超暖かい、おススメの防寒ウエア Part 1!!
So-net無料ブログ作成

超暖かい、おススメの防寒ウエア Part 1!! [釣り:防寒対策]

防寒レイヤーの考え方と発熱透湿インナーのおススメ!!

yuka0I9A4460_TP_V.jpg

今回は季節に合わせて真冬用ウエアをテーマにした新記事!!

いやあ~、新テーマって久しぶりですなぁ~ってな感じなんだけど・・・防寒ウエアを記事にするのが遅すぎた?ってな感じでちょいと焦ってたり??

実は昨年の10月頃から書き始めてたんだけど、その前にやらなきゃならない事が沢山あって・・・

正直、今まで忘れてたので・・・ホントにごめんなさい!!

そんな感じで釣りをしない方にも参考となるようにと慌てて加筆してたんだけど、やっぱり長文になっちゃっいそうな雰囲気がプンプンしてるので・・・

今回は防寒着の説明と最適なレイヤー(重ね着)の仕方、そしてインナーのおススメを重点的に紹介しちゃうぞ!!

そんなふわふわ記事だけど・・・少しは皆さんの参考になればいいなぁ~って思いつつ、行きまっしょいっ!!


 


みんな、寒いのって大っ嫌いだよね??

寒いのってみんな大っ嫌いだよね??

なので真冬に外に出るなんてとんでもないって思ってるかもしれないけど、実はそんなに苦痛でもないんです・・・って、きちんとした防寒ウエアさえ適切に着てればね!!

そんな今回は釣り用防寒ウエアのおススメなので、東北以北の極寒地域での使用は厳しいけれど・・・

東京含めて北関東位までの寒さなら、それが例え真冬の氷点下(-5度くらいまでね)であっても、場合によっては顔がほてって鼻に汗をかいちゃう事もあるくらい、かなり快適で温かいのです!!

要はきちんとした機能とデザインの元、いかに体温を逃がしにくい防寒ウエアを選ぶかによって、真冬の快適さって大きく変動してしまうモノなので・・・

『いかに体温を逃がさないようにするか』が、防寒ウエアを選ぶ際に重要なポイントって事!!

ここで一般的な体温が奪われる主な原因を記すと・・・

【体温が奪われる主な原因】

・体に当たる風による気化熱

・体温を保てない衣服

・周囲の気温と体温との温度差

まあ、簡単に大きく言うとこんな感じ!!

気温が0度の時、無風であってもTシャツ一枚しか着ていなかったら誰だって寒く感じるよね??

その状態からTシャツを何枚も重ね着していく・・・するとある時点からジンワリとした自分の体温の暖かさを感じるようになる・・・って、むき出しの腕などは別で重ね着してる部分って事だぞ??

それって人にもよるけど気温0度だと一般的には5枚前後かな??

それでも寒いのでさらに重ね着していく・・・するとやがてぽかぽかとした自分の体温を感じるようになるんだけど・・・それって場合によっては倍の10枚程度のTシャツが必要となっちゃったり??

そんな着ぶくれた状態って暖かいんだけど、動こうとしたらキツキツで非常に動きにくいよね??

でも寒いので重ね着をやめられない・・・じゃあ、どうすればいいのって泣きそうになるけど・・・大丈夫、防寒対策の基本として最高のお手本が巷にはあって・・・それが真冬の登山ウエアでメジャーなレイヤーという重ね着だったのです!!





登山ウエアって寒さ対策には最強だぞ!!

雪山登山とは氷点下10度以下にもなる、真冬の山登りを楽しむレジャー!!

そんな登山ウエアで求められるのは極寒の地であってもいかに体温を保持するかであり、一枚一枚の衣服に明確な役割を与えつつも動きやすいように最低枚数で寒さをしのぐ事を目的としているのです!!

そんな登山用ウエアの役割とは・・・

・インナー:  発熱透湿素材
 汗によって発熱し、過剰な水分を外に逃がす
 ⇒気化熱によって体温を奪われることを防ぐ

・フリース:  PET繊維
 デッドエアーを作り、体温を保持する

・アウター:  防風透湿素材(ゴアテックスなど)
 風をシャットアウトして、暖かい空気を逃さないようにする

実際の冬山登山ではこの三枚だけでは体温の逃げを防げないのでインナーの重ね着+フリースや上にシャツやセーターなどを何枚も重ねることになるけど・・・基本的な考えってこんな感じ!!

上記で重要なのは、かいた汗を素早く体表面から逃して気化熱を発生させない事+その汗を利用して得た熱と体温をより多く貯め込んで体を保温するってのがポイントなのです!!

そんな感じで説明しながらも・・・実は私って登山は遅々として進まず、飽きちゃうので超苦手なんだけど・・・でもその考えって真冬の釣りにも普段使いでも応用できるって事なのです(笑)





釣りには釣りの専用ウエアが絶対に良い理由!!

ここから普段使いでも応用できる、真冬の釣りに使用できる防寒対策の説明に移るんだけど・・・

登山ウエアの他にもスノボやスキーウエアとか、真冬の使用を目的とした防寒ウエアがあれば、別にわざわざ釣り用に改めて買わなくてもいいんじゃないのって思う人も中に入るよね??

当然、そのような防寒ウエアがあれば、普段使いであればそのまま使用することもできるんだけど・・・

実はそれらは普段使いには有効でも、釣りに使用してしまうと本来の防寒機能を損なうので、あまりおススメはできないのです!!

その理由とは釣り独特のキャスティング=ロッドを振りかぶって仕掛けを投げる動作にあって・・・

登山ウエアやスノボ、スキーウエアは腕を振りかぶって投げるというアクションを想定していないが故に、腕を振り上げた瞬間にわき腹やお腹、背中が出ちゃうモノが大半で・・・

むき出しになったわき腹やお腹、背中部分から体温が逃げちゃうので非常に寒く感じる残念なモノが多いのです(泣)

これじゃあ、折角、防寒性が高い高価なウエアを着てても意味がなくなっちゃうよね??

一方の釣り専用の防寒ウエアは腕を振り上げてもわき腹が出ないようなデザインとなっているのが主流であり、キャストし続けてもぬくぬくなまま、快適に釣りをし続ける事が可能なのです!!

やっぱりジャンルが違えば使用感も違うって事で・・・専用品が一番って事で普段着としても使用できるウエアをおススメしちゃうぞって事なのです・・・

って言っても好みがあるのであくまでも私見でって事でね(笑)





防寒ウエアのベストな着方!!

それで防寒ウエアの最適な着用方法ってみんな知ってるかな??

実は知ってるつもりでも着用方法を誤ってる方が多いのでここで改めて説明しちゃうね!!

ベストな着用方法とは全て長袖が前提で下から順に・・・

・発熱透湿インナー(製品によっては二枚重ね)

・インナータイプのフリース

・Tシャツやポロシャツ(必要に応じて)

・フリースやセーター

・完全防風のアウタージャケット

この構成が一番暖かい・・・ってあくまでも冬山登山を行わない釣りがメインの人間の私見だぞ(笑)

要は『汗を速攻で熱へと変えてその熱をいかに長く保持するか』・・・そういう視点からの構成!!

これを完璧にできれば寒さなんて全く怖くないのです!!

でも残念な事にインナータイプのフリースって登山専用品ばかりで高価だし、一般的な衣料店などではレア製品となって売っていないので手に入れにくいってのがある!!

そういう場合にはインナーを二枚重ねしてTシャツやポロシャツで見栄えを整えた後、フリースでデッドエアを貯め込んで完全防風アウタージャケットで風による暖かさの飛びを防ぐって構成でもOKだと思うぞ!!

なので『汗を速攻で熱へと変えてその熱をいかに長く保持するか』を考えながらいろいろと自分でコーディネートしてみて楽しんでみるのも面白いと思うのです!!





おススメの発熱透湿機能インナー!!

保温に一番重要なインナーに必須の機能は高い発熱透湿機能!!

この機能を最大限発揮させるには、インナーが体に密着すればするほど、体表面の微細な汗を吸い取って熱へと変えるってのがポイント!!

なので高い発熱透湿性はもちろんの事、体へのフィット感と動きやすさが重要となるのです!!

でも残念な事にこうした発熱透湿素材であっても普通のTシャツのようにルーズなサイズを選ぶ人が多いので・・・正直かなりもったいないって思ってたり??

まあ、フィットするのが嫌いな方もいるし、そんな状態でもそれなりに機能してくれるので・・・それは好き好きって事で(笑)

そんな感じでまずは最高と思う肌に直接着るインナーのおススメから!!

【最高峰:シマノ ブレスハイパー ハイネック 超極厚タイプ】

★リンクは男性用・・・女性用もあるぞ!!



SHIMANO(シマノ) ブレスハイパー+℃ストレッチアンダータイツ 超極厚タイプ IN-035P

SHIMANO(シマノ) ブレスハイパー+℃ストレッチアンダータイツ 超極厚タイプ IN-035P

  • 出版社/メーカー: SHIMANO(シマノ)
  • メディア: スポーツ用品

【評価】

・売価:     各、約1万円程度

・暖かさ:    ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・動きやすさ:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・フィット感:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・耐久性:    ★★★★★☆☆☆☆☆(5点/10点)


このシマノをおススメする一番の理由とは、肌に直接着るインナーの中で発熱透湿機能が最高であり、しかも超極厚(5mmで裏起毛)でハイネックって事!!

このハイネックが重要なのはむき出しの頭部と首から熱が逃げる割合って非常に高くて・・・それって首に太い動脈があり、それが冷えるといくら他の部分を温めても状況によっては意味がなくなってしまうからって事!!

なので出来るだけ首の太い動脈を冷やさないようにする為のハイネックであり、体全体を温める超極厚仕様なのです!!

正直ね、上下、これを着ちゃうとド〇キやライ〇オン、ジーン〇メイトなどの発熱インナーがほとんど機能していない事に気がついちゃうので・・・禁断の最終兵器的な感じ(笑)

そんなメルギブソン並みのリーサルウエポンなので目が飛び出るほど高くて・・・売価で1万円程・・・なので纏めて購入できないのが悲しい(泣)

それにもう一つ欠点があって・・・キャストするのが当たり前の釣りにおいて極厚繊維は腕と脇部分がこすれる確率が高いのであまり耐久性は高くないのかなって思えるのが非常に残念!!

だけど腕の動きを全く妨げないし、非常に暖っかいんだぁ~・・・これが最高に・・・なのでせめて価格が1/3・・・できれば1/5に・・・って願ってたりして(泣)

そういう感じなので釣りの場合は使い倒すと1シーズン持つかが微妙な感じでコストパフォーマンスは悪くなるかもしれないけども・・・

普段使いなら何シーズンも持つと思うので絶対に重宝すると思うよ!!


【ミドル:ミズノ ブレスサーモ エブリプラス ハイネック 長袖シャツ】

★リンクは女性用・・・男性用もあるぞ!!


【評価】

・売価:     上下セットで約8千円~1万円程度

・暖かさ:    ★★★★★★★★☆☆(8点/10点)

・動きやすさ:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・フィット感:  ★★★★★★★★☆☆(8点/10点)

・耐久性:    ★★★★★★★☆☆☆(7点/10点)

上記リンクは女性用なんだけど、男性用もあって流石、スポーツメーカーのミズノだけあって非常に暖かいし、動きやすい!!

でも寒さ対策にはばっちりなんだけど、やっぱり高いんだなぁ~(泣)

それで注意点で・・・

上記、シマノとミズノ製品って発熱性能が抜きんでているので、日常で使用してしまうと汗だくになってしまう事もあるので注意してね(笑)

そんな行き過ぎた性能を持った東洋紡のブレスサーモシリーズ・・・やっぱり寒さ対策には最強だって事なのです!!

追記でこれら発熱透湿衣類の洗濯時における注意点を!!

ほぼすべての発熱透湿素材の衣服には漂白剤の使用は厳禁って書いてある!!

それって漂白剤が素材を痛めるそうなので、洗濯時には漂白剤の使用は厳禁で・・・更に洗剤にも漂白剤が入ってるモノもあるので注意してね!!












でね、上記二つって非常に良いんだけどあまりに高すぎるので、ここまでの費用を掛けるのならその分、良いロッドやリール、装備を買いたいって思っちゃう事ってない??

そんな方でも寒いのはやっぱり苦手ってな方が多いと思うので、その場合は・・・

ユニクロの極暖ヒートテック(Extra Warm=1500円程度)か、超極暖ヒートテック(Ultra Extra Warm=2000円程度)でもOKだぞ!!

それで防寒対策としてハイネックはやっぱり必須条件なので・・・間違っても首元が大きく空いたVネックを二枚とか、購入しちゃ絶対にダメだぞ??

それから重ね着する場合は、外側に肌の露出が低いUネックを持ってきた方が首が締まりすぎなくて快適なので・・・気温と感じる寒さによって使い分けてね!!


【リーズナブル:ユニクロ 超極暖と極暖ヒートテック】

*ユニクロ専用商品なのでイメージ無し

【超極暖評価(重ね着しない場合)】

・売価:     上下セットで約4千円程度

・暖かさ:    ★★★★★★★☆☆☆(7点/10点)

・動きやすさ:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・フィット感:  ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10点)

・耐久性:    ★★★★★☆☆☆☆☆(5点/10点)

*超極暖は販売されたばかりなので耐久性は暫定評価!!

*同じくユニクロ専用商品なのでイメージ無し

【極暖評価(重ね着しない場合)】

・売価:     上下セットで約3千円程度

・暖かさ:    ★★★★★☆☆☆☆☆(5点/10点)

・動きやすさ:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・フィット感:  ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10点)

・耐久性:    ★★★★★★☆☆☆☆(6点/10点)

ユニクロ製品の場合は上下ともに二枚重ねをするのが基本なんだけど・・・その場合は極暖なら同じ極暖、超極暖なら普通のヒートテックか、極暖を重ね着すると上記、2製品よりも暖かく感じるのでおススメなんです!!

でもそれならユニクロの極暖か、超極暖の上下二セット買えば費用的にも抑えられるじゃん・・・って、ハイ・・・そうなんです(笑)

実は私たちもよくユニクロの二枚重ねをやってるんだけど欠点があって・・・

重ね着するって事はそれだけ動きにくくなるって事で、ジーパンがきつくなったり、上半身がモコモコしちゃってちょいと見栄え的にもアクション的にも不自由に感じたりすることが多々あったり??

でも寒いのは耐えられないので・・・これも皆さんお好きなようにアレンジしてみてね!!

【リーズナブル:ドン〇ホー〇 情熱〇〇 発熱透湿インナー上下】

*ド〇・キ〇ーテ専用商品なのでイメージ無し

【情熱〇〇(重ね着しない場合)】

・売価:     上下セットで約2千円程度

・暖かさ:    ★★★☆☆☆☆☆☆☆(3点/10点)

・動きやすさ:  ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・フィット感:  ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10点)

・耐久性:    ★★★★★☆☆☆☆☆(5点/10点)

まあ、これは参考までに・・・ド〇キだけではなく他店舗でも売っている一番オーソドックスな発熱透湿インナー!!

ここでは便宜上、ドン〇としたけど、どこで買ってもそれなりに暖かくて一枚千円程度と安くて買いやすいので非常に便利!!

だけど、どのブランドも風が当たると冷気を強く感じる事があるし、重ね着してもあまり暖かく感じないので外出時にはあまりおススメできないのが残念!!

それで中にはユニクロの極暖並みに厚い生地のモノもあるけど、ちょいとマシってな感じでそれなら1枚1500円程度のユニクロの極暖か、2000円ほど出して超極暖を買った方が良いと思っちゃう!!

でもそうは言ってもユニクロもそれなりの生地の冷たさを感じる事があるので、それが嫌ならやっぱりシマノにしておいた方が無難だと思うのです!!

それで〇ンキオリジナル製品で購入してはならないモノがあって・・・それは裏生地が黒の起毛タイプではなくて、白い色した同じ超短い起毛タイプのインナー!!

これって私たちだけの感覚かもしれないけど、同じ素材構成で同じような手触りでも生地の冷たさをより強く感じちゃう気がするのです!!

これって思い込み??それともホントにそうなのかな??

あはは・・・わかんないや(笑)

ま、言いたいことは・・・やっぱり手に届きやすい『ユニクロは最強』って事なのです(笑)












こんな感じで今回のインナー特集はおしまい!!

次回記事はフリースなどをすっ飛ばして防寒アウタージャケットの説明とおススメに行っちゃうつもり!!

だってフリースならそんなに素材の違いはないので、それこそユニクロで十分だって思うんです!!

あっ、でも予算が潤沢な方なら登山用フリースでモンベルとかパタゴニア、ノースフェイスとかがあるのでそっちの方が遥かに良いけど・・・フリースに関してはユニクロ製品を愛用してるので紹介できないってのもあったりして(笑)

えへへ・・・やっぱりね、自分が使って良かったと思えるモノしかインプレできないし、おススメしたくないので釣りや普段使いならユニクロで十分だぞって強く宣言しちゃうぞっ!!

そんな感じで次回まで・・・ばいびぃ~!!







Pyonko & Mu from Tokyoでしたぁ~!!

 
nice!(20)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ファッション

nice! 20

コメント 3

SORI

むうぴょんこさん おはようございます。
RSSが異常なことを記事に書いたら自動でむうぴょんこさんの記事にトラックバックされてしまいました。申し訳ありません。それもタイトルが間違えたいました。
最近の防寒ウェアーの威力はすばらしいです。ワンコの散歩のときに父か釣りで使っていた防寒ウェアーを着ています。それもダウンの上着の上から来ています。おかげで少し古いけれども、まったく寒さを感じません。
by SORI (2017-01-26 05:50) 

SORI

むうぴょんこさん おはようございます。
RSSの解決方法が判りました。 とりのさとZさんに教えてもらった方法で、下記のようにURLの後ろに index/xml を付けると登録できます。
 http://mupyonko.blog.so-net.ne.jp/index/xml

https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/user_rss/list?url=http://http://mupyonko.blog.so-net.ne.jp/index/xml
by SORI (2017-01-26 08:45) 

むうぴょんこ

SORIさん、ホントにアリガトッ!!
後ろにindex.xmlを付ければいいんだね!!
早速やってみたら登録出来ちゃいまっした!!
今回はいろいろ教えてくださってしかも嬉しいことにトラックバックまでいただいちゃって・・・本当に感謝してます!!
えへへ・・・その御礼はいつか一緒に釣りするときにでも??
本当に今回はアリガトッ!!
助かりました!!

by むうぴょんこ (2017-01-26 09:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1