So-net無料ブログ作成
シーバスロッド アピア フージンR アートマジック87LX インプレ

シーバスロッド アピア フージンR アートマジック87LX インプレ [釣り:シーバス:ロッド]

安くて使いやすいシーバスライトクラスロッド:中級編!!


KIM150922517521-thumb-autox1000-19874.jpg

今回の改定はシーバスをなんとしてでも釣りたいって中級クラスの方向けに・・・

それなりに安価で使いやすく、私も愛用してる『APIA Foojin'R Artmagic 87LX』のご紹介記事!!

本当は全ての方にお勧めしたいんだけど、残念ながらブランクがモアザンブランジーノ並みに細い上に繊細な鬼掛けティップを採用してるので・・・

ちょっとしたミスキャストや落下などで即、ご臨終となってしまうのでロッドの扱いに長けた方にしかおススメできないのが残念なのです!!


アピア ロッド Foojin' RArt Magic(風神アートマジック)87LX

アピア ロッド Foojin' RArt Magic(風神アートマジック)87LX

  • 出版社/メーカー: アピア
  • メディア: スポーツ用品


【評価と仕様】

・評価:      ★★★★★★★★★★(10点/満点)

・定価:      27,900円(税抜き)

・実売:      25,000円~27,900円

・全長:      8.7フィート(265cm)

・自重:      129g

・適合重量:    3~25g

・ライン:     PE 1.5号(MAX)

・パワー:     LX ライトアクション(よりちょい上)、Exファースト

・ガイド:     KL-Hガイド+SICリング

・ティップ:    チューブラー

そんなアピア フージンR アートマジック87LXって真冬のバチ抜けシーズンに最適なんだけど、これからシーバスが高活性となる真夏から秋の爆釣シーズンにも大活躍で・・・

湾奥などの常時、シビアなポイントではこの繊細で高感度のティップが微細なアタリを明確に手元に伝えてくれるので、すっごく重宝するぞって事なのです!!

ではそんな高評価のAPIA 風神R アートマジック87LXの紹介に・・・

行っちゃうぞっ!!

 



リールシート位置がドンピシャなのですっ!!


ここでいきなり意味深なタイトルだけど・・・

全てのロッドで一番重要なのはリールシートの位置!!

これってロッドのグリップ部分、リールフットの先端を入れるフード部分から、ロッドエンドまでの長さで・・・

正式名称が無いっぽいのでシマノさんの名称で統一してリールシート位置としちゃうぞ!!

実はこのデータさえあれば、そのロッドがただ巻き専用なのか、アクション重視なのかがわかるくらい重要な項目なのに残念なことに大半のメーカーが開示してないってのはどういう事??

なので皆さんの参考になるように適当な測り方だったけど、主なロッドのリールシート位置をドドンと一覧にしちゃいましたっ!!

【主なロッドのリールシート位置一覧】

・35cm:   APIA Foojin'R Artmagic 87LX

・36cm:  メジャクラ クロスステージ CRK-862ML

・36cm:  APIA Foojin'R Artmagic 91ML

・37cm:  ダイワ ラテオ 86ML・Q

・38cm:  ヤマガ アーリープラス 88ML

・38cm:  シマノ ディアルーナXR S806ML

・39cm:  ダイワ ラブラックスAGS 96ML

・39cm:  Abugarcia Saltystage SXSS-962ML-KR

・41cm:  ダイワ ラテオパイレーツ 96ML

こんな感じなんだけどロッドによってかなりの幅があるでしょ??

実は魚をガンガン掛けていきたい、アクション重視の方ならば・・・

ベストなリールシート位置は35cm!!

ほら、夏場などの薄着の時期はグリップエンドが多少長くとも、アクションをつけても体には接触せず、好きなようにロッドを振ることができるよね??

でも冬場は防寒着でモコモコしちゃうので・・・

冬場にはリールシート位置が長いとお腹付近に接触してアクションがつけられなくなっちゃう!!

そうなると繊細なアタリを掛けていけなくなるよね??

せっかく手元感度が良いのにそれでは本末転倒な感じになっちゃうので・・・

魚を積極的に掛けていく中級クラスの方はリールシート位置が35cm~37cm程度のロッドを選ぶべきだと思うのです!!

でも、テキストやネット記事などを読むと『シーバスはロッドを脇に挟んで構える』って書いてあるよね??

実はそれってシーバスゲームを始めた方向けの手法で試しに脇に挟んでアクションをつけてみると・・・

ほら、物凄くやりにくいっ!!

夏場、冬場問わず、脇にがっちり挟むのはただ巻きする時だけっ!!

そんなただ巻きでスレまくっている湾奥で挑んでも、安定した釣果なんか出せるはずがないぞって事なのです!!

なのでアクション重視で魚を積極的に掛けていく場合、シーバスロッドに一番求める仕様は『リールシート位置が短いロッド』であり、その方が断然、使いやすいのです!!

そんなリールシート位置によるロッドの見分け方とは・・・

【アクション(掛け)重視】

・リールシート位置:   36cm以下(ベストは35cm)

【アクション+ただ巻き兼用】

・リールシート位置:   37cm

【ただ巻き(乗り)専用】

・リールシート位置:   38cm以上(脇に挟む場合:ベストは40cm前後)

アクション重視の場合、ロッドエンドが肘から出てると体にあたるし、変な慣性もついちゃうので非常に振りにくいし、いざ魚がアタった場合に掛けようとしても服に引っかかって釣り逃しが多発しちゃう!!

なので・・・アクション重視なら短めの35cm前後!!

そしてただ巻きする場合は・・・

ロッドエンドが短いと脇で固定できず、どんなにしっかりと握ってもリールを廻すごとにティップが上下してしまうので変なアクションがルアーに伝わり、結果、魚が警戒しちゃって喰いついてこないので・・・

ただ巻きメインなら40cm前後が使いやすいとなるのです!!





アートマジック87LXはアクション(掛け)重視だ!!

APIA Foojin'R ARTMAGIC 87LXのリール位置は35cmとアクションをつけるにはドンピシャな長さで、構えてみるとロッドエンドが肘の端にぴったりと収まる!!

なのでアクションつけ放題、冬場ならではの繊細なついばみなどもガンガン掛けていけるのが凄いぞっ!!

これがLクラスなのに掛け調子であるFoojin'Rの最高に素晴らしいポイント!!

そんなFoojin'Rは公式HPではこのように紹介されてる!!

あらゆるシビアなバイトを絡め獲る『超・鬼掛けティップ』を搭載、

'湾奥'というステージで群を抜く操作性を追求。

バチ抜けパターンにも高次元に対応する。

小~中型のシンキングペンシルや引き抵抗の少ないミノープラグ、ソフトベイトの釣りに。

'芯に力のある強さ'を十分に感じさせる仕上がり。


説明文にもあるようにFoojin'R87LXの真髄は・・・

高級機種にしか採用されなかった『超・鬼掛けティップ』を搭載した高級ティップ仕様って事!!

これってちょいと癖があるけど最高の完成度を持った至高のティップなのです!!

って事で次はティップの説明って事ね(笑)





鬼掛けティップの凄いポイント!!

シーバスゲームってアングラーには絶大な人気を誇っているけど、ほとんどの人が釣れずにボウズのまま帰っていくよね??

そもそも激戦区である東京湾奥にいくらシーバスがいると言ってもルアーを見切っている個体が大変多く、スムーズでない動きのルアーなんかには見向きもしない!!

でも中には違和感ありまくりのルアーにアタックしてくるボケた個体もいるけど・・・

元々がルアーを見切っているスレシーバスなのでアタリがあってもバラシちゃうことが多くない??

実はアタリがあるので瞬間的に口の中に吸い込んでるのだけど・・・

ルアーに違和感を感じたシーバスは即座に吐き出しているので完璧に見切られちゃってるって事!!

そんなアタリを感じた際にはグッと体を後ろにのけぞるようにしてルアーのフックを掛けにいくんだけど、その時にはルアーが吐き出されちゃってて、スカってな感じで空振りを食らう場合も非常に多いのが悲しい(泣)

実はシーバスはルアーを吸って吐いてを一瞬のうちに行ってしまうからでそれを人間が反応しようとしても肉体の構造的に鈍すぎて対応できない!!

それを補ってくれるのが『超・鬼掛けティップ』だったのです!!

シーバスが大量の海水と共にルアーを吸い込んで・・・

超鬼掛けティップの柔らかさで口の中へとルアーを送り込み・・・

シーバスが吐き出すと共にティップの反発力で自動的に口中にがっしりと針を掛けていく!!

そんなロッドを持ったアングラーがするべき事は、ただシーバスの口中に掛かった針をより深く差し込むアワセる行為だけ!!

非常に釣るのが難しいシーバスを自動的に釣ってくれるのがこのFoojin'R ARTMAGIC87LXであり、柔らかさと反発力を高度な次元で達成しているのがこの『超・鬼掛けティップ』であり・・・

シビアな湾奥で周りがアタリすら無い状況で一人だけ大爆釣、なぁ~んて夢のようなことが起こっちゃうのが最高に気持ち良いっ(笑)

なのでホントにおススメなのです!!





アートマジック87LXの悪癖ポイント!!

ここまでべた褒めしたFoojin'Rだけど、やはり悪癖もあって・・・

鬼掛けティップって前述したように高反発なティップで自動的に魚を掛けられるけど、高反発すぎるが故にキャスト精度がイマイチな感じで狙った場所から5~10メートル程、ズレる事も・・・

って、私が下手なだけじゃん(笑)

まあ、永年初級者なので腕が未熟なせいもあるけど、それでもズレすぎじゃない?ってな感じで新品のうちはティップが硬すぎちゃってキャストがなかなか決まらない(泣)

これってね、キャスト時にチューブと鬼掛けティップ部分の剛性の違いによる捻じれ及び、緩すぎるフェルールのつなぎ目が最初の頃は捻じれてキュッて鳴ることも多くて・・・その影響でぶれちゃってると思ってたり??

そんなキャスト時のロッド鳴りも三か月を過ぎたころから無くなってきて、ブランクの慣らしが終われば1メートル程度の誤差に収まるけど・・・

他ロッドと比べるとキャスト時に気を使う必要があるのが玉に瑕で・・・

どれだけのルアーを橋脚やストラクチャーに当てて壊したことか・・・

って、泣くに泣けないデメリットもあったりして(泣)

でもね、狙ったポイントから多少ずれても、あらゆる状況下で釣果を出せるのが良いポイントなので・・・

最初は悪癖もあるけど、やっぱり最高のロッドだって思うわけなのです!!





オススメセッティングだぞ!!

ここからは実釣編でそんなFoojin'R・・・

ラブラックスAGSとは違って先重り感をほぼ感じないのでキャスト精度はともかく、非常に軽くシャッキっと軽快にキャストできるのが凄い!!

まあ、Lクラスなのでキャストしてるルアー重量がそもそも違うけどね(笑)

そんなFoojin'Rのオススメセッティングとは・・・

【Foojin'R ARTMAGIC 87LX オススメセッティング】

・リール:       シマノ バイオマスター C3000・・・って、当時はね・・・
            現在では非常に高価だけど・・・
            シマノ エクスセンス C3000M を最もおススメするぞ(笑)

・メインライン:    PE 0.6~1号(推奨:0.6号)

・リーダー:      フロロカーボン 8~16Lb(推奨:10lb)

・ミノー:       7~20g(推奨:10~14g)

・バイブ:       5~20g(推奨:10~16g)

・ワーム:       5~18g(推奨:9~16g)

こんな感じで一般的なPE0.8号、リーダー16lbを基本とする湾奥仕様とは異なってるのが特徴!!

正直ね、0.6号にしても飛距離は変わらないんだけど、リーダーを16lbから10lbの違いはすごくて・・・

ここまで感度が違うのかってなくらい、目からウロコ状態(笑)

根掛かりも感度が上がった分、より回避することができるようになるのもメリットなんだけど・・・

本当に根掛かっちゃうと回収率が大幅に下がるので、この仕様にする場合はよく考えてからにしてね!!

それでリールなんだけどしっくり来たのは255gのバイオマスターC3000・・・ってもう売ってないじゃんってなことで・・・

おススメは後継機の『シマノ 15 ストラディック C3000』・・・だったけど・・・

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 15 ストラディック C3000

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 15 ストラディック C3000

  • 出版社/メーカー: シマノ(SHIMANO)
  • メディア: スポーツ用品

2018年初夏の改訂時点でのおススメは『シマノ 18 エクスセンスCi4+ C3000M』だし・・・

シマノ リール スピニングリール シーバス 18 エクスセンス CI4+ C3000M

シマノ リール スピニングリール シーバス 18 エクスセンス CI4+ C3000M

  • 出版社/メーカー: シマノ(SHIMANO)
  • メディア: スポーツ用品


最もおススメするのは高価だけど『シマノ 17 エクスセンス C3000M』だったりしちゃうぞって事なのです(笑)

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 17 エクスセンス C3000M

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 17 エクスセンス C3000M

  • 出版社/メーカー: シマノ(SHIMANO)
  • メディア: スポーツ用品







キャストは”バス投げ”がベストだ!!

みんなが気になる飛距離なんだけど『imaサスケSHAD(7cmので8gの重量のやつね)』で 30~35m程度・・・って、アマゾンに無さそうなので参考イメージを添付できないのが残念っ!!

それと『ジャクソン アスリート9S(13g)』で 35~40mほど・・・

Jackson(ジャクソン) ミノー アスリート S 90mm 13g イワシ

Jackson(ジャクソン) ミノー アスリート S 90mm 13g イワシ

  • 出版社/メーカー: Jackson(ジャクソン)
  • メディア: スポーツ用品

『バスディレンジバイブ70ES(15g)』で 50mほど飛ぶので・・・

Bassday(バスデイ) レンジバイブ 70ES HH-02 ハイトホロピンク

Bassday(バスデイ) レンジバイブ 70ES HH-02 ハイトホロピンク

  • 出版社/メーカー: Bassday(バスデイ)
  • メディア: スポーツ用品

MLロッド並みの飛距離でキャストがスッゴク気持ちいい!!

それでキャスト方法なんだけど、”バス投げ”と呼ばれる、ロッドを2時まで振りかぶってティップの反発力を利用してキャストする方がより遠くに飛ばせるので、もしバス投げをマスターしていない方はこれを機会に習得してみてね!!

って、感じで締めようかと思ったんだけど・・・ここで読んでくれてる皆さんのために、ARTMAGIC 87LXで更に爆釣する為の重要なセッティングを披露しちゃいましょう!!






ロッド任せで爆釣する方法!!

そんなロッド任せで爆釣できる重要なセッティングとは、通年通してリールドラグをユルユルにすること!!

これって夏場はガチガチでも、シビアな冬場でシーバスを狙う際には当たり前のセッティングなんだけど、意外に知らない人が多いので敢えて的な??

このユルユルドラグの有効性は、こちらの記事で詳細に説明 してるのでよかったら読んでみてね(笑)

何故、『アートマジック87LX』でもユルユルドラグにする必要があるのかって思うだろうけど・・・

鬼掛けティップって非常に細くて繊細なので破損防止とティップの働きを殺さないための必須テクニックって事!!

これってランカー狙いだろうが、ちいばすの数釣り狙いだろうがガチンコファイトは厳禁なのです!!

なのでドラグは通年通して300g~1kg程度に設定した方が絶対に釣果はあげられるのだけど・・・

そんなドラグ設定だとフッコ程度のシーバスが掛かっても、確実にラインは出まくり状態になっちゃう!!

でも決して焦らずにルアーを回収する程度の速さ(2~4回転/1秒ほど)で、リールを巻き続けるのが確実にFoojin'Rでシーバスをゲットする秘訣なのです!!

そうすれば、最初のエラ洗いは防げないけど、その後は非常におとなしく、足元まで寄せてこれると思うぞ!!

でもシーバスが寄ってきたと思って油断しちゃいけない!!

岸壁に立つ人間の姿を見て、再度、猛烈に走り始めるのがシーバスで・・・

そんな場面でものんびりとリールを巻きながら、シーバスの体力がなくなるのを待てばいいのです!!

まあ、シーバスなんてどんなに大きかろうが、10分もすれば体力の限界を迎えておとなしくなるもんだから、のんびりしてても問題ないぞ(笑)

巻いて巻いて、再度寄って来たらタモに誘導してランディング!!

そんな感じでホントに簡単に釣れちゃうのでびっくりすると思うのです!!





ガチンコファイトは絶対に厳禁だぞ!!

何度も言うけど、このFoojin'Rを使用してのガチンコファイトは厳禁!!

それってティップを折ってしまう可能性が非常に高いことと、もう一つ重要なことがあって・・・

繊細なアタリがあったら積極的に掛けていく手法がメインとなるので・・・

シーバスの固い唇部分ではなく、唇横の薄い膜に刺さっていることが多い事に注意なのです!!

実はMLクラスでもシーバスの薄皮部分に掛かってる場合が多いんだけど、ロッドが強すぎるので最初のアワセで幕が切れてバラシちゃうって事が多発してるのです!!

なのでMロッドやMLロッドはバラシが多いんだけど、このFoojin'Rであってもそんな切れやすい薄膜に掛かったシーバスとガチンコファイトしちゃうと・・・

薄膜が破れて即座にさよ~ならぁ~ってな事になっちゃうのでホントに注意してね!!

まあ、こんな感じで言いたいことはほとんど書いたかな??

あっ、あともう一つこのFoojin'Rを使用する際の注意事項があって・・・

それはAPIA製品って、高額商品を除いてフェルールが抜けやすいって事!!

あはは・・・そういえばこれってシーバスランキングでも書いたよね??

その悲しい悪癖はこの87LXでも消えてません!!

ってか、個体差だと思うけどちょいとひどくなってる感じ??

まあ、そういう場合はフェルールワックスが数百円で売ってるので、それをヌリヌリすればキャスト時に抜けて飛んでっちゃうこともなくなるので、目視で大丈夫だと思っても絶対に塗ったほうがいいと思うよ!!



ティムコ(TIEMCO) TMC フェルールワックス

ティムコ(TIEMCO) TMC フェルールワックス

  • 出版社/メーカー: ティムコ(TIEMCO)
  • メディア: スポーツ用品


でも、厚塗りしちゃうと・・・PEにくっついてラインブレイクを起こすので注意してねっ(笑)




【シーバスロッド】

シマノ '18 ディアルーナ S86ML インプレ

ダイワ モアザンエキスパートAGS 87LML アーバンサイドカスタム インプレ

お買い得な中級シーバスロッドランキングとインプレ

安くて使いやすい!!シーバスロッドランキングとインプレ

シーバスロッド アピア フージンR アートマジック87LX インプレ

シーバスロッド ダイワ ラブラックスAGS 96MLインプレ

シーバスを釣りたい方向けにおススメのロッドとリール

【リール】

Shimano エクスセンスCi4+ C3000M インプレレビュー

New ステラ(2018年モデル)のインプレレビュー

安くて使いやすい!! シーバスリールランキングとインプレ

シマノ ソアレCi4+ C2000SS PG 2017年モデルのインプレレビュー

ライトリール シマノソアレBB C2000PGSS インプレ

2018年度版 サビキ釣り用おススメリール特集 Part 3

2018年度版 サビキ釣り用おススメリール特集 Part 2

2018年度版 サビキ釣り用おススメリール特集 Part 1

安くて使いやすい!!6千円以下のエサ釣り専用リールランキング

シマノとダイワ、リール駆動方式で優れているのはどっち??

ステラとイグジスト・・・ホントに良いのはどっち??

【シーバスの基本と攻略法】

80cm以上のランカーシーバスと40cmのフッコシーバス、どちらが釣りやすいの?

釣りを行う上で絶対に守るべきマナーとは??

シーバスルアー釣りの基本攻略法

夏シーズン シーバス攻略法とオススメルアーランキング

シーバス攻略法 夏の爆釣シーズン番外編

誰でも釣れる、秋の爆釣シーズン向けシーバス攻略法

秋シーズン シーバス攻略法とオススメルアーの推奨アクション

超シビアな7月から8月末頃までのシーバス攻略法

今だけのシーバス攻略法とおススメルアー

シーバスを掛けたのにバラシちゃう原因と対策!!

シーバスを釣りたい人にこっそり教える、五つの必須条件とは??

シーバス攻略法 春夏は海水色を観察してね・・・の巻

シーバス攻略法 春・初夏のクルクルバチ抜けパターン!!

シーバス攻略法 ML乗り調子ロッドで真冬に爆釣する方法!!

真冬のシーバス釣りにライトゲームロッドをおススメする理由

【シーバスライン】

安くて使いやすい!!シーバスPEライン ランキングとインプレ

【アジングロッドでシーバスを簡単にゲットする方法】

アジングロッドでシーバスを釣る方法

【アジ&メバルの基本】

ベストなアジングロッドの握り方って、なぁに??

【アジ&メバリングロッド】

メバリングにアジングロッドをオススメする理由!!

安くて使いやすい!!メバリングロッドランキングとインプレ

メバル ルアーロッド、おススメランキング!!

メバル ルアーロッド、おススメランキング Part II

【リール】

Shimano エクスセンスCi4+ C3000M インプレレビュー

New ステラ(2018年モデル)のインプレレビュー

安くて使いやすい!! シーバスリールランキングとインプレ

シマノ ソアレCi4+ C2000SS PG 2017年モデルのインプレレビュー

ライトリール シマノソアレBB C2000PGSS インプレ

2018年度版 サビキ釣り用おススメリール特集 Part 3

2018年度版 サビキ釣り用おススメリール特集 Part 2

2018年度版 サビキ釣り用おススメリール特集 Part 1

安くて使いやすい!!6千円以下のエサ釣り専用リールランキング

シマノとダイワ、リール駆動方式で優れているのはどっち??

ステラとイグジスト・・・ホントに良いのはどっち??

【思わぬ出会い編】

東京湾でこんなの釣っちゃいました~ Part 3

東京湾でこんなの釣っちゃいました~ Part 2

東京湾でこんなの釣っちゃいましたぁ~

東京湾でイシモチ、ボラ、マルタをルアーで釣る方法

【結び方】

3.5ノット 全ての釣りに応用できる超簡単な結び方

【必須の装備】

夜釣りに最適なヘッドライトのおススメ!!

魚に優しいフィッシュホルダーのおススメ!!

安くて使いやすいタモ(玉網)のオススメ!!




こんな感じで今回の改定はおしまい!!

こんな記事でも少しはみんなの参考になって楽しい釣りを趣味にしてもらえたら最高だよね!!

あはは・・・そんな感じで・・・

みなさま、ごきげんよぉーって事なのです!!




Pyonko & Mu From Tokyoでしたぁ~!!

 

タグ:シーバス
nice!(33)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 33

コメント 15

鈴木しのぶ

うゎ~~。まだ初級編も理解出来ていないのに…。難しいです。シーバスがルアーを吸って吐いて一瞬にいなくなる所しか分からなかったです。いつまでも理解不足ですみません。
by 鈴木しのぶ (2015-12-11 16:57) 

むうぴょんこ

この記事ってシーバス釣りをしたことがある中級者向きなのでわかりにくくてゴメン!!
まあ、詳しいことは実践で覚えていきましょって事なのです(笑)
なので・・・頑張ってね!!


by むうぴょんこ (2015-12-11 17:15) 

muku

着物のお姉ちゃんも釣りたいから、1枚目の写真?
気になりました(*´艸`)
by muku (2017-06-09 15:42) 

むうぴょんこ

あはは・・・目の付け所が鋭いねぇーっ!!
彼女ってフリー素材サイト『ぱくたそ https://www.pakutaso.com/ 』で大人気の河村友歌さん!!
えへへ・・・このブログって最初はみんなに全く読んでもらえなくて、試行錯誤の末、彼女の写真を使用したら、それ以降はそれなりに読んでもらえるようになったってな感じ(笑)
なので河村さんにはとても感謝してるのです!!
是非、MUKUさんも気に入ったら彼女の写真を使用してみてね!!
ぱくたそさんって登録も使用許可もいらない完全フリーだし、他にも沢山のモデルさん写真も使用できるのですっごくおススメだよ!!
それで河村さん以外に・・・もし興味があったら是非、釣りも始めて欲しいなぁって思うのです!!
ではこれからもよろしくね!!
ではではぁ~!!
by むうぴょんこ (2017-06-09 15:53) 

釣りビギナー①

こんにちは。ブログ相変わらず参考になり助かります〜!私は昨晩また出撃しましたら開始30分で根掛かり…。横に移動しながら外しにかかったら、なんとか外せたんですが、なんかでかいビニール袋でも引っかかってるような感じ…
なんて思ってら盛大にドラグが鳴りはじめ、80センチ位のツバクロさんとの格闘が始まりました(汗)
20分くらいかけて足元まで寄せられたんですが、干潮間際で私の4.5m、直径40センチのタモではお話にならず…(大汗)
結果、教えて頂いたとおりネットにルアー引っ掛けて、ツバクロの体が水面から出きったくらいでフックが外れて終了となりました。刺されるのが怖かったのととんでもない重さだったんで、自分的には結果オーライでした。
で、アピアも悩みましたが、昨晩のファイトで自分にはまだラテオで良かったかななんて思いました。ルアーはリアフックが無くなりフロントはひん曲がってしまいましたが、ロッドは無事だったので一安心です。
にしても、日頃むうさんに言われていたタモの重要性を痛感しました。周りに誰もいない釣り場で1人汗だくで腕パンパン、そして涙目(笑)今もまだ親指の付け根が痛いっす。ほんと、色々気付かされた釣行でした。
ご報告したかったので長文ですみません。
by 釣りビギナー① (2017-06-10 13:26) 

むうぴょんこ

ビギナーさん、お疲れさまーっ‼
やっぱエイと格闘しちゃうと疲労困憊しちゃうよね(笑)
それにしてもロッドが折れなくて良かった‼
よくみんな、無理して折っちゃうんだよね‼
なので素晴らしい‼
是非、次回は完全勝利目指して頑張ってね‼

by むうぴょんこ (2017-06-11 22:58) 

けん

本日やっとシーバス93センチを上げることができましたー(*´▽`*)
これからも参考にさせて頂きます!
by けん (2017-06-24 16:36) 

むうぴょんこ

おっ、けんさん、おめでとーっ‼
93センチのシーバスなんて最高でしょ‼
あはは…けんさんはもう上級者だねぇーっ‼
うんうん、熱心に研究された努力が一気に実ったって感じだねっ‼
えへへ…ほんとに嬉しい‼
今回、ゲットしたアクションとレンジを忘れずに、様々ななポイントでもその感覚のまま、攻め続けられればもっと大物もゲットできると思うぞ‼
これからの高活性シーズン…まぶたがないシーバスは光の陰、そして冷たい河川や早い流れを好む傾向を覚えといてね‼
けんさんのますますの釣果を祈りつつ…
これからも頑張ってねぇーっ‼
by むうぴょんこ (2017-06-25 12:03) 

KATSU

金曜日は色々とありがとうございました。
あの後は1バイト、1バラシ、1コノシロ?。

これを機にタックル見直して見ます。

by KATSU (2018-10-15 09:38) 

むうぴょんこ

Katsuさん、コメントアリガトッ!!
うんうん・・・惜しかったねぇ・・・
Katsuさんって筋が良いのですぐに釣れるよって言った通りだったでしょ??

でもやっぱりMロッドだと湾奥では強すぎて・・・
まあ、掛かったら最初のエラ洗いを耐えた後にドラグを緩めれば良いんだけど・・・なかなかそこまでの余裕って無いよね(泣)

なのでやっぱりLクラスのロッドが良いかもね??
中価格帯以下で個人的なおススメだと・・・

【おススメシーバスロッド】
・ダイワ ラブラックスAGS 87LML
・ダイワ ラブラックスAGS 90L
・ダイワ ラテオQ 90L
・ダイワ ラテオQ 87ML
・APIA Foojin’R アートマジック 87LX
・APIA Foojin’R アートマジック 91ML
・シマノ ディアルーナ S86L
・シマノ ディアルーナ S90L
・シマノ ディアルーナ S86ML
・シマノ ディアルーナ S90ML
・ヤマガブランクス アーリープラス 88ML
・ヤマガブランクス アーリープラス 86M

これらが使いやすいと思うよ!!
それでシマノとダイワに関してはポイントで言ったように・・・

モノによってはグリップエンドが長すぎる傾向があるのでアクションを付けづらかったりするし・・・

先重りがすごいのもあるので購入する際は絶対に現物を確認してから購入するようにしてね!!

それで釣り場で手持ちのApia アートマジック87LXを使ってみてすっごくやりやすかったでしょ??

なのでアートマジックってすっごくおススメなんだけど上記にも書いてあるようにデメリットがあって・・・

フェルールが抜けやすいのとティップが細すぎるのでキャストに気を使うし、他よりも高価だって事が問題!!

そうしたネガを考慮した場合、最も使いやすいのはダイワ ラテオシリーズかな??

ただラテオくらいの価格帯のロッドって・・・ブランクが早めにヘタってきちゃうのが問題だけど・・・

まあ、どんなに高価であってもロッドは消耗品なのでそこはしょうがない的な感じかな??

それで言い忘れてたけど、お教えしたテクって『ちょいちょいアクション』なので・・・

ベストのルアーはやっぱり『バスディ レンジバイブ 70ES(15g)』で・・・次点で『コアマンIP18』そして『ジャクソン 鉄板バイブ14g』で・・・

上記ロッド群ならレンジバイブとジャクソン鉄板バイブはすべて使用できますよ!!

ただコアマンIP18は18gと重いので・・・ちょいとロッドを選ぶので注意してね!!

あっ、因みに今夜はお会いしたポイントに行けるかも??
ただ例によってあまり長くは居れないと思うけど・・・
気が向いたら一緒にやりましょ!!
ではではぁーっ!!
by むうぴょんこ (2018-10-15 11:36) 

KATSU

コメントした時
コメント出来ませんでした
となったけどコメントできてますね。
twitter荒らしちゃったかな…

ロッドの紹介ありがとうございます。
実物触って選びたいですけど
海の無い田舎に住んでいるもので
シーバスロッドの品揃えのある店などなく
焦らずにロッドは選んで行こうと思います。

でもダイワ派なのでラテオに…
焦らずに…。

投稿出来ています様に。
by KATSU (2018-10-15 23:12) 

むうぴょんこ

ゴメンね!!
実は過去に投稿した記事ってコメントを承認制にしてるモノが多いので…
それで焦らせちゃったかも??
因みに今夜は二時間だけ行ってきたけど…
何故かまたまたコノシロ祭りになっちゃった(笑)
なので掛けてゲットしたコノシロ君は…全部で七匹…
ってシーバスロッドでバイブなのにダメじゃん(笑)
でもなんでコノシロなのにバイブに食いついてくるの??
何故か全員、しっかりと口にフッキングしてるんだよね…
こんなに連発したのって初めてってくらいなので…
かなり恐いんだけど??
因みに餌釣りの常連さんはフッコ二匹、セイゴ一匹をゲットしててどや顔されちゃった(泣)
あはは…なら始めっからアジングロッドで攻めればよかったかもね??
それでラテオで…絶対に間違いないよ!!
それでリールはエクスセンスBB C3000か…
ちょいと奮発してエクスセンスCi4+ C3000だねっ!!
それならロッドバランスもとれるし、バラシも少ないしで非常に良い構成だと思うのです!!
では頑張ってね!!
ではではぁーっ!!
by むうぴょんこ (2018-10-15 23:48) 

nikki

いつも参考にさせて頂いています!
現在シーバスにドハマリ中です。普段は大阪の湾奥、小規模河川がメインです。
リールはCi4 C3000MHGを使用しております。

APIA Foojin'R Artmagic 87LXを購入しようかすごく悩んでおります。
この記事読んでこの冬の数少ないショートバイト(たぶんルアーセレクト、レンジがアジャスト出来てないだけかもしれませんが。。。)が取れるようになれば良いかと思い、購入検討しております。
つい先日ここの記事を読んでと友人の勧めから、18ディアルーナS86MLを購入しました。とゆうのも87LXを購入しようかと思っていたのですが、そんなのバチパターンぐらいしか使わないから要らないのではと助言されたからです。まともなスピニングロッドが無かったので普段使いには満足しておりますが、劇的に釣れない時期に突入したのでこちらの記事を読み購入検討したいと思っています。

前置きが長くてすみません。。。色々なロッドのインプレを書かれているむうぴょんこさんはS86MLは普段使いに、87LXでこの寒い時期のショートバイトを確実に取り楽しむって使い方良いと思いますか?それともS86ML
で十分でしょと思いますか?

長文申し訳ありませんでした。。。
by nikki (2018-12-11 10:08) 

むうぴょんこ

Nikkiさん、こんな天邪鬼なブログを読んでくれて更に参考にしてもらってるみたいでホントに嬉しい、アリガトッ!!

それでお悩みの・・・

Lクラスのシーバスロッドがあればこれからの『冬季のショートバイト対策』として楽しませてもらえるんじゃないか・・・って、うんうん・・・その気持ち、すっごくわかります!!

確かに『冬季のショートバイト対策』としてLクラスシーバスロッドって有効だけど・・・

実はショートバイトやバチ抜け時期にもっと有効なロッドがあるので、もし私ならって感じだけど回答するとすれば・・・

『(シーバスロッドは)シマノ ディアルーナS86ML、一本で十分だ』って思っちゃったりして??

あはは・・・実は私ってシビアな冬季のみならず、秋の爆釣シーズンでも『アジングロッド』を使用して、シーバス、キビレ、クロダイ、メバルなどをゲットしてます!!

これって過去記事の『東京湾でこんなの釣っちゃいましたシリーズ』 https://mupyonko.blog.so-net.ne.jp/archive/c2306018162-1 を読んでもらえればわかってもらえると思う!!

なのでもし私がもう一本追加するなら・・・絶対にアジングロッドかな??

これって幾ら『APIA Foojin'R Artmagic 87LX』がシーバスLクラスロッドとして最高の部類に入るとしても・・・

やっぱりシーバスロッドの範疇からは逃れられないからで・・・

本当にシビアな状況下では強すぎるってデメリットが出ちゃうからなんだよね(泣)

その点、アジングロッドなら絶対に強すぎる事なんて起こらないし・・・五目釣りも可能だし??

でもシーバスと比べてJHが軽い分、馴れないうちは・・・

『JHがどこにあるのか、さっぱりわからない』ってもやもやしちゃう事は間違いないし・・・

大物を掛けちゃって無理してティップを折っちゃったりすることも多いしで・・・

万人受けはしない傾向にあるので無理には勧められないけど・・・

でもね・・・例えば昨夜だけど・・・38cmと23cmのシーバスを超お気に入りのアジングロッドである『Tict SRAM EXR-60S-Sis』でゲットしてる!!

そんなメインラインは過去記事でも書いてあるようにメインライン=エステル0.2号、リーダー=0.3号の超極細仕様!!

でもこれだけ攻めてるセッティングじゃなければ上記、魚たちは絶対にゲットできなかったほど、昨夜って超シビアな状況だったので・・・

アジングロッドってシビアなポイントほど使えるって思ってたりするのです!!

そんな感じで・・・私のおススメは『アジングロッドを追加』するかな??

でも余計な費用が掛かるので、よく検討してから決めるようにしてみてね??

取り急ぎ、簡単に回答しますので・・・詳細は明日以降の新記事で(笑)

ではではぁーっ!!
by むうぴょんこ (2018-12-11 13:39) 

nikki

返信ありがとうございます!!
なるほど。。。もやもやしていたものが解決しました。ありがとうございます。
実はアジング、メバリング用にヤマガブランクス、ブルーカレント74Ⅱを買ったばかりです。。。こちらの記事もっと読んでからそっちも購入したらよかったです。あまりにも安かったのとボーナスが重なり購入しちゃいました。
by nikki (2018-12-11 14:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0