So-net無料ブログ作成
シーバスロッドが強すぎるのとルアーが重いと何が根拠でボトムを攻めるのが難しいの?

シーバスロッドが強すぎるのとルアーが重いと何が根拠でボトムを攻めるのが難しいの? [釣り:黒鯛、キビレ、マゴチ]

そんな記事を読んでくれた質問者さんへの回答なのです!!

MAKIno115120622_TP_V.jpg

今回は久しぶりの質問コメントへの回答コーナー!!

実はコメント欄に書いてたんだけど、やっぱり長文になっちゃって入りきらなかったので新記事に(笑)

これがブログ主の特権ですなぁーってどや顔しつつ・・・今回の質問はこんな感じ!!

『”実はシーバスロッドで攻める場合、ロッドが強すぎるのとルアーが重いので力が入ってしまい、海底から30cm以内をねちねち探るのはかなり難しい!!”』

との私のブログ内での主張に対して・・・

『これって何が難しいのかな?
ロッドが強すぎるのとルアーが重いと何が根拠でボトムを攻めるのが難しいの?
by 某アマ (2017-11-15 04:39) 』

とのコメントが!!

ホントにコメントをありがとっ!!

その回答って質問者さん自身が抜粋した文章の後に既に書いてあるけど、あの説明だけじゃわかりにくかったって事だよね??

ならばって事でウダウダ回答を書いてたらコメント欄に入りきれないほどの長文になっちゃった(笑)

それで質問者さんてどこの誰だかわからない匿名なので、こうして記事にしても問題ないでしょ??

ってな事を感じながら・・・ふわふわ状態のまま、行きまっしょいっ!!

 



質問の要点整理だぞ!!

そんな質問者さんの質問は以下の通り!!

『ロッドが強すぎるのとルアーが重いと何が根拠でボトムを攻めるのが難しいの?』

この疑問の要点を展開してみると・・・

【質問の要点(記事に対しての肯定と否定の選別)】

・シーバスロッドは強い=記事内容を肯定

・ルアーが重い=記事内容を肯定

・ボトムを攻めるのは難しくない=記事内容を否定

ってな感じで疑問に思ったって事だよね??

うんうん・・・ワクワクしてきちゃったっ・・・って、こうした疑問に対する回答って文字数を考えて記事中では書けない自分が言いたかったことを思いっきり言えるのでかなり好きだったり(笑)

あはは・・・脱線しちゃったので話を戻すと・・・

実は質問者さんへの回答って言葉は足りないけど該当記事中に書いてあって・・・それがこれ!!

『(シーバスロッドが強すぎると)レンジを外すことも多く、しかもシーバスルアーのアピール力は半端ないので、数投でスレちゃう事も多くて・・・繊細に静かに誘いたいけど、風が吹いていたりすると厳しい場面も多いってのが困りどころ』

実はこれだけの説明で全てが通じると思ってたんだけど、やっぱり詳細な説明を端折ってしまったのが質問者さんが理解できなかった原因かもね??

なので改めて質問の要点を整理したうえで・・・次章から詳細に説明していくのですっ!!





要は『シーバスロッドが強すぎる=重いルアーを使用する=太いPEを使用する』って事が問題!!

そんな感じで詳細に説明すると・・・

『シーバスロッドが強すぎる=重いルアーを使用する=太いPEを使用する』

端的に言うとこれが該当記事中で・・・

『アジングロッドと比べるとシーバスロッドは難しい』って言ってる理由!!

ほら、シーバスロッドってアジングロッドと比べるとブランクが長くて太いので横風に弱いって悪癖があるのは知ってるでしょ??

そんな横風に弱いシーバスロッドを用いて風裏や風表を選べない、常時横風に吹かれる湾奥ポイントのシャローで遠投した場合、以下のような問題が発生しちゃうのです!!

それは・・・

①横風に持っていかれないように無意識に力を込めてしまう先重りがする重いシーバスロッドで・・・

②膨らむPE0.8号の太いラインのたるみを瞬時に取って・・・

③重いシーバスルアーのしゃくり幅を常に変化するラインのたるみ+海底から30cm以内に収めながら・・・

④リフト&テンションフォールを繰り返す!!

ほら、こうやって書くと非常に難しいアクションだって感じるでしょ??

正直ね、地方の水深がある港湾や堤防などのポイントならば、ラインであるPEが水に漬る割合が長くなるので、吹きあがりしにくく、角度も深いので簡単なんだけど・・・

50m~70mほど遠投しても水深が2m~5mほどしかない湾奥ではラインが水に漬る割合が短く、角度も浅いので超上級者以外、かなり厳しいって思うのですっ!!





ティップは水平~上げ45度の角度内であるべきだってのが前提なのです!!

そんなアクション時のティップは水平~上げ45度の角度内であるべきだってのが前提で・・・

もしかして質問者さんは湾奥でもティップを下げた『ただ巻き専用スタンス』前提なので疑問を持っちゃったとか??

実はそれってNGでネチネチ探る場合、ティップを下げると以下の問題が発生するのです!!

【ティップを下げた場合の問題点】

①ラインが潮流に流されてテンションフォールがしにくい

②ほぼ巻かない釣りでは根や魚がアタッてもラインのふくらみが変わるだけで感じにくい

って事になるので、ティップを下げるとルアーの状態がわかりにくくなり、必然的にリトリーブ速度が速くなるので海底をネチネチ探ることができなくなるのです!!

その為、マゴチやこれからのカレイやヒラメなどを狙う場合、スレているポイントが多い湾奥及び、東京周辺では速い速度でのリトリーブは喰いが渋る傾向にあるので・・・

推奨するのは『ほぼ巻かない~1回転/秒以下』の極遅巻きだって事!!

でも巻かなければルアーが海底をごろごろするだけでポイントにいる魚がスレるだけなので・・・

ティップを小さくしゃくってルアーを30cmほどジャンプさせた後、テンションフォールで喰いの間を与えてやるって方法をおススメしてるのです!!

それにティップを下げた場合、ルアーの進行方向は水平方向への移動になるので・・・

どんなに小さくしゃくる=ツイッチしても移動距離は長くなるし、海底スレスレの水平移動になり、直線上に魚がいれば良いけどもすぐに海底に落ちてしまうので、その周辺にいる魚には大きくアピールできず、喰いが渋ってしまうのです!!

その一方でティップを上げた場合、ある程度の潮流の影響はあるけれども、ルアーは海面に向かって30cmほど鋭くジャンプした後、カーブを描きながら短い距離でゆっくりと落ちてくるので・・・

細かく『ネチネチ』と探れてアピールも大きくなり、喰いが多くなる傾向にあるので有利だって事なのです!!





先重りがする重いシーバスロッドでは風と潮流の影響を受けやすいって事!!

上記、推奨アクションを踏まえてシーバスロッドでの問題点を再度、簡単に纏めると・・・

『横風に煽られて無意識に力を込めた先重りする重いシーバスロッドで・・・』

『風と潮流により変化し続けるラインのたるみを取りつつ・・・』

『50m~70m先のボトムの状態とルアーの姿勢を感じとりながら・・・』

『沈下速度が速すぎる重いルアーを30cm範囲内でアクションさせる』

ねっ、これがどれだけ繊細で難しいアクションなのかってだんだんと理解してこれたでしょ??

それで問題は風にあおられやすいシーバスロッドだけではなくて重いルアーにもある!!

推奨してるアクションは小刻みなリフト&テンションフォールなんだけど・・・

いくら15gのレンジバイブ70ESでも50m~70m先にあるので、ある程度の力を込めて素早くシャクってやらなければいけないってのが問題!!

これってイニシャルの力加減が重要で・・・

力を入れすぎると大きくジャンプ(シャクリ)して30cmの範囲を超えてしまうし、力が少ないとほとんど動かないし、潮流などの影響により失敗してエビになる確率も非常に高いって事!!

よしんば30cm以内で正常にジャンプできたとしても、コンマ何秒ですぐに着底してしまうので、小刻みにティップを動かしてアクションさせ続けなければダメだし・・・

例え連続でアクションさせられたとしても突風や潮流の変化で即、根掛かりしてしまうのも怖いって事!!

さらに小刻みなアクションで30㎝以内の幅に収められたとしてもルアーの沈下速度が速すぎるのでやっぱり巻取り速度を上げてやらなくてはならず・・・

ほぼ巻かない速度ではラインが撓むだけでルアーがアクションしないって事も発生してしまうのです!!

なので50m~70m先の遠方にある、長さ7cmで15gのルアーを30cm以内のレンジで攻める為には・・・

毎回、風と潮流の影響を瞬時に計算し、ロッドのシャクリを40cm~100cm程度の幅で調整しながらリールを巻いて、ラインのたるみを取りながらアクションさせ続けなければならないって事!!

まあ、潮下キャストなら潮流でラインテンションが張ってる状態をキープできるので、そんなに難しくはないけど・・・

自分の背後から来たルアーに驚いて逃げてしまう確率が高い潮下キャストはシビアな湾奥ではかなり不利なので・・・

魚が頭を向けて子魚が流れてくるのを待っている潮上キャストの方が断然喰いが良いのだけど・・・

潮上キャストだと潮流の影響で逆に海底に押し込もうとする力が働くので、繊細なアクションは更に厳しくなるってのが困りどころ(泣)

なので結論として・・・

潮上キャストにおいて横風が吹く中、かなり先重りがする重いシーバスロッドでラインテンションとルアーの姿勢変化を的確につかみながら、30cm以内の幅でしゃくり続けるのはかなり難しい・・・

って事で・・・質問に対する回答として、きっと理解してもらえるだろうと思うのです!!


 


一方のアジングロッドってやっぱり使いやすいよねって事(笑)

そんな感じでシーバスロッドが強すぎて使いにくいってのが理解してもらえた前提で・・・

ここからは何故、アジングロッドが良いのかって説明!!

これって端的に言うとアジングロッドだと冒頭に提示した定義とまったく反対って事!!

それって・・・

『シーバスロッドが強すぎる=重いルアーを使用する=太いPEを使用する』

に対して・・・

『アジングロッドは適切な強さ=軽いルアーを使用できる=極細のPEを使用できる』

って事になるのです!!

なので、メリット有りまくりなので・・・みんなにも是非、アジングロッドを使用して欲しいなって思うのです!!

そんなアジングロッドの主なメリットを改めて一覧にすると・・・

【アジングロッドのメリット】

・ポイントを狙える飛距離がでる

・ロッド感度がシーバスロッドの数倍以上あるので魚のアタリを取りやすい

・細身のブランクが耐風性に優れる

・軽いし、パツパツなので30cm以内の繊細なアクションを容易に行える

【ラインのメリット】

・0.1号~0.3号の極細PEを使用できるので耐風性が強い

・耐風性が良いので3g~7gと軽いルアーであっても直線になり、ラインメンディングがしやすい

・水切れが良いので小さな力で繊細にアクションさせられる

【メバリング用ルアーのメリット】

・小型なので小さくしゃくっても振動が出てアピール力が非常に高い

・ルアー自体のアクションが細かく、小さいので30cm以内の幅に収めやすい

・沈下速度が遅く、テンションフォールをさせやすい

・魚が喰いつきやすい 

メリットで言いうとこんな感じかな??

一方のデメリットは・・・

【デメリット】

・ロッドが折れやすい

・ラインブレイクしやすい

・リーダーが極細で結びにくい

・ルアーが手に入りにくい

・風があると極端に飛距離が落ちる

ここまで詳細に説明すればきっと理解してくれたはずだよねって強く思うのです!!




【クロダイ&キビレ攻略法】

チニング 誰でも簡単に釣れるクロダイルアー釣りのススメ!!

チニング アジングロッドで狙うクロダイ向けルアーゲーム

アジングロッドで狙うキビレ向けルアーゲーム

東京湾のキビレ攻略法

クラさんが大きなキビレちゃんをゲットしたぞーっ

【マゴチ攻略法】

マゴチの釣り方を公開しちゃうぞっ!!

シーバスロッドが強すぎるのとルアーが重いと何が根拠でボトムを攻めるのが難しいの?

【思わぬ出会い編】

東京湾でこんなの釣っちゃいました~ Part 3

東京湾でこんなの釣っちゃいました~ Part 2

東京湾でこんなの釣っちゃいましたぁ~

東京湾でイシモチ、ボラ、マルタをルアーで釣る方法

【結び方】

3.5ノット 全ての釣りに応用できる超簡単な結び方

【必須の装備】

夜釣りに最適なヘッドライトのおススメ!!

魚に優しいフィッシュホルダーのおススメ!!

安くて使いやすいタモ(玉網)のオススメ!!

【シーバスロッド】

シマノ '18 ディアルーナ S86ML インプレ

ダイワ モアザンエキスパートAGS 87LML アーバンサイドカスタム インプレ

お買い得な中級シーバスロッドランキングとインプレ

安くて使いやすい!!シーバスロッドランキングとインプレ

シーバスロッド アピア フージンR アートマジック87LX インプレ

シーバスロッド ダイワ ラブラックスAGS 96MLインプレ

シーバスを釣りたい方向けにおススメのロッドとリール

【アジングロッド】

Tict SRAM EXR-60S-Sisの暫定インプレとセッティング

メバルロッド ティクト インバイト IB63-CS インプレ

東京湾奥向け、初めての方向けアジングロッド集

メバルロッド ダイワ月下美人76UL-S インプレ

アブガルシア ソルティステージ アジングカスタム SXAS-742MHSS-KR インプレ

ヤマガブランクス ブルーカレント68Ⅱ インプレ

【メバリングロッド】

メバリングにアジングロッドをオススメする理由!!

安くて使いやすい!!メバリングロッドランキングとインプレ

メバル ルアーロッド、おススメランキング!!

メバル ルアーロッド、おススメランキング Part II

【おススメの釣り場と釣れるポイント】

東京湾 オススメの海釣り公園とポイント一覧!!

自宅にいながらシーバスが爆釣するポイントがわかる方法!!




こんな感じで今回はおしまい!!

残念ながら、ここまで詳しく説明しても質問者さんには全く理解してもらえなかったけど・・・

まあ、一度でも釣りをしたことがある方なら、理解してもらえるはずなので・・・

いつか、このウダウダ書き連ねた詳細な説明記事が質問者さんのお役に立つように祈りつつ・・・

そんな基本ばかり書き連ねた本記事でも少しは皆さんの為になるよねってな感じで・・・

ごきげんよーって事なのです(笑)




Pyonko & Mu From Tokyoでしたぁーっ!!


 

タグ:シーバス
nice!(30)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 30

コメント 3

むうぴょんこ

ここまで書いたんだけど、まったく理解してもらえなくて、ホントに残念っ!!
一応、質問者さんから本記事に頂いたコメントは残しとこうと思ったんだけど、誹謗中傷が酷いので削除させていただきました!!
あーあ…残念っ(笑)

by むうぴょんこ (2017-11-15 23:57) 

むうぴょんこ

あはは…ポイントにきて5投目で15㎝のちっこいハゼちゃんゲットーっ!!
やっぱりもう湾奥は冬パターンだねーってただの自慢にもならない自慢です(笑)
by むうぴょんこ (2017-11-17 21:11) 

むうぴょんこ

大陸スズキのせいごちゃん(ギリ20㎝)をゲットーっ!!
今夜は独りで寂しかったのでかき込んでたけど…
あはは…友達が来てくれたからもう寂しくないや(笑)
さあ…頑張るぞ!!
by むうぴょんこ (2017-11-17 22:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。