだ!!
って冗談は置いといて・・・せっかくですが山登りは心の底から遠慮致しますっ(笑)
その間、お近くの・・・御影のにしむら珈琲店の水出し珈琲を飲みながら目の前にあるダニエルってケーキ屋さんのレアフルーツケーキを腹いっぱい食べときますねっ!!
http://unaginonedoko.com/
http://www.kobe-nishimura.jp/index.html
えへへ・・・この二つの組み合わせって最高だって思ってたりして(笑)
by むうぴょんこ (2016-10-11 09:43) 

SORI

むうぴょんこさん こんにちは
にしむら珈琲店、懐かしいです。最初に配属になった神戸の事業所に通っている頃によく行きました。特に1年目は週に4~5
回は行きました。でも酒を覚えて2年目からは主にビールになってしまいました。
ダニエルの中に出てくるカヌレは最近知りました。今、住んでいる家の近くのケーキ屋さんで見つけました。
 http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2015-10-11

今年行ったパリでも見つけて食べました。ちょこっと食べかけの写真が出てきます。
 http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2016-08-29
by SORI (2016-10-11 18:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0