Ghost in the Shell・・・薄過ぎる内容でがっかり(泣)
So-net無料ブログ作成
検索選択

Ghost in the Shell・・・薄過ぎる内容でがっかり(泣) [映画:洋画]

やっぱり押井守監督のアニメ作品の方が見ごたえがあるよねってこと!!



今回は巷では”公開前”はすごく期待値が高かったのに・・・公開された途端、誰も言葉の端に上らせなくなった不幸な作品をご紹介!!

それが2017年3月31日米国公開、同年4月7日日本で公開された・・・

Ghost in the shell スカーレット・ヨハンソン実写版!!

公開前にこれほど盛り上がった作品って近年では珍しいんだけど・・・やっぱりね・・・ちっちゃいっていうか・・・過去作にあった壮大な世界感を無視してこれほどまでに矮小化させちゃった手法が珍しいというか・・・

ってか、ええぃっ・・・まどろっこしい・・・はっきり言っちゃうと・・・

Rupert Sanders監督って・・・〇鹿なの??

あはは・・・のっけからこの大暴走!!

こんな感じで悪態をつきながら・・・行っちゃうぞっ!!

 



なぜ、Ghost in the Shellは支持されているのか??

えへへ・・初っ端から悪態をついちゃったけど・・・やっぱりね、この作品の原作にみんな深い思い入れがあるから期待値が上がりすぎてってなことがあると思うんだよね!!

では何故、この2017年ハリウッド実写版がみんなからそっぽを向かれたのかって事なんだけど・・・

アクションは派手だし、飽きさせないカメラワークも秀逸・・・でも・・・

冒頭でも言ったように究極的に内容が薄すぎる!!

この内容が薄いってのが致命的で・・・

ただ単にスピンアウト作品としての位置づけならこれでもよかったんだろうけど・・・

派手に110億円かけてリメイクしたにしては、深いテーマの掘り下げもなくて、どこかで見たようなステレオタイプな・・・

2006年に公開されたMilla Jovovichさん主演の『Ultra Violet』での近未来ガジェットや・・・

1982年公開のHarrison Fordさん主演の『Blade Runner』にも通じる香港的なガチャガチャした派手な近未来的な街並みの怪しい日本語や外国語とともに・・・

草薙素子(ミラ・キリアン少佐)の恋愛話を全編にわたってブッ込まれてもクマっちゃうぞって事!!

しかも冒頭のホテルの電光掲示板に・・・

『高級ホテル』ってでかでかと・・・って、ありゃ・・・なんなの??

そもそも『高級』であるならば、そんな『高級』なんて単語は恥ずかしすぎて明示しないわけで・・・

品位が全く感じられなくなるので一流どころか、三流ホテルでも絶対にしないでしょ!!

そんな表記をあえて行うとしたら・・・

社長が超気持ち悪いア〇ホテルや、感覚が違いすぎるロッ〇系列ホテルとか、無理やり高級ぶってるけどサービスと内容が超三流のペ〇ン〇ュラホテルくらいしかないじゃんねっ!!

これって『ぱちもん=まがい物』であるゆえに新宿や渋谷などに無数に存在する『ぼったくり店』にも通じる怪しさを隠すために敢えてそうしてるって感じちゃうので、まったくの逆効果だって事!!

これって要は監督の想像力が乏しい事に起因する、視聴者が期待する『攻殻機動隊ならではの世界観の欠如』にもつながって煮え切らない感が全編にわたってまったりしてる的な印象になっちゃってるって事なのです!!






主人公は人の存在を超越して神となる!!

そうは言ってもどこかで見たような街並みはそれなりに原作と過去映画作品にも通じる部分が見え隠れするので良しとするにしても・・・

許せないのが主人公である草薙素子の扱い方!!

このハリウッド版の元となったのは、1995年に公開された押井守監督の劇場版アニメである『Ghost in the shell』であり、そこでの主人公は義体化した、意識高い系女子っていうか・・・

ある意味、仙人的で悟りきったお釈迦さん的な生々しい恋愛などとは無縁の・・・人としての究極の進化を目指してるってのがある!!

そんな主人公が目指す究極の進化ってのが・・・

俗世間から切り離された純粋な意識体っていうか・・・最後には本当に意識だけの存在となってしまうんだけど・・・

それって神様じゃん的な結末を迎えるんだよね!!



GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 [Blu-ray]

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray
Ghost in the Shell 2.0 [Blu-ray] [Import]

Ghost in the Shell 2.0 [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー: Manga Video
  • メディア: Blu-ray

それは予告編にもある、このフレーズ・・・

『人間が人間であるための部品は決して少なくない。
自分が自分であるためには驚くほど多くのものが必要なの。

他人を隔てる為の顔・・・それと意識しない声・・・目覚めるときに見つめる手・・・幼かったころの記憶・・・未来への予感・・・

私の電脳がアクセスできる膨大な情報やネットの広がり、それらすべてが私の一部であり、私という意識そのものを生み出し、そして同時に私をある限界に制約し続ける』

これは劇中の草薙素子の言葉だけど、深すぎる内容でしょ??

正直、哲学的過ぎて・・・娯楽作品なのに一体どこに向かってるんだって疑問もちょいと感じることもあるけど・・・

でもそんな重厚なテーマをとことん突き詰めた内容が視聴者を虜にするわけで・・・

これこそが『Ghost in the shell』であり、攻殻機動隊だって思うんだよね!!





2017年版は新手の相撲レスラーなのが痛すぎるぞ??

でも残念なことに2017年スカーレットヨハンソン版にはその意識高い系の重厚さと高貴さが全く感じられないのが残念っ(泣)

一応、主人公は悩んでるよ・・・・自分がどうして義体化しているのか、繰り返し現れる夢などね!!

でも押井守監督作に比べたら悩んでる内容が・・・ちっちゃい、ちっちゃ過ぎるっ!!

正直、だから何っ?って怒りをもって叫びたくなっちゃう!!

初っ端から義体化してる現実があるわけだから、現実を受け入れて割り切っていないとダメだし、サイボーグなので生殖機能なんてないはずなのにそんな恋愛ごっこで思い悩んでるとしたら・・・

そもそも論で作品そのものが成り立たないでしょ(怒)

それに作中の公安って米国のNSA(National Security Agency=アメリカ国家安全保障局)と同等なわけだし・・・

秘密裏に暗殺することが業務の公安九課で命令を遂行する事なんてできっこないぞっ??

なのにうじうじうじうじうじうじといつまでも・・・

ホント・・・〇鹿じゃないの??

それに押井守監督作品同様、素直に『天才ハッカーであり、意識バリ高系で人外の人形遣い』を出せばいいモノを・・・

何ゆえ、別ストーリーの『個別の11人』でのクゼ・ヒデオをわざわざ持ってきたの??

それにクゼがかつての恋人だったって??

話が違いすぎるじゃん!!

それに物語のコアな部分を務める荒巻が・・・北野武ってどーなのよ??

どこまでも小者感たっぷりでチンピラ感丸出しのド下手な演技!!

あのさ・・・いーたかないけどさ・・・彼が出た途端に陳腐な絵になっちゃうのでホントにやめてくれないかな??

そんな感じでなんでもブッ込めばいいってもんじゃないでしょ??

これが企画されてから10年近くハリウッドで揉まれた結果なの??

はぁーーーーーっ、もう・・・〇鹿じゃないの??

もう、ここまで言っちゃったら、隠さずに最大の不満も言っちゃうけど・・・

スカーレット・ヨハンソンさん・・・太もも太すぎ、足短すぎ、ウエストでかすぎ!!

なので光学迷彩服の時・・・新手の相撲レスラーかと一瞬、思っちゃったぞ??

それくらい見るに堪えない不憫なスタイルが痛すぎるっ!!

って・・・TED体形の私が言うなって??

あはは・・・ゴメン、ゴメン・・・でもやっぱりイメージと違うのは困るので・・・

できればBarbara Palvinさんとかねぇ・・・考えてくれなかったのかなぁ??







そうは言っても宗教感の違いで表現できない事ってあるよね??

さんざん悪態をついてるけど、宗教に寛容な日本人とは違ってできない事もある!!

例えば押井守監督版のテーマである・・・究極的に人が進化すると意識体だけとなり、神と同等になるってテーマなんだけど・・・

これって人は亡くなると神様や仏様になれるとする我々日本人の宗教観とは違い、キリスト教を信じる欧米では・・・

神様になれるのは神様だけって倫理観があるって事!!

なので人は亡くなってもあくまでも人であり、神様にはなれないって制約があるので、そもそも論で押井守監督が掲げたテーマでは作れないってのがある!!

なので・・・2017年スカーレットヨハンソン版ではうじうじうじうじ、低俗な悩みで押し通したんだと思うんだよね!!

でもさ、キリスト教といえばイエス・キリストさんで彼は預言者であり、人であったのに教会は・・・

彼を神様扱いしてるので人が神様になれないって論理が矛盾する事になっちゃうよね??

なのでイエスさんの死後、200年ほど経った頃に宗教会議が開かれて・・・

それまで預言者として扱われてたイエスちゃんを『神の子』として認定することで、『人とは違う神様の子=神様』である事にしちゃったんだよね!!

でも無理やり神様だと認定しても、一般ピーポーであるマリアちゃんから生まれたのでは矛盾しちゃうわけで・・・

なのでその場にいて確認したわけでもないのに、のちの教会はマリアちゃんを”処女”として認定し、天使ガブリエルによる”受胎テロ”的な奇跡が起こったことにしちゃったんです!!

そんなテロまがいの行為を強いられたマリアちゃん・・・のちにネットの”発言小町”での投稿でも・・・

『真冬のふきっさらしの馬小屋の中で死ぬような思いで出産したのに、産んだ直後に三人の見知らぬおじさんたちと天使たちが見舞いに押しかけてくるなんて・・・すごく酷い話だし、おかしすぎるでしょっ(怒)』

って苦情を言ってるんだよね!!

この事実は大英博物館にて展示されてる『Saint Oniisan』を読めば明らかだよねっ(笑)

あはは・・・冗談はさておき、要は欧米白人社会において人が神様に昇華するのはタブーだって事!!

そんなタブーを守りながら話を展開させるには違う話を無理やりねじ込むしかなかったのです!!

ならさ・・・そもそも論でそういう禁忌とは関係がない押井監督にやってもらえばよかったわけで・・・

まったく110億円もかけて、何を迷走してんだかってとっても歯がゆく思うんだよね!!

ま、いいけどね・・・2017年スカーレット・ヨハンソン版は一回だけ見れば十分な内容だし・・・

娯楽として、ながら見できるので気楽だし・・・それこそおやつを食べながら携帯片手に見るのも最高だしねっ!!

ま、劇場で見るとしても800円の価値は十分あるって事で・・・って、1,800円だったっけ??

あはは・・・そんな感じのウダウダなのです(笑)






【関連記事】

映画レビュー『ディープインパクト』:最高の大泣き感動映画の傑作!!

映画レビュー『Hachi 約束の犬』:最高の感動を与えてくれる傑作!!

映画レビュー『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』

映画レビュー『TED』:児童視聴禁止の極悪映画(笑)

映画レビュー『ROBOT』非常識な非日常感を満喫できる最高のインド映画!!

ガリポリ 建国史上、初めてのオーストラリア最大の海外侵攻作戦!!

ハートロッカー 超天邪鬼で面倒くさいレビュー(笑)

GODZILLA-ありゃりゃりゃ・・・的に困っちゃった作品(笑)






こんなウダウダな感じで今回はおしまいっ!!

実は今回も何度も落ちまくって・・・

保存しようと保存ボタンを押すとそのまま強制終了しちゃって全ての文章が無かったことに??

おかげで同じ内容を何度も書き直す羽目に(泣)

うーーーん・・・もしかしてこれって神様の祟りなの??

こんな罰ゲーム的な記事作成画面って使いにくいったらありゃしないぞ??

ホント・・・クマったもんだってな愚痴を言いながらも・・・

最終的にきちんと記事を書き終えることができたので苦労した分、嬉しさ倍増的な??

なので・・・ま、いっかぁーっ!!

そんな感じでみなさん・・・本日もご機嫌よう!!





Pyonko & Mu From Tokyoでしたぁ~!!


 

nice!(24)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 24

コメント 5

kontenten

先日は、アドバイスありがとうございました(^^)
食品に近いモノなので、些か恐い点もありますが^^;Aアセアセ
前向きに検討したいと思います。
そうそう、口を付けると申せば・・・合唱団の先輩から
トランペットのマウスピース(歌口)を作らない?って
云われましたので、それも含めて考えようと思います(^^)
by kontenten (2017-05-17 22:28) 

むうぴょんこ

Kontentenさん、前向きに考えてくださってありがとっ‼
スッゴク嬉しい‼
実はいろんなアイデアがあって…ぜひKontentenさんだけにお伝えしたいので…例えばtwitterのdmとか…何か手段を考えますね‼
それでトランペットやドリップティップなども素晴らしい‼
やっぱり手に技術をつけてる人ってうらやましい‼
営業なんてできることなんて接客と交渉くらいしかないもんね(泣)
ホントに頑張ってね‼
これからのKontenten興業さんのますますのご発展をスッゴク期待してますよ‼
by むうぴょんこ (2017-05-18 00:33) 

むうぴょんこ

それで・・・多分、KontenてんさんのTwitterアカウントを発見したっぽいけど・・・確証はないので・・・一応、私のアカウントを載せとくね!!
@mupyonko です!!
彼女の名前が入ってるのでわかるように彼女と共有アカウントだけど・・・最初の頃はともかく、今では私しか使用してないので気にしないでね(笑)
その気になったら連絡くださいな!!
ではではぁ~!!
by むうぴょんこ (2017-05-18 10:41) 

うっかりくま

この映画、気になっていました。
有難うございます、わかりやすかったです!


by うっかりくま (2017-05-22 20:52) 

むうぴょんこ

うっかりくまさん、コメントありがとっ‼
えへへ…こんな暴走レビューなのにうれしいかも❗
まあー、かなり辛口ではあるけれど…娯楽作品としては面白いので、見て損はしない映画だと思うよ…800円ならば…ってクドイって(笑)
あはは…こんな感じでこれからもヨロシクね‼

by むうぴょんこ (2017-05-22 22:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0